2021MotoGP™ 日本グランプリが開催中止。2020年に続き2年連続での中止となる

access_time create folder生活・趣味
2021MotoGP™ 日本グランプリが開催中止。2020年に続き2年連続での中止となる


ツインリンクもてぎにて、2021年10月1日(金)~3日(日)に開催を予定されていた「2021 FIM MotoGP
™
世界選手権シリーズ日本グランプリ」について、2021年の開催中止を決定したとモビリティランドが発表した。

MotoGPの2021年シーズン後半のスケジュールを進める上で、10月に開催するMotoGP
™
日本グランプリは6月中旬の開催判断が必要となり、国内外における移動や滞在などさまざまな状況において現時点では開催を確約できる状態に至らず、プロモーターであるドルナスポーツ社とも協議のうえ、断念せざるをえない結果となったとのこと。

またMotoGP
™
後半戦はタイGPが開催日を10月15日から10月17日に変更し、開催が延期されていたアメリカズGPの開催日は10月1~3日に決定されている。

以下は関係者のコメントとなる。

カルメロ・エスペレータ(ドルナスポーツ最高経営責任者)
「『MotoGP
™
』のイベントを実行するための運営及びロジスティック上の要求は、6月中に2021年シーズンの後半戦を定義する期限であり、モビリティランドは、日本グランプリの実行可能性を確認する必要がありましたが、現時点で開催を確約することができなかったことから、残念なことに、2022年にもてぎに戻るという決断を下さなければいけませんでした。日本は『FIM MotoGP
™
World Championship(MotoGP
™
世界選手権)』にとって非常に重要な国であり、プレミアムクラスに参戦する日本の3メーカーが、このスポーツの正真正銘の礎石となっています。1992年の最初のイベント以来、日本グランプリを素晴らしいイベントにしてくてたモビリティランドに感謝します。」

田中薫(モビリティランド株式会社代表取締役社長)
「この秋に日本グランプリに戻って来ることを期待して準備を進めてきました。シーズン後半のスケジュールを進める上で、10月に開催する日本グランプリに関して、このタイミングで開催判断が必要となり、国内外における移動や滞在など様々な状況において現時点では開催を確約できる状態に至らず、プロモーターのドルナスポーツとも協議の上、断念さぜるを得ないという結論に至りました。大変残念な結果です。楽しみにされていたファンの皆様及び関係者の皆様におかれましては、ご理解くださいますようにお願いいたします。」

ツインリンクもてぎ

MotpGP「2021年シーズンの開催日程変更~日本グランプリ、キャンセル」


関連記事リンク(外部サイト)

ハーレー 新たな水冷Vツインエンジン“Revolution Max”搭載のNEWモデルを7月13日にバーチャルイベントにて発表!
バイクの高速道路料金に定率割引を実施予定。適用は2022年4〜11月の土日祝日限定、走行100km以上、事前申し込みなど複数条件を想定
1足あると使い勝手が非常にいい、サッと履けるライディングシューズが登場

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧