「うるさい」批判で悩める鈴木奈々が輝き再び大絶叫! 『ダマされた大賞』で功労者へのドッキリ愛にスタジオ感動結末

access_time create folderエンタメ

 
鈴木奈々が本番中に大号泣し、カメラの前で突然泣き崩れたのは先月12日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)。「私みたいなのは求められてないんじゃないか」とマツコ・デラックスに訴えながら泣きじゃくり、情報番組(同系の『スッキリ』)に宣伝で出たとき、「朝からうるさい」などSNSで書かれてしまったことですっかり委縮してしまったと嘆いていた。

そんな彼女を救おうと立ち上がったのが、18日放送の『うわっ!ダマされた大賞』(日本テレビ系)。同番組では長年、ロッチ中岡慎太郎を「キング」、鈴木のことを「クイーン」と呼んで起用してきたが、鈴木だけ出演機会が減っていた。

そこで番組では、「リアクションの大きさ」が身上の鈴木の良さを取り戻してもらおうと、長野県・信濃町にあるリゾート施設“タングラム斑尾”で、支配人やレストランの店員などスタッフ総出のドッキリを仕掛けた。この施設にある全長500mものボブスレーを滑り切る間に、クリーム砲や花火、爆破など、鈴木を驚かせる演出を仕掛け、大声を出してもらおうというのだ。

もちろん、そんな愛のあるサプライズが待ち構えていることなどつゆも知らない鈴木は、ことごとく仕掛けにハマっては「あっ! あっ! あっあっあ~!」「ギャアアアア!」「うわぁぁぁぁ!」と絶叫。全盛を誇っていた頃の鈴木ならではのリアクションが見られた。

ネタバラシされた鈴木は驚きながらも、クリームにまみれた顔のまま、涙。仕掛け人となった施設のスタッフの前で「最近、本当に大声出せてなくて。全力で叫べました」と感謝。さらに「リアルにこのまま仕事続けられるかなとか思っていた」と、不安な胸の内を覗かせつつも、最後はスタッフと一緒に笑顔で締めくくった。

苦境にもがき苦しむ鈴木、さらにはそんな功労者の苦境に再びドッキリを仕掛けた『ダマされた大賞』スタッフの愛、そして協力してくれたタングラム斑尾スタッフの心意気……。スタジオでは、羽鳥慎一や、いとうあさこ、ゲストの木村多江、さらには内村光良が涙をぬぐうシーンも。出川哲朗は最後に鈴木に、「1つはっきり言えるのは、奈々ちゃん! 光ってたぜ」と絶賛していた。


https://twitter.com/nori2627/status/1416729644166914049

鈴木奈々は大声出すイメージの方がいい‼️うるさいとか言われても大声で元気をもらいたい‼️


https://twitter.com/gameura49/status/1416729390335991815

鈴木奈々頑張れ!!!
うっせぇ鈴木奈々が大好きだぞ!!!


https://twitter.com/tkm_Orange/status/1416729924841340928

鈴木奈々うるさいって言われてたんやなー、
この人普通にリアクションもトークもおもろいから個人的に好きやったからその話聞いてびっくりした。
ドッキリ見て俺も少し泣いたよ!
鈴木奈々さん、自信もって自分のスタイルを貫こう!!応援してるよ!

かつては年間350本もの番組に出ていた悩めるバラエティクイーン、鈴木奈々。今後巻き返しなるか?

(執筆者: genkanaketara)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧