2020-2021 日本カーオブザイヤー(受賞)の日本車!

access_time create folder生活・趣味
2020-2021 日本カーオブザイヤー(受賞)の日本車!

車の賞って色々あると思います。日本では、日本カーオブザイヤーという賞があります。もちろん海外でも多くの賞が開催されていますね。

先日、2020-2021のカーオブザイヤーが発表されました。ここでは、受賞した日本車を中心にご紹介し、海外車も抜粋していきます。

■2020-2021カーオブザイヤーに輝いたのは、スバル レヴォーグ

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior

受賞理由は、スバルグローバルプラットフォームの採用による類いまれな操縦性と快適性が高次元で両立されている点です。同モデルに搭載されたパワーユニットは、扱いやすさを重視した新開発1.8L直噴ターボエンジンとなっています。

エンジンでは、新しい技術をトライしたリーン燃焼技術が採用されています。ユーザー目線の開発姿勢が受賞の支持を集めたようです。内装では、大型センターインフォメーションやフル液晶メーターなど先進的でデジタルなコックピットです。

安全装備面では、3D高精度地図データ&GPS、準天頂衛星「みちびき」などを利用し高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を搭載しています。

カーオブザイヤー受賞理由は、上記のような要素だけでなく、317万円というコストパフォーマンスも受賞理由の一つです。

2020 – 2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表

1位
スバル レヴォーグ(株式会社SUBARU)
437点
2位
ホンダ フィット(本田技研工業株式会社)
320点
3位
トヨタ ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス(トヨタ自動車株式会社)
300点
4位
プジョー 208/e-208(Groupe PSA Japan株式会社)
141点
5位
ランドローバー ディフェンダー(ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社)
105点
6位
アウディ e-tron Sportback(アウディ ジャパン株式会社)
65点
7位
マツダ MX-30(マツダ株式会社)
63点
8位
アルピナ BMW ALPINA B3(ニコル・オートモビルズ合同会社)
25点
9位
BMW 2シリーズグランクーペ(ビー・エム・ダブリュー株式会社)
24点
10位
ニッサン キックス(日産自動車)
20点

受賞得点が発表されています。レヴォーグの得点が素晴らしいことがうかがえます。1位から10位までの順位が公開されています。これは、33台のノミネートが行われ、まずベスト10が選ばれます。この中から、日本カーオブザイヤーが決定されるからです。

■第2位 ホンダ  フィット

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

環境、ウエルネス、オーガニックそして心地よさを融合させたモデルというのが2位の大きな理由でしょう。ホンダの古き時代を彷彿させるディテールの高さという声も上がっています。これにe:HEVというシステムを融合させ、現代モデルとして完成させたことへの受賞であるのではないでしょうか。

■第3位 ヤリスシリーズ

引用:https://toyota.jp/gryaris/gallery/?padid=from_gryaris_top_navi-menu_gallery

トヨタのグローバルデザインとして、ヤリス、ヤリスクロス、GRヤリスと多くのユーザーに受け入れられるように企画されている点に注目が集まっていたようです。

またコロナ渦に負けないヤリスは、コンパクトカーの中でも質感の高いモデルとして人気がある点など、日本の道路を華やかにしてくれたという想いがある審査員の方もいました。

■第7位 マツダ MX-30

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mx-30evmodel/

やはり受賞の大きな要因は、「観音開きを見事に成立させたこと」としている審査員が多い状況です。小型モデルであってもデザインや車内空間を損なわずに成立させたマツダの技術を称賛した結果です。

■第10位 日産 キックス

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/kicks/exterior.html

日産らしいコンパクトSUVデザインとe-POWERの組み合わせで、300万円を下回るコストとのバランスが良いという意見がありました。今後4WDモデルのラインアップにも期待したいですね。

■受賞した海外モデル

プジョー208&e-208

引用:https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/new-208.html?utm_source=yss20200302&utm_medium=SEA-SDF&utm_campaign=AP_JP_alwayson-name-kw-cpn_mob_Brand_PSABRA_OnGoing_SEA-SDF_P_LD

受賞最大の理由は、クラスを超えた上質な走行性能と乗り心地を高剛性ボディと足回りで実現させたことです。意見の中には、ドライバーの意図するままに運転できるハンドリングが魅力的という意見もありました。ガソリンモデルだけでなく、発進時から豊富なトルクを発生させるe-208がチョイスできる点もプラス評価となったようです。

ランドローバー ディフェンダー

引用:https://www.landrover.co.jp/vehicles/defender/index.html

先代モデルを彷彿とさせる部分を残しながらも、まったく新しいディフェンダーに仕上げている点が評価されたようです。もし先代モデルの多くをもっと継承したら、さらに得点が高かったのではという意見も出たようです。大きく変革させたという点に、一定のが入ったと言えるでしょう。

■まとめ

2020-2021 日本カーオブザイヤー(受賞)の日本車!をまとめると

毎年、その年の情勢なども踏まえて日本カーオブザイヤーが決まります。
2020-2021カーオブザイヤーは、スバルレヴォーグが群を抜いて1位でした。

ここでは、カーオブザイヤーに輝いたモデルやベスト10に輝いたモデルを紹介しました。苦心して設計したモデルが、カーオブザイヤーに輝くということはメーカーにとっても誇りになるでしょう。

 

 


関連記事リンク(外部サイト)

【攻略法】カーリースは審査なしで契約?落ちない条件を解説
ダイハツ 「ハイゼット」60年の歴史を振り返る!
日産はついに新型エクストレイルを公開に、次期EVモデルも発表!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧