【千葉県】千葉ウシノヒロバ|「牛と人と自然が、穏やかに交差する」キャンプ場で過ごすひととき

access_time create folder生活・趣味
【千葉県】千葉ウシノヒロバ|「牛と人と自然が、穏やかに交差する」キャンプ場で過ごすひととき

こんにちは!キャンプ場は口コミをしっかり見て決める派、うのさくです。

…とは言うものの、昨今のキャンプブームの影響もあってか、口コミが良いキャンプ場はなかなか予約が取れないですよね。土日ともなると、数カ月先まで予約が埋まっているなんてことも珍しくありません。

そんな中、キャンプ場予約サイトには載っていないもののSNSでの評価は高い、素敵なキャンプ場「ウシノヒロバ」を発見♪今年4月にグランドオープンしたばかりで、2021年6月現在は土日の予約も取りやすそう…今がチャンス!と思い、早速キャンプしてきました~!

キャンプ場概要

2020年10月にプレオープンした、千葉市若葉区にある牛が暮らすキャンプ場。かつては「千葉市乳牛育成牧場」という施設だったのだとか。現在では3種類のサイトがあるキャンプパークに、仔牛の育成牧場が併設されています!

営業期間:通年営業(2月は除く)
定休日:月・火(祝日の場合は水曜日休業)、毎年2月休業、その他臨時休業日あり
利用時間
チェックイン
 12:00~15:00 または 17:00~19:00(プランにより変更あり)
チェックアウト
 あなたらしくサイト・じゆうにサイト 10:00まで
 のんびりサイト・ロッジ 11:00まで

料 金
大人 平日3,080円~/土日祝3,300円~
子ども(3歳~小学生) 平日1,430円~/土日祝1,650円~
乳幼児(3歳未満) 無料
ロッジ1棟(4人定員) 平日20,240円/土日祝22,000円
ロッジ1棟(8人定員) 平日40,480円/土日祝44,000円
※ピークシーズンは料金が変更になります

車横付け:可能。1区画2台まで
電話番号:043-235-8376
公式サイト:https://ushinohiroba.com/
アクセス
<東京方面から>千葉東金道路高田IC出口を降りて約10分
<成田方面から>東関東自動車道佐倉IC出口を降りて約20分
<最寄駅から>千葉都市モノレール2号線 千城台駅からタクシーで10分
住所:〒265-0041 千葉県千葉市若葉区富田町983-1

センターハウス

倉庫をリノベーションして作られたセンターハウスは、何ともおしゃれな雰囲気!車でセンターハウス付近に到着すると、スタッフさんがドライブスルー方式でチェックインをしてくれますよ。

センターハウス内には売店もあります。

 

 

 

 

ウシノヒロバのロゴマークが入ったかわいいオリジナルグッズのほか、地元千葉産の食材やお土産も!ついつい購入してしまいたくなるラインナップです。

キャンプに使うアイテムは、薪・ガスボンベ・食器用洗剤などが置かれています。品数はそこまで多くないので、買い物は事前に近くのスーパーやコンビニで済ませておきましょう!

サイト紹介

ウシノヒロバのサイトは3種類。いずれも芝生のフリーサイトで、1グループ車2台まで・テント2張までOK(直径11.5mが目安)とゆったり使えます。

あなたらしくサイト&じゆうにサイト

今回は、こちらの写真の手前側、トイレ・シャワー・炊事場から近い「あなたらしくサイト」を選びました。奥側は「じゆうにサイト」で、2サイトとも同じような芝生になっています。

周りに高い山が少ない千葉ならではの、空の広さを存分に感じられるサイトです!

テントは車と並列に張りました。今回タープは設営しませんでしたが、小川張りでもテントと横並びでも余裕の広さです♪

長めの草も生えていますが地面は柔らかめで、ペグは比較的刺さりやすく抜きやすいように感じました。

のんびりサイト

畑に面していて、よりのどかな雰囲気が感じられる「のんびりサイト」。トイレや炊事場からは遠くなりますが、ペット同伴・喫煙OK、チェックアウトは他サイトより1時間遅い11時と、マイペースに過ごすのにぴったりです!

芝は、ほか2サイトよりも短く刈り揃えられていました。こちらも問題なくペグ打ちできそうです。

ロッジ

ロッジは4人定員・8人定員のものがそれぞれ2つずつ。なんと、ソーラーパネルと蓄電池で電気を自給自足しているそう!

扉を大きく開けて使えば、外と一体化したような開放感のなかで過ごせます。

設備紹介

新しいキャンプ場ということもあり、各設備とてもきれい。ウシノヒロバならではのユニークな設備もありますよ。

炊事場

炊事場は、三角屋根が印象的な可愛らしいデザイン。

基本的には清掃もされていてきれいでした。お湯は出ないので、冬場はちょっと辛いかも…?

トイレ

炊事場のすぐ側に、同じく三角屋根のトイレがあります。スロープ付きのバリアフリートイレ内では、赤ちゃんのおむつ替えもできますよ。靴を脱いでスリッパで上がるタイプで、中はとても明るくきれい。ストレスなく使えます!

シャワールーム

シャワーは予約制で20分300円。人気の時間帯は早めに埋まってしまうので、キャンプ場に到着したら、速やかにセンターハウスで予約するのがおすすめです!

中には棚がなくハンガーとフックのみなので、荷物は袋などにまとめておいたほうが良さそう。またアメニティもないので、しっかり持参するようにしましょう。

ドライヤーは、シャワー予約の際に申し出れば貸し出してもらえますよ。

おかえりステーション

ごみは45ℓの透明・半透明の袋に入れれば、燃料缶や焼き網などの不燃ごみ以外は無料で引き取ってもらえます。レンタル品も、最後におかえりステーションで返却すればOK!

育成牧場

ここでは生後4~6カ月の仔牛を酪農家さんから預かり、乳牛としての適齢期まで育てているそう。この日は遠くから眺めるだけになってしまいましたが、タイミングによってはもう少し近くで仔牛たちを見られるそうです!

大屋根ガーデンYAHHO

センターハウスの向かいにある、牛舎を利用して作られた広場です。毎週土曜日には地元で採れた新鮮な野菜やお土産が並ぶ「とみだマルシェ」が開催されます。

ミルクバースタンド 26時の抱擁

大屋根ガーデンYAHHOの一角にある、オリジナルのカルーアミルクを提供するキッチンカー型のバー。土日祝日限定のオープンで、昼間はミルクやコーヒーも楽しめます!

ミルクはとても濃厚で冷たく、テント設営後に飲むと最高です!コーヒー牛乳はカフェラテのような感じで、ミルクの美味しさがしっかり感じられました。

移動販売

売店から遠いサイトもあるので、野菜やグッズはワゴンで移動販売もされています。タイミングが良ければ、他では見かけないめずらしい野菜にも出会えるかも…?ぜひチェックしてくださいね!

周辺施設

ウシノヒロバからアクセスしやすい観光施設の情報をご紹介します。

富田さとにわ耕園


出典:富田さとにわ耕園 Facebook

ウシノヒロバに隣接し、徒歩5分ほどで行ける千葉市の施設。花壇やビオトープ、遊歩道などがあり、年間を通じて四季折々の花を楽しめます。

営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
料 金:入園無料(研修室利用は別途)
公式サイト:http://www.tomita-kan.jp/index.html
電話番号:043-226-0022
住所:〒265-0041千葉県千葉市若葉区富田町711-1

下田農業ふれあい館


出典:下田農業ふれあい館

ウシノヒロバから車で約10分。地元で採れた新鮮な野菜が並ぶ「しもだ農産物直売所」と、郷土食レストラン「ふるさと薬膳<澪>」があります。

営業時間
しもだ農産物直売所 9:00~17:00
ふるさと薬膳<澪> 11:00~15:30
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
公式サイト:https://shimodafreai.com/
電話番号:043-237-8011
住所:〒265-0076千葉県千葉市若葉区下田町971

まとめ

のどかで素敵なキャンプ場ながら、土日も予約が取りやすいのがうれしい「ウシノヒロバ」。これから施設やイベント、売店のラインナップもさらに充実していくと思うので、知名度が上がるにつれて予約が取りにくくなりそうな予感もします…!

ソロからファミリーまで、どんなキャンパーにもおすすめできるキャンプ場なので、気になった方はぜひ行ってみてくださいね~!


関連記事リンク(外部サイト)

Amazonタイムセールでキャンプ用品が絶賛お買い得!2,000円台で買えるテーブルも!
焚き火グッズが安いAmazonタイムセール!焚き火台、火吹き棒、耐熱グローブなどがお買い得
【TAKIBIインスタグラム企画第二弾】「あなたの自慢のランタン、拝見!」

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TAKIBI

TAKIBI

キャンプ、釣り、キャンプ料理などアウトドアの事ならTAKIBIにお任せ!実体験をもとにしたコンテンツで、リアルな商品情報や地域情報をお届けします!さらに、全国約3,000件のキャンプ場情報を網羅したキャンプ場予約サイトならあなたの条件に合ったキャンプ場が見つかります!

ウェブサイト: https://takibi.style/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧