日本語って“世界で最も話されている言語トップ20”の何位だと思う?

access_time create folder政治・経済・社会

6月16日、ミレニアル世代をターゲットにしたオンラインマガジン「Mental Floss」が、“世界で最も話されている言語トップ20”というタイトルの記事を公開しました。国際SILが運営するエスノローグのデータをもとにした記事となっています。

皆さんは日本語がトップ20の何位にランクインしているか想像できますか?


https://twitter.com/mental_floss/status/1405319919135301634

記事によると、1位は推定13.5億人が話す英語、2位は推定11.2億人が話す中国語(Mandarin)、3位は推定6億人が話すヒンディー語となっています。

以下

4位:スペイン語(推定5億4300万人)
5位:標準アラビア語(推定2億7400万人)
6位:ベンガル語(推定2億6800万人)
7位:フランス語(推定2億6700万人)
8位:ロシア語(推定2億5800万人)
9位:ポルトガル語(推定2億5800万人)
10位:ウルドゥー語(推定2億3000万人)

となっています。

気になる日本語の順位ですが、推定1億2600万人が話す言語として13位にランクインしています。

The 20 Most Spoken Languages in the World
https://www.mentalfloss.com/article/647427/most-spoken-languages-world[リンク]

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/mental_floss/status/1405319919135301634

※ソース:
https://www.mentalfloss.com/article/647427/most-spoken-languages-world
https://www.ethnologue.com/guides/ethnologue200

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧