ドルトムント、リバプールも興味示すFWの代理人と接触!マンU移籍サンチョの後釜に

access_time create folderエンタメ

ドルトムント、リバプールも興味示すFWの代理人と接触!マンU移籍サンチョの後釜に
ドニエル・マレン 写真提供: Gettyimages

 ボルシア・ドルトムントはイングランド代表MFジェイドン・サンチョをマンチェスター・ユナイテッドへ放出している。そのサンチョの後釜としてエールディビジ(オランダ1部)のPSVアイントホーフェンに所属するオランダ代表FWドニエル・マレンの獲得にむけて動き出しているようだ。21日、ドイツメディア『Sport1』が報じている。

 マレンはアヤックスやアーセナルの下部組織をへて、2017年にPSVへ加入。2020/21シーズンはリーグ戦で26試合に先発出場19ゴールをマークするなど、鮮烈なパフォーマンスを披露。オランダ代表の一員として臨んだEURO2020でも2試合に先発出場して2得点をあげていた。

 一方、ドルトムントはイングランド代表MFジェイドン・サンチョを移籍金7300万ポンド(約112億円)+ボーナス500万ポンド(約7億7000万円)という条件でマンチェスター・ユナイテッドへ売却。現在はサンチョの後釜確保を急いでいるが、マレンの代理人を務めるミノ・ライオラ氏にコンタクトをとったという。そして個人合意を取り付けた後にPSVとの交渉に当たるとのことだ。

 ただ、PSVは移籍金として少なくとも4000万ユーロ(約52億円)を求める模様。ドルトムントはより安い金額での獲得を目指しており、現時点ではクラブ間合意に至るかどうか不透明であるようだ。

 なお、マレンを巡っては、リバプールも獲得に向かっているものとみられ、日本代表MF南野拓実やベルギー代表FWディヴォック・オリジら4選手がトレード要員となる可能性が報じられている。


関連記事リンク(外部サイト)

バイエルンMF、契約延長交渉で高額年俸要求!マンUが来夏のフリー獲得画策か
横浜FC、カルフィン・ヨン・ア・ピンの契約満了を発表「良い形で去りたかったけど…」
J3降格圏の大宮、徳島からFW河田篤秀を完全移籍で獲得!「全力で頑張ります」

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧