選手に応援メッセージを届けよう「TOKYO 2020 Share The Passion プロジェクト」を実施

access_time create folderエンタメ
選手に応援メッセージを届けよう「TOKYO 2020 Share The Passion プロジェクト」を実施


東京2020組織委員会(以下、組織委)は、東京2020大会に参加する選手に応援を届ける
「TOKYO 2020 Share The Passion プロジェクト」を実施します。
「TOKYO 2020 Share The Passion プロジェクト」は、会場で観戦できない観客や
海外から日本に入国できない観客・家族の皆さまからのメッセージを、
最新のテクノロジーを活用して選手に届ける取り組みです。
新型コロナウイルスによる影響を受けて、安全・安心な大会運営を最優先事項とするなかで、
海外観客の日本への受け入れを断念し、国内観客についても一定の制約下での入場方針を決定しました。
国内外から観客が集う場としての大会開催は困難となりましたが、東京2020大会に参加する選手に対して、
さまざまな形で応援を届けることで、最高のパフォーマンスの発揮やオリンピック・パラリンピック
ならではの体験をつくることができないか。また、観客の皆さまに対しても、
さまざまな形での大会参加機会をつくることはできないか。そんな思いから、
「応援」をテーマにした東京2020大会らしい参加型施策を実施します。

【選手に応援メッセージを届けよう!「TOKYO 2020 Share The Passion プロジェクト」概要】
主催:東京2020組織委員会
内容:東京2020大会の大会会場にて、①世界各国からSNSに投稿いただいた応援動画・メッセージ
②OBS(Olympic Broadcasting Services)が世界各国から集める応援動画などを編集し、
競技会場などのビデオボート等に上映し、世界各国の選手に応援を届けるプロジェクト。

※また、NHKが従来から取り組んでいる「世界を応援しよう!」プロジェクトと連携し、
NHKが集めた動画についても、競技会場のビデオボード等に上映する予定です。

【各企画概要】

『①世界各国からSNSに投稿いただいた応援動画・メッセージを、選手に届ける』
参加方法は以下の3つとなります。いずれかの方法を選択しSNSで応援を投稿してください。

1:「リズムに合わせた動画で応援を送る」(Tokyo2020 “Make The Beat!”)
2020beat(楽曲)のリズムに合わせて応援動画を撮影し、「#2020beat(#2020 ビート)」を付けてSNSに投稿

2:「オリジナル動画で応援を送る」
オリジナル応援動画を撮影し、「#DearAthletes」を付けてSNSに投稿

3:「メッセージで応援を送る」
応援テキストメッセージに「#DearAthletes」を付けてSNSに投稿
詳細は「TOKYO 2020 Share The Passion」専用サイトにてご確認ください。
※以下の専用サイトから2次利用許諾に同意いただいた投稿のみが対象となります
URL:https://olympics.com/tokyo-2020/ja/games/event-stp/

参加方法 (1)【リズムに合わせた動画で応援を送る(Tokyo2020 “Make The Beat!”)】
東京2020マスコットが作った大会公式の応援ビート“2020beat”を奏でて選手を応援することを目指すプロジェクト。
2019年9月6日のプロジェクト発足以降、多彩な分野のアーティストや著名人にご協力いただき、
さまざまな方法で“2020beat”を奏でる動画を東京 2020 公式ウェブサイトで公開してきました。
また、2020年1月27日から各公式 SNS(TikTok、Instagram、Facebook、Twitter)で、動画の投稿募集を開始。
会場に来ることができなくても大会に参加でき、選手への想いを届けることができます。

主催:東京2020
選手に応援メッセージを届けよう「TOKYO 2020 Share The Passion プロジェクト」を実施

2019年9月6日東京都千代田区の明治大学駿河台キャンパスにて「Tokyo 2020“Make The Beat!」
を披露する東京2020オリンピックマスコットのミライトワ

組織委員会
協力:アリババクラウド/インテル コーポレーション
応募期間:2021年6月25日(金)応募再開~2021年9月5日(日)
応募資格:国内外問わず、各SNS(TikTok、Instagram、Facebook、Twitter)のアカウントを有する方。
※応募数に制限はありません。
応募方法:「TOKYO 2020 Share The Passion」専用サイトから 2 次利用許諾に同意いただいた後、
“2020beat”の楽曲に合わせてビートを刻んだ動画を撮影し、「#2020beat」または「#2020 ビート」を付けてSNSに投稿いただく。
※応援ビートの奏で方は、拍手や楽器等、自由に表現が可能です。
紹介方法:投稿していただいた動画をアリババクラウドの技術で自動的に繋ぎ合わせ、一部の動画を大会期間中、競技会場のビデオボード等で紹介。
※アリババクラウドのシステムで公序良俗に反する動画を判別し、利用規約に違反する動画は使用されません。

“2020beat”(楽曲)の入手方法
◆個人の場合:
TikTok、Instagram で「2020beat」「2020 ビート」と楽曲検索いただくと入手することができます。
◆企業・団体の場合:
Make The Beat!の専用ページから利用申請が必要となります。詳しくは「Make The Beat!」専用ページをご確認ください。
URL:https://makethebeat.tokyo2020.org/jp/form.html

<Tokyo 2020 “Make The Beat!” アワード>
開催期間:2021年6月25日(金)~2021年7月4日(日)
内容:吉本興業所属タレントが”2020beat”に合わせた動画を Instagram のリールに投稿。
多彩な審査員の採点によって優勝者を決定し、優勝者には選手を応援するために活躍いただく予定です。
■授賞式:7月15日にオンライン形式で優勝者の発表を行います。詳細は決定次第公式 WEB サイトにてお知らせします。

参加方法 (2)、(3)【オリジナル動画で応援を送る、メッセージで応援を送る】
国内外の皆さまから応援を募集するプロジェクトです。
共通のハッシュタグ「#DearAthletes」をつけて各SNSに投稿された応援メッセージ
(テキスト・動画)を、競技会場のビデオボード等で紹介します。
主催:東京2020組織委員会
協力:アリババクラウド
応募期間:2021年6月25日(金)~2021年9月5日(日)
応募資格:国内外問わず、各 SNS(Instagram、Facebook、Twitter)のアカウントを有する方。
※応募数に制限はありません。
応募方法:「TOKYO 2020 Share The Passion」専用サイトから 2 次利用許諾に同意いただいた後、
選手への応援メッセージ(テキスト・動画)を「#DearAthletes」とともにSNSに投稿いただく。
紹介方法:投稿していただいたテキスト・動画を大会期間中、競技会場のビデオボード等で紹介。
※アリババクラウドのシステムで公序良俗に反するメッセージを判別し、利用規約に違反するものは使用されません。

②【OBSが世界各国から集める応援動画を、選手に届ける】
【OBS DIGITAL FAN ENGAGEMENT】
オリンピック放送機構(Olympic Broadcasting Services、OBS)が主催する、
日本に入国できない観客や選手の家族向けのプロジェクトです。
各国・地域の放送事業者が応援動画を募集し、選手入場時等に競技会場のビデオボード等で紹介。
その国・地域から応募いただいた応援動画を上映します。
また、競技会場のミックスゾーンにビジョンを設置し、競技終了後、選手がミックスゾーンを通過する際に、
東京2020大会では来日することが叶わなかった選手の家族とのオンライン対面を実現します。
主催:オリンピック放送機構(OBS)
協力:東京2020組織委員会
実施期間:2021年7月21日(水)~2021年8月8日(日)
応援動画上映:OBSが各国・地域の放送事業者から集めた応援動画を大会期間中、競技会場のビデオボード等で紹介。
選手と家族のオンライン対面:選手がミックスゾーン等を通過する際に、選手の家族や友人と、オンラインで対面し、喜びを分かち合う。

Media Contact OBS Information/Email:[email protected]

TOKYO 2020 Share The Passionの専用サイトはこちら

©Tokyo 2020


関連記事リンク(外部サイト)

レゴランド®・ジャパン・リゾート「レゴランドゲームズ2021 ~サマー~」 2021年 7月16日(金)より開催!
Live Musical「SHOW BY ROCK!!」-DO根性北学園編-夜と黒のReflection Kuronoatmosphereビジュアル解禁!
舞台『球詠』開幕!

access_time create folderエンタメ
local_offer
コンフェティ

コンフェティ

世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ウェブサイト: https://conpetti.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧