ドイツ代表GK退団噂のアーセナル、2部降格のシェフィールド守護神を注視か

access_time create folderエンタメ

ドイツ代表GK退団噂のアーセナル、2部降格のシェフィールド守護神を注視か
アーロン・ラムズデール: Gettyimages

 アーセナルがシェフィールド・ユナイテッドに所属するイングランド代表GKアーロン・ラムズデールの獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

 アーセナルでは今冬にブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンからレンタルで加入していたオーストラリア代表Gkマシュー・ライアンが今季限りで退団。加えて、正守護神を務めるドイツ代表GKベルント・レノの去就が不透明となっている。

 アヤックスに所属するカメルーン代表GKアンドレ・オナナにも関心を示していると報じられるなか、アーセナルはマンチェスター・ユナイテッドに所属するGKディーン・ヘンダーソンの負傷離脱により、ユーロ2020を戦うイングランド代表メンバーに追加招集されたラムズデールの動向を注視しているという。また、シェフィールドはボーンマスから同選手を獲得する際に移籍金2000万ポンド(約30億9000万円)を支払ったため、その金額を回収する意向があるとみられている。

 シェフィールド下部組織出身のラムズデールは2017年夏にボーンマスへ移籍すると、複数クラブへのレンタル移籍を経て昨夏にシェフィールドへ復帰。今季のプレミアリーグ全38試合でゴールマウスを守り、好パフォーマンスを披露したが、チームはチャンピオンシップ(2部)降格の憂き目にあった。


関連記事リンク(外部サイト)

なでしこジャパン、東京五輪メンバー18人を徹底予想!サプライズは?最後の1枠は?
フィオレンティーナ、わずか23日でガットゥーゾ監督の退任を発表
神戸、新戦力FWリンコンの長期離脱を発表…浦和戦で左ハムストリング肉離れ

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧