【レビュー】暴れ回る1匹の村の水牛が次々と壊していくもの―『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

access_time create folderエンタメ
【レビュー】暴れ回る1匹の村の水牛が次々と壊していくもの―『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

いかにも荒々しい水牛のアップの写真に「暴走牛VS1000人の狂人」と大きく記されたポスター。

しかも、その勢いとどまるところを知らないインド映画だ。

これだけで十分に尋常ではない雰囲気を醸し出しているのだが、またタイトルの語感が何ともいい。
ジャッリカットゥ。

何て容赦のない由々しい響き。

【レビュー】暴れ回る1匹の村の水牛が次々と壊していくもの―『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

実際は単にインド南部の牛追い祭りを意味する言葉なのだが、偶然にもこの言葉の語感はパニック状態が爆発的に拡大していくこの映画の中身にぴったりマッチする。

さて、映画の中身にほとんど何も触れていないので簡単に説明すると、これは「脱走して暴れ回る水牛を村人たちが捕まえようとする話」だ。

このようにストーリーを説明するといたってシンプルなものになるが、水牛が暴れて破壊していく様々なものはそこまでシンプルでもない。

【レビュー】暴れ回る1匹の村の水牛が次々と壊していくもの―『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

この映画、水牛と人間たちの勝負といった側面はそこまで重要ではなく、さして大きな比重をもって描かれてはいない。

水牛が暴れ回る中で見事に露呈するのは、人間たちのこじれた関係性、危険な大衆心理、人間自身が持つ獣性。

水牛はまるで人間のメッキを剥がすために暴走しているかのようだ。

その意味では、水牛はメタファーであり、もしかしたら嵐や地震といった天災でも良かったのかもしれない。

【レビュー】暴れ回る1匹の村の水牛が次々と壊していくもの―『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

それが戦争であれば、もっと人々のメッキは剝がれていっただろう。

だが、この映画では「村の水牛」なのだ。

「村の水牛」1匹に人間が振り回されて、どのように変わり果てていくか。

初めは村人の視点で水牛を捕まえようと一緒に躍起になるような気分で観るのもいいが、あなたはきっとどこかの時点で村人たちを俯瞰してしまうだろう。

【レビュー】暴れ回る1匹の村の水牛が次々と壊していくもの―『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

監督は暴れ回る水牛一匹の存在を通して、人間の存在意義や本性に鋭く深く迫ることに成功した。

水牛と人間と、この監督の洞察力、果たして本当に怖いのはどれだろう。

 

『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

■監督:リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ
■脚本:S.ハリーシュ
■出演:アントニ・ヴァルギース、チェンバン・ヴィノード・ジョーズ、サーブモーン・アブドゥサマド
■配給:ダゲレオ出版(イメージフォーラム・フィルム・シリーズ)

©️ 2019 Jallikattu

The post 【レビュー】暴れ回る1匹の村の水牛が次々と壊していくもの―『ジャッリカットゥ 牛の怒り』 first appeared on YESNEWS | 超肯定的ニュースサイト.

関連記事リンク(外部サイト)

マイナビバイトのゲーム『ゆけ!バイト探しサムライ』に吉沢亮もクリアならず「意地でも攻略します」
フワちゃん&劇団ひとりが生徒代表に!無料オンライン講座「進研ゼミこども大学」とTVCMに出演
堀未央奈、実写版レベル!?「竜とそばかすの姫」ベルのメイク姿を公開

access_time create folderエンタメ
local_offer
YESNEWS

YESNEWS

YESNEWSは全てをポジティブに、楽しく明るいエンターテインメント情報を中心にお届けするニュースサイトです。

ウェブサイト: https://yesnews.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧