HONDA DIO110:装備と機能が充実したベーシックスクーター

access_time create folder生活・趣味
HONDA DIO110:装備と機能が充実したベーシックスクーター


使い勝手のいいサイズの原付二種スクーターがフルモデルチェンジ。新設計のeSPエンジンや軽量・高剛性のeSAFフレームにスマートキーシステムなどを備え、その魅力を高めている。街での使用にピッタリの1台だ。

写真:関野 温/文:横田和彦

装備と機能が充実したベーシックスクーター

HONDA DIO110のスタイリング

HONDA DIO110

 

HONDA DIO110 左

 

HONDA DIO110 右

 

HONDA DIO110 前

 

HONDA DIO110 後ろ

HONDA DIO110のディテール

HONDA DIO110 ハンドル
リヤブレーキをにぎるとフロントブレーキも適度にかかるコンビブレーキシステムを採用。にぎった状態でレバーをキープすることができるロック機構も装備しているのはうれしい

HONDA DIO110 メーターまわり
シンプルなアナログ式スピードメーターをセンターにレイアウト。上部に各種インジケーターランプが並び、下の液晶ディスプレイ部分にはオドや残燃料が表示される

HONDA DIO110 スマートキーシステム
キーをささずにメインスイッチの操作ができるスマートキーシステムを新たに採用。右側のシーソースイッチは給油口のロックとシートロックの解除スイッチになっている

HONDA DIO110 フロントカウル内側
フロントカウル内側左に500mlのペットボトルが入る深さのフタ付きポケットを装備する。フタのロックはプッシュ解除式。中央にはコンビニフックを備えている

HONDA DIO110 フロントまわり
14インチのアルミ製ダイキャストホイールを採用。ホイールデザインは軽さを感じさせる。ディスクブレーキはタッチがよく効きも十分。フロントフォークの動きもスムーズだ

HONDA DIO110 ステップ
センタートンネルがないステップスルータイプなので、乗り降りしやすい。高剛性化と軽量化を追求して新設計されたeSAFフレームを採用しているので、走行安定性も高い

HONDA DIO110 シート下
シート下に18Lの収納スペースを確保。複雑な形状のヘルメットは入らないが、ヒンジ横にヘルメットフックを装備している。タンデムシート下にガソリンタンクを配置

HONDA DIO110 eSPエンジン
完全新設計のeSPエンジンは圧縮比を高めてロングストローク化。フリクションロスを低減する技術を数多く導入し、省燃費化も実現している。低~中回転域の特性が秀逸だ

HONDA DIO110の足つき&乗車ポジション

HONDA DIO110 乗車姿勢&足つき
身長:166cm/体重:70kg
 ステップスルーなので乗り降りは非常にラク。スペック上のシート高よりも足つき性がよく感じるのは車体がスリムなためだろう。大径ホイール車はステップボードの前が短く、足元がきゅう屈になりがちだが、新型は少し緩和されている印象だ

HONDA DIO110のスペック

全長×全幅×全高
1,870×685×1,100mm
軸間距離
1,255mm
シート高
760mm
車両重量
96kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC単気筒・109cm3
最高出力
6.4kW(8.7ps)/7,500rpm
最大トルク
9N・m(0.92kgf・m)/5,750rpm
タンク容量
4.9L
燃費(WMTC)
54.9㎞/L
タイヤサイズ
F=80/90-14・R=90/90-14
価格
24万2,000~24万5,300円
COLOR VARIATION
パールジャスミンホワイト・ディセントシルバーメタリック・マットスターリーブルーメタリック・マットギャラクシーブラックメタリック

HONDA DIO110 製品ページ


関連記事リンク(外部サイト)

コンパクトで持ち運びに便利!RIDEZのレインウエア2種をご紹介
高槻2りんかんから「茨木2りんかん」に生まれ変わり、7月16日(金)移転リニューアルオープン!
レインカバーなしでもOK!クルーザー用防水サドルバッグがドッペルギャンガーから登場

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧