ビットコイン相場、時には動かないことが最善【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコイン相場、時には動かないことが最善【仮想通貨相場】

 

著者 クラーケン・インテリジェンス

クラーケン・インテリジェンス(Kraken Intelligence)は、クラーケンのリサーチ・チームであり、事実とデータに基づく仮想通貨関連の本質的で実用的なレポートの配信を目指している。伝統的な金融市場と仮想通貨市場の双方での知見を活かし、毎日の相場分析メモであるOTC Dailyや月間レポートなどで、最新の業界動向についてコンテンツを生み出している。

ビットコインの低迷と相場の退屈さは連動しているようだ。

7月20日(UTC時間)の仮想通貨市場全体の取引高は930億ドル。3週連続で20日間移動平均線を下回り、直近の最高水準である5月19日の7020億ドルと比較して87%も下がった。好調だったNFTセクターも堪え切れず、過去1週間で23%近くも下落。ほとんどの仮想通貨は、年初来の高値から50%以上下落した。

まだ夏休みを取らずにデスクから離れてない投資家は、新しいトレンドが現れるのを辛抱強く待つしかないようだ。

どちらの方向にも勢いがない状態ではあるのだが、それでも相場の天井と底を言い当てたくなるのが投資家の心理なのだろう。将来的な価格上昇を予想するロング(買い)ポジションの決済額は、ビットコインが3万ドルを下回る中でも、増加を続けた。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

ビットコイン、2ヵ月ぶりの強気サイン点灯【仮想通貨相場】
好調NFTセクター、ベトナム発ブロックチェーンゲームが牽引【仮想通貨相場】
ビットコイン、8月までに大きな値動きも 【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧