ストライカー獲得に動くマンU、ソシエダのエースにも注目か。ケインらの代替案

access_time create folderエンタメ

ストライカー獲得に動くマンU、ソシエダのエースにも注目か。ケインらの代替案
アレクサンデル・イサク: Gettyimages

 マンチェスター・ユナイテッドがレアル・ソシエダに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクの獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『スター』が報じた。

 ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの契約延長に成功し、来季のFW陣にイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、U-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド、フランス代表FWアントニー・マルシャルを擁しているユナイテッド。ただ、オーレ・グンナー・スールシャール監督もさらなるストライカー獲得の可能性を否定していない。

 その候補として、スールシャール監督の元教え子であるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやトッテナム退団が噂されるイングランド代表FWハリー・ケインをリストアップしているみられているが、高額な移籍金が必要になることからユナイテッドは両選手の獲得失敗に備えて、イサクの動向にも注視しているとのこと。なお、同選手には6000万ユーロ(約80億円)の契約解除金が存在しているとみられている。

 2017年夏に17歳で加入したボルシア・ドルトムントで結果を残せなかったイサクだが、2019年夏に加わったレアル・ソシエダで才能が開花。加入初年度から公式戦2桁ゴールを記録すると、今季はラ・リーガ34試合に出場して17ゴールの数字を残した。


関連記事リンク(外部サイト)

ユムティティ退団を望むバルサ、今季公式戦フル出場のドイツ代表DFを注視か
ビーレフェルト退団決定の日本代表MF堂安律、独クラブがレンタルでの獲得に興味か
オーリエ退団のトッテナム、ブライトンの若手サイドバックをリストアップか

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧