新たな移動手段に!埼玉県富士見市と「ダイチャリ」がシェアサイクルの実証実験を開始

access_time create folder生活・趣味


埼玉県富士見市とシェアサイクル「ダイチャリ」を展開するシナネンモビリティPLUSが、「富士見市シェアサイクル事業の実証実験に関する基本協定書」を7月9日(金)に締結。7月中旬以降に、シェアサイクル事業の実証実験を開始する。

シェアサイクルの貸し出し・返却拠点を設置


「ダイチャリ」は、OpenStreetのシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活⽤したシェアサイクルサービス。

今回の実証実験は、公共交通の機能の補完・代替、放置自転車等の課題、スマートムーブの推進、地域の活性化に有効であると考えられているシェアサイクルについて、その有効性及び課題を検証するもの。

7月中旬以降順次、市役所や公民館、鶴瀬駅、ふじみ野駅、みずほ台駅、周辺公園など約20カ所程度を皮切りにシェアサイクルの貸し出し・返却拠点のステーションを設置し、シェアサイクルの実証実験を行う。

スマホやタブレットで検索・予約・決済

シェアサイクルの利用にあたっては、スマートフォンやタブレットなどを利用して、ステーションの検索や、自転車の利用予約から決済まで、一連の手続きを簡単に行うことができる。

また、富士見市内に限らず「HELLO CYCLING」の「ステーション」があれば全国どこでも自転車を貸出・返却することが可能。

近隣のさいたま市や志木市、ふじみ野市では既に約400カ所(※)のステーションが設置されており、地域を超えた広域的な利用が見込まれている。

新型コロナウイルス禍において、自転車は3密を避ける移動手段として注目されており、同実証実験においてもシェアサイクルが新たな都市の交通システムとして定着することを目指していくという。

実証実験期間は、2023年3月31日までを予定。

利用の際はアプリをダウンロードしよう


なお「ダイチャリ」の利⽤には、無料アプリのダウンロードが必要となる。

「ダイチャリ」の利用料金は15分/70円、12時間まで/1,000円となっているが、利用車体・エリアによって変更となる場合も。詳細は、アプリ又は公式HPを確認しよう。

※2021年6月末時点

access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧