「まる」が描けた!こんな小さなことで人生を楽しくしてくれることはほかにないと思う

access_time create folder生活・趣味
「まる」が描けた!こんな小さなことで人生を楽しくしてくれることはほかにないと思う

 

ベビーカレンダーでは、「子どもがいるっていいな」と思えた瞬間について、いろんな方へのインタビューをスタート。今回は初のパパが登場してくれました! ベビーカレンダーでも連載中のイラストレーターYUDAI9℃(ユウダイクド)さんにお話を聞きました。

 

YUDAI9℃さん
イラストレーター、こぶたのキャラクター「ポトフスキー」のイラスト、グッズを作成しています。奥さんの妊娠をきっかけに記録のため、マンガを描くようになり、様々なメディアで子育ての失敗を戒めとして公開しています。

 

 

 

泣かないと思っていたのに出産では泣いてしまいました

ー出産のときに、思わず泣いてしまったと連載にも書かれていましたね。

 

【YUDAI9℃さん】
はい。泣かないと思ってたんですよ。そのときは、緊張の糸が切れたというか安心したというか。奥さんはそんな僕を見て笑っていましたね。

ー子どもが生まれる前と後で変わったことはありますか?

 

【YUDAI9℃さん】
子どもが生まれる前までは、日常の生活に充実感を感じたことがあまりありませんでした。小さなことを人と比べたり、ネガティブになることも多かったと思います。

 

以前の会社にすごく優しくて子煩悩な先輩がいたんです。当時の僕は「子どもなんていらない」と思っていたので、その先輩が自分の子どもだけでなく、再婚した相手の子どもも自分の子どもと平等に愛することができているのを見て、とにかくすごいと思っていました。

 

ある日、興味本位で聞いてみたんです。「子どもってそんなにいいものなんですか?」って(笑)。そしたら、「幸せのレベルが下がる」って言われたんです。「低いレベルですごく幸せを感じるようになるんだよ」って。

 

聞いた瞬間は「なんだ、それ!?」って思いました。やっぱり20代前半だったんで、幸せって、もっと他人から評価されたり、大金を手に入れたり、そういうわかりやすいものの方がいいでしょ!って思っていたんだと思います。なので、そのときは「そーなんすねー」みたいに流しちゃったんですけど、今はその言葉の意味が身に染みてわかります。

 

 

 

理想の父親って? 不安だったときに救ってくれたのは1冊の本

ーYUDAI9℃さんのお父さんはどんな方ですか? 

 

【YUDAI9℃さん】
子どものころの僕と父のエピソードでよく母が話すことがあるんです。小さいときの僕は、姉がいたこともあって、戦隊ものよりもむしろサンリオが好きな男の子でした。
 

僕の誕生日に、父親が戦隊ものの大きなロボットを買ってやるとおもちゃ屋さんに連れて行ってくれたのに、それを欲しがらず、僕が選んだのがかわいいカラスのぬいぐるみだったと言って、父親が怒って帰ってきたそうです(笑)。

 

そんな感じで、僕の父親はよく手が出るし、寡黙で愛想もない人間だったので、子どもの教育に対してはあまり積極的ではなかったと思います。今でも、父親と真面目な話をするのはなんだか恥ずかしいです。そのせいか自分が父親になることに対し、あまりいいイメージが湧かずに、子どもを作ることも躊躇していました。

 

僕が父親の必要性を感じだしたのは自分が社会に出て働くようになってからかな。お金を稼ぐ大変さや親の大変さは、自分がその立場になってやっとわかるようになるんではないかと思います。

 

ーなるほど。では、理想の父親像などはありますでしょうか?

 

【YUDAI9℃さん】

特にはないのですが…。

子どもがうまれすぐ、Twitterで知った写真家・幡野広志さんの『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』という本には影響を受けました。この本は、ガンで余命宣告された幡野さんが自分の息子に伝えたいことが書かれているのですが、いざ父親になって不安がいっぱいだったときに出会い、この本に救われたことを覚えています。

 

いざというときに息子に適切なアドバイスができるよう、自分の意見をしっかり持つこと、息子とちゃんと会話できるような家族でいることが、当分の私の目標です。
 

 

ーちなみにパパがイラストレーターだと「あれ描いて、これ描いて」とお子さんにせがまれませんか?(笑)

 

【YUDAI9℃さん】

あ、言いますね。でも、言われる前に自分から描きます(笑)。

この間も、保育園の連絡帳の表紙に何か描いてと言われて、たまたま鬼太郎を描いたんです。しかも、筆ペン使って水木しげるのタッチで。子どもすごい喜んでくれてましたね。そのあたりは楽勝です。

 

 

 

不自由なことがあってもやっぱり子どもはかわいい

ー過去のご自身と同じように子どもを持つことに躊躇されている方にメッセージはありますか?

 

【YUDAI9℃さん】

よく思うことですが、子どもが生まれて不自由になることははるかに多いです。自分の時間がなくなる、休日に休めない、行く場所・お店に制限がかかるなど、マイナスの点をあげればきりがありません。でも、そのマイナス全てと子どもがいる心の充実感と天秤にかけたとき、子供の存在の方がはるかに大きいです。

 

私は人より過去に対して後悔することが多く、あの時ああしていればと夜眠れないことも多いのですが、親になるという選択に関しては、一回も後悔したことはありません。

 

夏になって子どもが半袖になるだけで、腕のむちっとしたフォルムがかわいいな〜と思うし、子どもとおそろいのになるのはなんだかうれしい。子どもがきれいな「まる」が描けた! たったそれだけのことで、夫婦そろってこんなに喜べるなんて!こんな小さなことで人生を楽しくしてくれることは、ほかにないと思います。

 

子どもが生まれるまでは子どもが苦手だったというYUDAI9℃さん。今ではそんな片鱗はどこにもなく、とってもやさしいパパそのものでした。奥さんと子どもに好かれたいと奮闘するYUDAI9℃さんの育児マンガも、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

関連記事:YUDAI9℃さんの記事

★♡★♡ベビカレ夏のマンガ祭り★♡★♡

マンガ家100人突破を記念して『べビカレ夏のマンガ祭り』開催中!大人気のマンガコンテンツを増量し、レギュラー連載に加え、新たにスペシャルゲスト24作品を配信♪ 無料でザクザク読めちゃう!ぜひチェックしてくださいね!

 

著者:ライター サトウヨシコ

大学卒業後、大手食品会社に勤務。未経験から編集者を目指し転職。その後、結婚と出産を経て妊娠・育児雑誌のディレクターに。WEBメディアの新規事業立ち上げをし、2017年に株式会社フラミンゴミンゴを設立し、現在は数々のメディアに携わっている。

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事リンク(外部サイト)

入社半年で退職。産後は焦りと葛藤の日々…。でも、子どもがいるからこそチャレンジできた!
狭い布団で息子と娘とぎゅうぎゅう。高1になった今も私の隣で「気持ちの充電」
両親が相次いでガンに…。父の亡き後すぐに妊娠した息子は存在自体が希望の光

access_time create folder生活・趣味
local_offer
ベビーカレンダー

ベビーカレンダー

ベビーカレンダーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。みんなのクチコミや体験談から産婦人科検索、おでかけ情報、離乳食レシピまで。月間利用者230万人以上。

ウェブサイト: https://baby-calendar.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧