1人しか「いいね」がなかった写真は価値がないのか?

access_time create folderデジタル・IT

長く風景写真を撮っていると、「風景」と「写真」の両方について理解が深まり、結果として写真作品を見る目も培われてくるものです。自分が撮る写真と、他者が撮る写真の違い、それぞれの持ち味に気づくこともあるでしょう。しかしそれは時として多分に感覚的で、言語化しにくいものであったりもします。

「現代風景写真表現」では、萩原史郎、俊哉兄弟が長年培った知識、経験、そして風景写真家としての矜持を「1作品、1エッセイ」の形で多数収録。美しい作品とシンプルな言葉を通して「風景写真によって表現するとはどういうことか」を知ることができる一冊です。

四季を写す中で持っておくべき心構えに関する言葉のみならず、テーマとした風景の考察や撮影時の意図、構図、露出、現像設定なども併せて掲載しており、風景写真のハウツーも学べます。

本記事では第二章「夏の山水は清々しき緑に包まれ」より、「SNSで公開した写真への反応」に関する記述を紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら


現代風景写真表現

10人の「いいね」と1人の「いいね」

SNSで10人が10人とも「いいね」という写真は、確かによいのだろう。「いいね」をもらった作者も嬉しいに違いない。

10人のうち1人しか「いいね」がなかった写真は、では価値がないのだろうか。少なくとも自分とその人、2人の間ではなんらかの価値観が噛み合い、共感が得られているはずである。他の人には貴方の心眼や意図が読み取れず、その人だけに届いたのかもしれない。その写真を見て、仮にたった1人でも涙を流してくれるなら、全員から支持されるよりも嬉しくはないだろうか。

トップになれなくてもいい、特別なオンリーワンでいいじゃないかという意味の歌があるが、写真もそれでいい。自分の中にあるものを精一杯出した結果が貴方の写真なのだから、自信を持ってほしいのである。


中判カメラ 120mm 単焦点レンズ (120mm/35mm判換算95mm) 絞り優先 AE(F11・1/40 秒) +1.7EV 補正 ISO100 WB:太陽光

画題の考察
父の手、母の手:擬人化した画題である。中央の小さな樹に、左の大きな樹からも右の樹からも枝が伸び、親が子に手を差し伸べているように見えた。

現場の読み
小雨交じりだったので霧を期待していたが、それは空振り。昼前後になっても霧は出る気配がない。小雨のウエットな雰囲気を活かすことに頭を切り替えて撮影した。

構図の構築
広めにフレーミングをしているときに気づいた親子のような組み合わせ。他の要素を入れることなく、3者の関係だけに視点を絞って構図を作った。

露出の選択
親子のように見える3本の樹に、前向きな未来を感じさせる意図を持って撮影していたので、プラスの露出補正を加えて明るめに仕上げている。

撮影備忘録
小雨が撮影の間、途切れることなく降り続けていた記憶がある。ただ、雨は優しく、風もなかったので、ゆったりした気持ちで撮影していた。

RAW現像
見た目よりも明るくして、親子の明るい未来を引き出す狙い。そのためRAW現像時にほんの少しプラス側の補正を加えた。
露光量:+0.15


現代風景写真表現

関連記事リンク(外部サイト)

写真は難しい
感覚を言語化する写真の「タイトル」の重要性
場の変化を感じ取る、ファインダーにとらわれない撮り方

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
PICTURES

PICTURES

PICTURES(ピクチャーズ)は、玄光社が運営するものづくりを刺激するウェブマガジン。写真・映像・イラスト、本など、クリエイティブの最新情報が満載。

ウェブサイト: https://genkosha.pictures/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧