アークテリクス ノーバンSLフーディー- シェイクドライを採用したレインジャケット

access_time create folder生活・趣味
アークテリクス ノーバンSLフーディー- シェイクドライを採用したレインジャケット

トレイルランニング、ファストパッキングで愛用しているレインウェアはアークテリクスのノーバンSLフーディーです。斬新な発想で開発されたゴアテックスのシェイクドライを採用したレインウェアで、軽量且つ保水しないので重くならないメリットがあります。今回はこのノーバンSLフーディーの魅力を紹介します。

アークテリクス ノーバンSLフーディー

おすすめポイント-シェイクドライの特徴サマリー

保水せず水を弾く
透湿性の高さ
優れた軽量性

商品概要・スペック

ブランド
アークテリクス
商品名
ノーバンSLフーディー
商品説明
雨天時の運動量の多いトレイルランニング用にデザインされ、重量はわずか 125 グラム。
価格
¥46,200 (税込)
重量
120g
フィット
トリムフィット
素材
SHAKEDRY™ テクノロジー
{
“@context”: “https://schema.org/”,
“@type”: “Product”,
“name”: “ノーバンSLフーディー”,
“image”: [
“https://yamatabitabi.com/wp-content/uploads/2016/11/IMG_9146.jpg”
],
“description”: “雨天時の運動量の多いトレイルランニング用にデザインされ、重量はわずか 125 グラム。”,
“brand”: {
“@type”: “Brand”,
“name”: “アークテリクス”
},
“review”: {
“@type”: “Review”,
“reviewRating”: {
“@type”: “Rating”,
“ratingValue”: “4”,
“bestRating”: “5”
},
“author”: {
“@type”: “Person”,
“name”: “柳沢健人”
}
},
“aggregateRating”: {
“@type”: “AggregateRating”,
“ratingValue”: “4”,
“reviewCount”: “1”
},
“offers”: {
“@type”: “AggregateOffer”,
“offerCount”: “1”,
“lowPrice”: “46200”,
“highPrice”: “46200”,
“priceCurrency”: “JPY”
}
}

管理人の評価レビュー

総合評価
★★★★☆
快適性
★★★★★
軽量性
★★★★★
保温性
★★★★★
汎用性
★★★★☆
コストパフォーマンス
★★★★☆

ARC`TERYX(アークテリクス) ベータ SV ジャケット メンズ Beta SV Jacket Mens Kingfisher S L07413600

ARC`TERYX(アークテリクス) ベータ SV ジャケット メンズ Beta SV Jacket Mens Kingfisher S L07413600

ARC’TERYX(アークテリクス)

Amazon

楽天市場

Yahooショッピング

ゴアテックス シェイクドライとは

アークテリクス ノーバンSLフーディー

アークテリクスのノーバンSLフーディーが採用しているゴアテックスのシェイクドライは、ゴアテックスのメンブレンが表地となっています。本来のレインウェアは表地があって、その後に防水メンブレンという順番の構造なのですが、シェイクドライは全く異なった発想で作られた軽量レインウェアです。

【メリット①】保水せず水を弾く

表地がなくなることで、雨が染み込まず保水しない特徴があります。本来ならば保水しないように表地に撥水加工を行って雨を弾くことが必要でしたが、メンブレンが表地にあることで、この必要がありません。水がついたらジャケットを振って水を弾くだけです。

保水せず水を弾くシェイクドライ

【メリット②】透湿性の高さ

透湿性を高めるためには表地に雨水が含まれていないことが重要です。雨には多くのホコリや汚れが付着しており、これが表地の孔に付着してしまうことで、透湿効果を損ないます。ゴアテックスのシェイクドライは、この表地がない為に、透湿性を確保することができます。

【メリット③】優れた軽量性

アークテリクス ノーバンSLフーディー 優れた軽量性

表地が省かれたことで軽量性にも優れています。サラの状態で120gで、雨に濡れて保水しない状態を保つため、重量が嵩む心配も少なく雨が止んだ後の携行性にも優れています。

【デメリット】耐久性

アークテリクス ノーバンSLフーディーの耐久性

表地がないことで直接メンブレンに傷がつくことが想定できます。重量のあるバックパックを背負うことでメンブレンを損傷する可能性があるため注意が必要です。しかしながらゴアテックスの改良により耐久性は日々向上しており、トレイルランニング用のザックを背負う程度であれば問題なく使用できます。

ノーバンSLフーディーの特徴

アークテリクス ノーバンSLフーディー

無駄を省いたシンプルな作りで、ポケットは一切なく、ドローコードはフードを頭にフィットさせる為のものだけの構造です。

アークテリクス ノーバンSLフーディーアークテリクス ノーバンSLフーディー

裾や袖口には伸縮性のある素材でフィットさせる作りとなっておりミニマムな作りとなっています。トレイルランニングやキャンプ、日常着として愛用者が多いのが口コミなどで伺えます。

(アークテリクス)ARC’TERYX Norvan SL Hoody Mens Black/Rigel Sサイズ L06867800

(アークテリクス)ARC’TERYX Norvan SL Hoody Mens Black/Rigel Sサイズ L06867800

ARC’TERYX(アークテリクス)

Amazon

楽天市場

Yahooショッピング

シェイクドライを採用したウェア

シェイクドライを採用したウェア

ゴアテックスのシェイクドライはアメリカのノースフェイス、アークテイクスが初期に採用して注目を浴びました。今では様々なアウトドアブランドが採用し手に入れやすくなっています。

ブランド
商品名
価格(税込)
アークテリクス
ノーバンSLフーディー
¥46,200
ザ・ノース・フェイス
ハイパーエアーGTXフーディ
¥41,800
モンベル
ピーク ドライシェル
¥26,180
ゴア
R7 ゴアテックス シェイクドライトレイル フーディッド ジャケット
¥44,000

[ノースフェイス] メンズ レディース ハイパーエアーGTXフーディ HYPERAIR GTX Hoodie ブラック×TNFレッド NP11972 KT Medium

[ノースフェイス] メンズ レディース ハイパーエアーGTXフーディ HYPERAIR GTX Hoodie ブラック×TNFレッド NP11972 KT Medium

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

Amazon

楽天市場

Yahooショッピング

GORE®WEARR7 ゴアテックス シェイクドライトレイルフーディッドジャケット R7 GORE-TEX SHAKDRY TRAIL HOODED JACKET Black M GO100457990004

GORE®WEARR7 ゴアテックス シェイクドライトレイルフーディッドジャケット R7 GORE-TEX SHAKDRY TRAIL HOODED JACKET Black M GO100457990004

GORE®WEAR

Amazon

楽天市場

Yahooショッピング

おすすめのレインウェアと選び方

レインウェアに採用される素材として認知の高いゴアテックス・eVent・パーテックスシールド・ポーラテックネオシェル・各メーカー独自素材の違い、またレインウェアを選ぶ際に必要な防水性・透湿性について、そしてレインウェアを特徴づけるピットジップやフード形状など、登山だからこそ重視すべきレインウェアの特徴について紹介しています。雨が降って寒い思い、暑い思いをしないように正しいレインウェアを選べる知識をみにつけましょう。

登山の必須装備レインウェアを選ぶ際の重要な点をまとめました。 おすすめのレインウェアを紹介すると共にレインウェアに採用される素材として認知の高いゴアテックス・eVent・パーテックスシールド・ポーラテックネオシェル・各メーカー独自素材の違い、またレインウェアを選ぶ際に必要な防水性・透湿性について、そしてレインウェアを特徴づけるピットジップやフード形状など、登山だからこそ重視すべきレインウェアの特徴について紹介していきます。登山用レインウェアの選び方登山で使用するレインウェアで最も重視すべきポイント…
登山用レインウェアの選び方・おすすめレインウェア – 山旅旅The post アークテリクス ノーバンSLフーディー- シェイクドライを採用したレインジャケット first appeared on 山旅旅.

関連記事リンク(外部サイト)

テーマで歩く山の旅 #16 梅雨の晴れ間に北八ヶ岳の樹林と水辺を狙う
【2021年】各地方の梅雨明け予想-登山山行の参考に
登山用レインウェアの選び方・おすすめレインウェア

access_time create folder生活・趣味
local_offer
山旅旅

山旅旅

山でのアクティビティとして、登山、バックカントリー、クライミング、トレランなどに興味のある方々が、「より楽しい」「より充実できた」と思えるコンテンツを扱っていきます。

ウェブサイト: http://yamatabitabi.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧