磯野貴理子&朝日奈央、生放送でのトンデモナイ発言に視聴者ドン引き「もはや放送事」「ヒヤヒヤする」

access_time create folderエンタメ
磯野貴理子&朝日奈央、生放送でのトンデモナイ発言に視聴者ドン引き「もはや放送事」「ヒヤヒヤする」

画像:時事

10日に放送された「池上彰のニュースそうだったのか!!」(テレビ朝日系)。

ゲストとしてタレントの磯野貴理子さんや朝日奈央さんが登場しましたが、そこでの発言が視聴者の間で話題となりました。

どのように話題となったのでしょうか?

生放送でゲストが教養のない発言を連発

10日に放送された「池上彰のニュースそうだったのか!!」(テレビ朝日系)。

近年、大きな話題となっているニュースの数々や、今さら知らないと恥ずかしいようなニュースの数々について、ジャーナリストの池上彰さんがそれらを“基礎から分かりやすく解説する”といった趣旨の番組。

ニュースに詳しい人や普段ニュースを見ない人に関わらず、家族全員の学びや発見を生むための『ニュース教養バラエティー番組』として人気を博しています。

この日は生放送での番組構成となっており、冒頭では静岡県熱海市の土石流災害や東京都に発出された4度目の緊急事態宣言など、直近で報じられた主なニュースをヘッドライン形式で振り返りましたが、番組前半の8分以降はすべて“特集”として、2週間後に迫ったオリンピックを池上さんの解説で深く掘り下げていく内容となっていました。

進行を務めるフリーアナウンサーの宇賀なつみさんや解説の池上さんが普段ニュースを見ない人の目線に立ち、「オリンピックのエンブレムはどっち?」や「大会のマスコットキャラクターの名前は?」など、随所にクイズを出題する形で分かりやすく番組を進めていく中、“オリンピックの旗振り役”について、ある出題が。

VTR中にオリンピック招致当初に尽力したキーマンとして、安倍前総理、猪瀬元知事。組織委員会の森前会長、JOCの竹田前会長の名前が上がりましたが、現在は4つのポジションの全員が別の人間になっているという内容で出題が行われたのでした。

安倍前総理のポストが現在菅総理に、猪瀬元知事のポストが小池知事になっていることなどをそれぞれ回答する問題だったのですが、ゲストの磯野さんは総理の名前を「かん総理?」と回答してしまいます。

さらに知事を問われた朝日さんも「分からない」といった趣旨の振る舞いをしており、これらの教養に欠ける言動が視聴者の間で大きな話題となってしまったのでした。

組織委員会の橋本会長、JOCの山下会長などではなく、一般教養として誰もが知っていて当然と思われる質問だっただけに、疑問が残る放送でした。

 

 

一部では「放送事故」との声も

実際にこの番組をリアルタイムで見ていた視聴者からは、

≪磯野貴理子ヤバいだろ…生放送とは言え≫

≪さっきから磯野貴理子が馬鹿すぎ。しかもスガをカンと読むのはあざとさ狙い。あざとさや馬鹿キャラは痛いだけ≫

≪磯野貴理子氏はわざと間違えてるのかな?あまりにも物を知らない。≫

≪総理の名前も言えない貴理子なんか出演させるな!≫

≪磯野貴理子はバカなフリをさせられてるのか?それとも本当に分からないのか?もしやらせなら、全然面白くない!いずれにせよ、この手の番組に磯野貴理子や朝日奈央クラスの笑えない答えしか言えない人は出ないで欲しい。≫

≪磯野貴理子、うるさいし引くほどの無知だし、もはや放送事故レベルだぞ。≫

≪磯野貴理子と朝日奈央ちゃん大丈夫かな…見てるこっちがヒヤヒヤしてるよ≫

と、その発言に呆れるようなネットコメントが数多く寄せられていました。

一般的なバラエティー番組だけでなく、こうした情報バラエティー番組などからも引っ張りだこの磯野さんや朝日さん。

生放送ということも関係していたかもしれませんが、視聴者が見ていて違和感を覚えない程度の知識や教養は必要かもしれませんね。

(文:Quick Timez編集部)


関連記事リンク(外部サイト)

福山雅治「黙っていることはできない」週刊誌に子供の写真を撮影されブチギレ
堀江貴文「そもそも俺はフジテレビは出禁」と発言しネット騒然「買収しようとしたから?」
鬼滅声優・関智一、貯金額をポロリ?まさかの『億超え』疑惑に視聴者も騒然「夢がある」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧