『鳩の撃退法』藤原竜也×風間俊介、電話での謎のやりとり告白「あれ何だったんですか?」

access_time create folderエンタメ

『鳩の撃退法』藤原竜也×風間俊介、電話での謎のやりとり告白「あれ何だったんですか?」

映画『鳩の撃退法』完成披露イベントが12日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、タカハタ秀太監督が登壇した。

佐藤正午の同名小説を藤原竜也主演で映画化した本作。かつては直木賞も受賞した天才作家の津田伸一(藤原竜也)。津田はとあるバーで担当編集者の鳥飼なほみ(土屋太鳳)に、書き途中の新作小説を読ませていた。富山の小さな街で経験した“ある出来事”を元に書かれた津田の新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。神隠しにあったとされる家族、津田の元に舞い込んだ大量のニセ札、囲いを出た鳩の行方、津田の命を狙う裏社会のドン、そして多くの人の運命を狂わせたあの雪の一夜の邂逅…。彼の話は嘘?本当?鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか【検証】を始めるが、そこには【驚愕の真実】が待ち受けていた。

天才作家・津田伸一役を藤原竜也が演じるほか、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司らが共演。監督はTVドラマ「赤めだか」でギャラクシー賞ほかドラマ界の賞を総なめするなど、映画だけではなくTVドラマ・バラエティ・ミュージックビデオとジャンルを問わず、マルチに活躍するタカハタ秀太が務める。

全編富山県で撮影された本作。藤原との初共演に風間は「一緒にお芝居することを楽しみにしていました!竜也くんの役が捲し立てるようにしゃべっていて、僕はマイペースに淡々としゃべる。この混じり合わない2人が、シンパシーを感じながらどこか違うペースで喋り続ける。今までにないお芝居の感覚を楽しんでいた、そんなような現場でしたね」とコメント。土屋も、藤原との共演に「竜也さんのお芝居を見て育ってきて、前に(隣通しのスタジオでお互い別作品の撮影していた時に)握手してくださって、この作品の打ち上げで『這い上がってきたね!』と言ってくださって。もっと這い上がろうと思います!」と明かした。

一方で西野は、藤原との共演に緊張したようで「監督が(藤原と)ハグや『お姫様抱っこしてみれば?』と提案してくださって、役の関係もあって距離を近づけて緊張をほぐしていただきました。それまで緊張していたものが緩まった気持ちでした」と振り返った。藤原は「監督のあえての手法が、テストを一回もやらずに、ぶっつけで本番カメラ回したりして。そういうシーンが多くて、僕らはいい緊張感で(演技に)いい効果があったんじゃないかと思います」とコメントした。

謎だらけの奇妙な出来事が複雑に絡み合う本作にちなみ、謎を感じた奇妙な体験をキャスト陣が告白。藤原は、風間とは本作が初共演で初対面だと思っていたようだが「お互いにとって謎な話があるんです!」と風間に振る。その出来事について、風間は「共演は初めてなんですが、竜也くんと昔しゃべったことがあって。竜也くんが映画を撮っていた時に、僕の友人も出演していたんです。その友人と電話している時に『藤原竜也くんが電話代わってって』と言われて、代わったら『どうも藤原竜也です』『どうも風間俊介です』『そっか、風間くんか。ありがとう』って電話が友人に戻されたんです。あれ何だったんですか?」と笑い混じりにエピソードを披露。藤原は「これ何十年も前ですよ。謎なんです!全く記憶にない(笑)」と笑みをこぼしていた。

映画『鳩の撃退法』は8月27日(金)より全国公開

(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

映画ランドNEWS – 映画を観に行くなら映画ランド


関連記事リンク(外部サイト)

この男が書いた<小説>を見破れるか、藤原竜也『鳩の撃退法』本予告

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画ランドNEWS

映画ランドNEWS

170万人のユーザーが使うNo.1映画チケット予約サービス「 映画ランド 」の公式ニュースサイト。国内外の映画・エンタメ最新情報のほか、インタビューや特集、舞台挨拶などイベントの模様を毎日配信。豪華キャストが登壇する試写会プレゼント企画も満載!公式SNS( @eigaland )もチェック!

ウェブサイト: https://eigaland.com/topics/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧