ユムティティ退団を望むバルサ、今季公式戦フル出場のドイツ代表DFを注視か

access_time create folderエンタメ

ユムティティ退団を望むバルサ、今季公式戦フル出場のドイツ代表DFを注視か
マティアス・ギンター: Gettyimages

 バルセロナがボルシア・メンヒェングラートバッハのドイツ代表DFマティアス・ギンターの獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えた。

 今夏にマンチェスター・シティからスペイン代表DFエリック・ガルシアを獲得したバルセロナだが、度重なる負傷を繰り返すフランス代表DFサミュエル・ユムティティの売却を希望。しかし、選手自身が退団を望んでいないこともあり、状況は複雑化している。

 そうしたなか、イタリア方面からの情報によれば、バルセロナはユムティティが今夏に退団することを期待している上、フランス代表DFクレマン・ラングレの売却を検討していることから守備陣の強化を画策しているという。その候補として、市場価値が3000万ユーロ(約39億6000万円)と見積もられるギンターの動向をチェックしているようだ。

 2017年夏にボルシア・ドルトムントからボルシアMGに活躍の場を移したギンター。対人守備の強さや出足の早い守備を武器に今季の公式戦全46試合にフル出場を果たしていた。また、現在開催されているユーロ2020のドイツ代表メンバーにも選出され、15日に行われたフランス代表戦にもスタメン出場していた。


関連記事リンク(外部サイト)

ストライカー獲得に動くマンU、ソシエダのエースにも注目か。ケインらの代替案
ビーレフェルト退団決定の日本代表MF堂安律、独クラブがレンタルでの獲得に興味か
オーリエ退団のトッテナム、ブライトンの若手サイドバックをリストアップか

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧