すい臓がんはがんの中でも生存率が低いとされています。その理由は?

access_time create folderエンタメ

すい臓がんはがんの中でも生存率が低いとされています。その理由は?

 5年相対生存率がわずか7.7%のすい臓がん。

転移しやすく、ほとんどが進行した状態で見つかることが多いと言われています。

すい臓は、

● 食物の消化を助ける膵液をつくる。
● インスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホルモンを産生する。

という2つの役割を果たしています。

すい臓がんを起こす危険因子としては、糖尿病、慢性膵炎、喫煙と言われています。

これらのうち、喫煙は確立した危険因子であるといえます。

すい臓にできるがんのほとんどは、すい管の細胞にできることが多く、すい臓がんとは、通常このすい管がんのことを指します。

膵臓は、胃の後ろの体の深部に位置しているため、がんが発生しても症状が出にくく、早期の発見は簡単ではありません。

・今すぐ読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」 https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/

すい臓がんは、早い段階では特徴的な自覚症状がありません。

● 胃のあたりや背中が重苦しい
● 何となくおなかの調子が悪い
● 食欲がない
● 体重が減った

などといった見落としがちな症状が多いようです。

すい臓がおなかの深いところに存在する臓器であり、胃や十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆のう、脾臓などの後ろに隠れているため見つけにくく、現状では膵がんとわかった時にはすでに進行しているということが多いのです。

どの部位も同様ですが、すい臓がんは早期発見が重要です。

とはいえ、自覚症状が少なく、進行が早く、5年生存率が非常に低いことから、消化器がんの中でも手ごわいがんの1つといえます。

「がん」から身を守るには早期発見が大切です!

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」 https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/


関連記事リンク(外部サイト)

「喫煙」による金銭と時間の浪費について
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」
100歳超えのご長寿さんが食べているものは?ズバリ、健康で長生きできる食事法はコレだった!

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧