スバルWRC三連覇の「大いなる助走」!「レオーネ」&「レガシィ」が果たした功績とは

access_time create folder生活・趣味
スバルWRC三連覇の「大いなる助走」!「レオーネ」&「レガシィ」が果たした功績とは

スバルWRC参戦の黎明期に活躍したレオーネ&レガシィ

 スバルのモータースポーツと言えば、先ずは1995年から1997年まで3連覇を果たした世界ラリー選手権(WRC)での活躍が連想されます。この間の主戦マシンは「インプレッサ」でしたが、その栄光の歴史へと繋がるパイオニアとなったモデルが「レオーネ」と「レガシィ」でした。今回は、この2台のパイオニアを振り返ってみます。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

レオーネに世界初の量産乗用4WD車をラインアップ

 レオーネの登場は1971年の10月。スバル(当時は富士重工業)は、初の小型乗用車となったスバル「1000 ff1 1300G」の後継上級モデルとして企画開発されたもので、先ずは2ドアのクーペのみでスタート。これに4ドアセダン、2ドアセダン、さらに4ドアセダンのルーフを伸ばしてリヤゲートを設けたエステート、そして2ドアハードトップも追加。シャーシとしては水平対向4気筒エンジンで前輪を駆動することがすべてに共通していましたが、最終的には5車形がラインアップされることになりました。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

 このレオーネに4輪駆動(4WD)が加わったのはデビューから1年たった1972年8月のこと。エステート/バン・ボディにパートタイム式のシステムを組み込んだ「エステート バン 4WD 1400」がラインアップされたのです。じつは先代の1300Gの時代にも、東北電力や宮城スバルと共同で開発したスバル「ff1 1300Gバン 4WD」が20台ほど製作されていましたが、レオーネへの移行がすでに決まっていたことから、これが量産されることはなく、乗用4輪駆動車として初の量産モデルの栄誉は1300Gではなくレオーネに与えられることになったのです。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

 スバル1000からの大きな技術的特徴である水平対向エンジンに加え、4WDシステムを手に入れたことで、現在に続くスバルの技術テーマ、シンメトリカルAWDが完成し、ここからスバルは精力的にラリー活動を開始することになりました。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

1980年に悲願のWRCに参戦! サファリラリーでデビュー

 スバルは、1000 ff1 1300Gの頃から熱心にラリー活動を続けていました。もっとも当時はメーカーが前面に立っての参戦ではありませんでしたが、有力なドライバーの手によって国内最高レベルのラリー競技に参戦を続けていました。

 筆者は当時、モータースポーツ専門紙のリポーターとしてラリーを取材していましたが、三菱ランサーやトヨタのレビン/トレノに交じって孤軍奮闘するスバルは、ライバルと違って前輪で路面を蹴るために、ホイールベース間のフロアに砂利を蹴り上げることになり、ガレ場でのステージではフロアに石礫の当たる音がこだましながら近づいてきます。そこで、マシンを待つ報道陣は「スバルが来た!」となったことを記憶しています。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

 そんなスバルが初めてWRCに参戦したのは1980年のこと。かねてより念願となっていたサファリラリーへの挑戦が叶ったのです。この時の競技車両は前年に登場した2代目レオーネで、新たに加わった3ドアハッチバックのスイングバック1600 4WDでした。チューニングが厳しく制限されたグループ1仕様での挑戦は、高岡祥郎/M.ゴーヒル組と平林武/A.カーン組の2台体勢でのエントリーでした。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

 久々に完全ドライとなった1980年のサファリラリーは、非力なグループ1仕様にとってはタフなコンディションとなり、高岡/ゴーヒル組はエンジントラブルでリタイアしてしまいましたが、もう1台の平林/カーン組は総合18位で完走。グループ1で見事クラス優勝を果たしています。その後もスバルは、年に一度のサファリ参戦を続け、1980年代を通して4度のクラス優勝を果たしています。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

STiとプロドライブがタッグを組み数々の栄光を手に入れた90年代

 その後、1989年1月にスバルの屋台骨を支える基幹車種となるレガシィが登場することになりました。前年にスバルのモータースポーツを統括するスバルテクニカインターナショナル(STi)が設立されており、レガシィは当初から『戦うクルマ』であることが運命づけられていたかのように、それまで以上に精力的にWRCチャレンジを開始することになりました。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

 具体的には当時、BMWのワークスチームとしてM3でWRCに参戦していたプロドライブと契約し、1990年のWRC第5戦アクロポリスから本格参戦を開始しています。じつはデビュー戦となるアクロポリスの2カ月前に行われたサファリラリー(こちらはWRC第3戦)にも参戦していますが、この時は国内で仕立てたレガシィRSでの参戦でした。

 そしてアクロポリスからはプロドライブで製作した車両で参戦。同じグループA仕様のレガシィRSでありながら、やはりラリー・スペシャリストのプロドライブが仕立てた車両は、まさに本物のマシンでした。初年度には結果に繋げることはできませんでしたが、グラベルでの速さは天下一品で、高い評価を受けることになりました。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

レガシィからインプレッサへマシンをスイッチ! 戦闘力が大幅に向上

 その一方で、レガシィで鍛えられた主要コンポーネントをひと回りコンパクトなボディに組み込んだ進化モデルともいうべきインプレッサが誕生することになりました。1992年10月にベースモデルが登場したインプレッサのWRC用参戦車両の開発が着々と進む中、レガシィはなかなか勝利を奪うことができないままでいました。

 このままではWRCで未勝利のままインプレッサに主戦の座を譲るのでは、とも噂されるようになりましたが、スバルでは何とか優勝を飾って引退の花道にとWRC参戦を続けていきました。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

 そしてその日がとうとうやってきました。1993年8月、シリーズ第8戦のニュージーランドがその舞台となりました。ドライバーはコリン・マクレー。1991年に抜擢されてチーム入りし、WRCを戦う傍らでイギリスラリー選手権にも参戦、こちらでもレガシィを駆って1991年~1992年と連覇していた彼は、WRCでもその速さをいかんなく発揮。

 レガシィとスバルに初優勝をもたらすとともに、彼自身も記念すべきWRC初優勝を飾りました。そしてこの優勝をきっかけにレガシィはWRC主戦の座をインプレッサに譲り渡すことになりました。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった

 ニュージーランドの次戦、フィンランドで戦われた1000湖ラリーではインプレッサが勇躍デビュー。ベテランのアリ・バタネンのドライブで、デビュー戦即優勝かと思われる速さを見せつけて2位入賞。

 そしてトップコンペティターとなったインプレッサは、1995年に初のワールドタイトル(マニュファクチャラー&ドライバーのダブルタイトル)を手にするとともに、メイクスタイトルについては1997年まで3連覇。我が世の春を謳歌することになるのですが、そんなインプレッサの活躍は、また別の機会に紹介することにしましょう。
スバルWRCの栄光はスバル1000、レオーネ時代から始まった


関連記事リンク(外部サイト)

ATなのにバカッ速! MT乗りを震撼させた「WRX STI Aライン」は隠れた名車だった
実は隠れた名車!? 200万円以下で買える激辛ホットハッチ「マーチニスモ」の魅力
スバリストにお馴染みの「プロドライブ」! レース業界の「優勝請負集団」サクセス秘話

access_time create folder生活・趣味
local_offer
Auto Messe Web

Auto Messe Web

クルマのカスタマイズ、キャンプ、福祉車、モータースポーツ、純正オプションパーツ、旧車といった、自動車に関する「知りたい」を分かりやすく紹介するニュースメディアです。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧