心地よいラップと圧巻のダンスシーン!ミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』アリアナ・グランデやヒュー・ジャックマンも絶賛の本編冒頭8分公開

access_time create folder映画

全米公開し大ヒットスタートを切り、日本でも7月30日より公開となるブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品『イン・ザ・ハイツ』本編冒頭映像8分が解禁となりました!

トニー賞4冠(作品賞、楽曲賞、振付賞、編曲賞)とグラミー賞ミュージカルアルバム賞を受賞した傑作ミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』。FOX NEWS、バラエティ紙、タイム誌など全米の名だたるマスコミがこぞって「今年最も観たい映画」に挙げ、はやくもアカデミー賞R最有力とのレビューが出るなど、全米大ヒット間違いなしと話題の本作が、ついにこの夏日本でも公開されます。

メガホンを取ったのは、キャストがほぼ全員アジア人にも関わらず全米3週連続第1位を記録し異例の大ヒットとなった『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ。傑作舞台に、映画ならではのスケールとカラフルな映像美そして今日の世界の社会情勢を反映した大胆なアレンジを加え、新たなミュージカルの名作映画が誕生! 若者たちの夢と、逆境に立ち向かう街の人々の絆を乗せた歌と圧巻のスケールのダンス。ニューヨークの片隅の街から今の世界に響き渡る歌と熱い夢が魂を揺さぶる、感動のミュージカルにぜひご期待ください!

歌手のアリアナ・グランデや俳優のヒュー・ジャックマンもSNSで大絶賛のコメントを投稿し、「新旧の偉大なミュージカル映画を想起させつつ、このジャンルの大きな飛躍を感じさせてくれる」「オスカー間違いなし。」など、公開前からすでに絶賛評で埋め尽くされていた本作。遂に6月11日に全米の3456スクリーン公開し11日(金)~13 日(日)までの3日間で 11,405,000 ドルのオープニング成績(BOX OFFICE MOJO 調べ)を叩き出し、大ヒットを記録!! ジョン・M・チュウ監督にとって『クレイジー・リッチ!』に続く大ヒットとなっています。

そして、本作の本編映像を初解禁!! 映画と同じタイトルのテーマ曲「イン・ザ・ハイツ」が流れるオープニングダンスシーンは、ニューヨークの片隅にある街で主人公ウスナビ(アンソニー・ラモス)が朝家から出て自身がオーナーを務めるコンビニへ向かう様子からスタート。

実際にニューヨークのはずれに存在する街「ワシントン・ハイツ」は音楽が街のそこかしこで流れている賑やかな街ですが、このシーンでも街は軽快なリズムと音楽に溢れ、ウスナビの小気味よいラップで紡がれていくのも本作の魅力。

続いてウスナビに挨拶するピラグア・ガイは「イン・ザ・ハイツ」の生みの親リン=マニュエル・ミランダ。さらに、ワシントン・ハイツの皆のお母さんのような存在のアブエラ(オルガ・メレディス)、街のタクシー会社で働くベニー(コーリー・ホーキンズ)、ウスナビが密かに想いを寄せるヴァネッサ(メリッサ・バレラ)など登場人物が次々とコンビニへ訪れます。

そこでは街の人々が夢を追ってこの街へはるばるやってきたもののそれぞれ色んな問題を抱えていること、また街自体が大きな危機を迎えていることが描かれています。500人以上のダンサー・エキストラを稼働し撮影された、ワシントン・ハイツの路上で繰り広げられる躍動感あふれる群舞シーンは圧巻! 移民である住人達が居場所を追われる危機にあるなかで発する「何度でも立ち上がる」という力強いメッセージは、彼らの絆を感じさせ、逆境に立ち向かいながら生きる人々の力強い魂の叫びを乗せたオープニングナンバーから幕を開けます!


・全米絶賛!大ヒットのミュージカル画『イン・ザ・ハイツ』本編冒頭公開
https://youtu.be/e6D569MR-cI[YouTube]

『イン・ザ・ハイツ』2021 年 7 月 30 日(金) 全国ロードショー!
【STORY】“何度でも立ち上がる”――逆境に立ち向かう人々と、夢に踏み出す若者たち。
NY、片隅の街から今の世界に響き渡る歌と熱い夢が魂を揺さぶる、感動のミュージカル
ニューヨーク、“ワシントン・ハイツ”は、道端に置かれたラジカセ、アパートの窓、カーラジオなどからいつも音楽が流れる、実際にある賑やかな移民の街。その街で育ったウスナビ、ヴァネッサ、ニーナ、ベニーはつまずきながらも自分の夢に踏み出そうとしていた。ある時、街の住人たちに住む場所を追われる危機が訪れる。これまでも幾度と様々な困難に見舞われてきた彼らは今回も立ち上がるが―。突如起こった大停電の夜、街の住人達そしてウスナビたちの運命が大きく動き出す。

■監督:ジョン・M・チュウ(『クレイジー・リッチ!』)
■製作:リン=マニュエル・ミランダ(『モアナと伝説の海』作曲/歌、ミュージカル「ハミルトン」)
■出演:アンソニー・ラモス(『アリー スター誕生』)、コーリー・ホーキンズ(『キングコング:髑髏島の巨神』)、レスリー・グレース(シンガーソングライター/歌手)、メリッサ・バレラ(『カルメン』)、オルガ・メレディ
ス(ミュージカル版「イン・ザ・ハイツ」)、ジミー・スミッツ(『スター・ウォーズ』シリーズ)■全米公開:2021 年 6 月 11 日
■原題:In the Heights
■配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved #インザハイツ

access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧