ホームセンターで木材カットはどう頼む?注意点も紹介!

access_time create folder生活・趣味
ホームセンターで木材カットはどう頼む?注意点も紹介!

DIYで木材を使用する場合に必要となる工程が、木材のカットです。設計した通りの寸法に木材をカットするのはなかなか大変ですが、ホームセンターで頼むと簡単かつ正確にカットしてくれます。ここではホームセンターでの木材カットについて解説します。

ホームセンターで木材カットするメリットは?

DIYで木材カットをする場合に、自分でカットするのではなく、ホームセンターに頼むとどのようなメリットがあるのでしょうか。まずはメリットの部分を確認してみましょう。

 

専用の工具を用意せずにすむ

木材をカットするには専用の工具が必要となります。少なくともノコギリや電気丸のこ、ジグソーといった専用の工具を揃えなければカットはできません。

 

DIYを頻繫にする人はそのような工具を揃えてもいいかもしれませんが、たまにしか木材カットをしない人は専用の工具を購入するのは少し面倒。

 

ですが、ホームセンターでカットをしてもらうと工具を用意せずに済みます。

 

 寸法通りに正確にカットできる

ホームセンターで頼むと、パネルソーと呼ばれる専用の加工機でカットをします。機械だけに加工精度は高く、ホームセンターや木材ごとに多少異なりますが、精度は±1.0~0.2%ほどです。

 

つまり200mmで頼んでも誤差は2mmほどに収まるので、やすりがけをすれば寸法通りになります。

 

かたや、自分でカットをすると上手に切れないこともあります。特にノコギリだとブレやすいので直線にはならず、曲がりやすくなります。正確にカットしたいならホームセンターに頼むのが最適です。

ホームセンターで木材カットを頼む前に準備をしよう!

ホームセンターで木材カットを頼む場合には、事前にある程度の準備をしておくと、スムーズにカットできます。

 

まずはどんな木材を使用するのかを決める必要があります。ホームセンターにはツーバイ材や杉、ヒノキといった様々な種類の木材があるので用途に応じてどれにするかを決めます。

 

木材が決まったらどのサイズでカットしてもらうのか、図面にしましょう。ホームセンターで図面を書いてもいいのですが、自作した図面を渡した方が時間がかからず、しかも間違えにくいのでスムーズです。

 

図面は分かりやすく、mm単位で書くとホームセンターの担当者も理解がしやすくなります。例えば、2440mmのツーバイ材を3つにカットするなら、1000mm、800mm、550mmというように図面に書き込んでいきます。

 

注意点は刃物の厚さを考慮することです。パネルソーの刃物は約3mmの厚みがあるので、カットするたびに刃物厚の分が削れます。

 

そのため、単純に2000mmの木材だから、半分にカットして1000mmにしてもらうというわけにはいきません。半分にすると実際には(2000mm‐3mm)÷2=998.5mmとなります。

ホームセンターで木材カットを注文する手順

では、実際にホームセンターで木材カットを注文する時の手順について確認しておきましょう。細かい点についてはホームセンターによって異なりますが、基本的な手順は以下のようになります。

 

手順1:木材を購入する

まず目当ての木材を購入します。木材は自然由来のものなので一つ一つ微妙に異なりますが、なるべく反りが少ないものを選ぶといいでしょう。

 

木材を手に取って長手方向に向かって先を見ていくと、微妙な反りに気づきます。購入する木材が決まったらレジへ持っていき、木材カットをお願いします。

 

手順2:カットを指示する

木材カットを依頼すると、担当の店員へ引き継いでくれて加工場へと案内されます。担当者には図面を見せて、カット内容を伝えます。

 

担当者がカット回数を数えますが、ホームセンターの木材カットの値段はカット数で決まります。だいたい1回につき50円ほどで、例えば木材を4つに重ねてカットしても1回分の料金です。

 

手順3:カット精度を確認する

木材をカットしてもらったら、カット精度を確認しておきましょう。お店が保証するカット精度ではない場合には、やり直してもらうことができます。

ホームセンターで木材カットする時の注意点

木材をカットする時にはいくつか注意点があります。まず注意しておきたいことは、カットは直線のみで、曲線や円形、斜め加工は出来ない点。これを忘れて図面を書いてしまうと、作り直ししなければならないので、念頭に置いておきましょう。

 

また、先述のように刃物の厚さ3mmほどを考慮してカット寸法を考えますが、同時に残りの端材として10mm以上の余裕を持たせる必要もあります。刃物厚を考えていても、抜取がギリギリだと上手くカットできないので、必ず10mm以上は余るようにしておきます。

 

一枚の板からカットする時は強度についても注意が必要です。長方形にカットする場合には木目の長い方を長辺にすると、強度があり割れづらくなります。基本的にサイズが長い方向が木目方向になると覚えておくといいでしょう。

おわりに

ホームセンターで木材カットを依頼すると、正確に寸法が取れる上に値段も手頃なので、DIYには是非とも使用したいサービスです。初めて依頼する場合には少し戸惑うかもしれませんが、基本的な手順と図面さえしっかりと作れば意外と簡単です。

ホームセンターで木材カットはどう頼む?注意点も紹介!
おすすめ記事
access_time create folder生活・趣味
local_offer
Pacoma

Pacoma

「Pacoma」はホームセンター系のフリーペーパーに出自を持つ、「暮らしの冒険」がテーマのライフスタイル系Webマガジン。ノウハウ記事からタレントの取材記事まで「暮らしを楽しむためのアイデア」をテーマに日々発信しています。

ウェブサイト: http://pacoma.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧