金融庁、分散型金融の研究会を初開催へ

access_time create folder政治・経済・社会
金融庁、分散型金融の研究会を初開催へ

 

金融庁は19日、「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」を開催することを発表した

研究会を設置する目的として、「民間のイノベーションを促進しつつ、あわせて、利用者保護などを適切に確保する観点から、送金手段や証券商品などのデジタル化への対応のあり方を検討する」という。

研究会の座長には学習院大学の神田秀樹教授が務める。メンバーには岩下直行京都大学教授のほか、民間企業からはソニーでFeliCa事業部でチーフソフトエンジニアを務める栗田太郎氏やレイヤーXの松本勇気CTOが入った。仮想通貨取引所の関係者の名前は入らなかった。

26日に第一回の研究会をオンラインで開催する。


関連記事リンク(外部サイト)

BTC(ビットコイン)、レジサポで見るトレード戦略【仮想通貨相場】
BTC週足は24週ぶりに350万円割れ 今夜は米ステーブルコイン議論に注目【仮想通貨相場】
イーサリアムがビットコインを超える日 ”ロンドン”ハードフォークの注目点を解説【Coin Club×Cointelegraph】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧