6月10日 ビットコイン価格テクニカル分析【Zaifフィスコ仮想通貨ニュース】

access_time create folder政治・経済・社会
6月10日 ビットコイン価格テクニカル分析【Zaifフィスコ仮想通貨ニュース】

 

著者 中村 孝也(なかむら たかや)Fisco 取締役(情報配信事業本部長・アナリスト)

日興證券(現SMBC日興証券)より2000年にフィスコへ。現在、フィスコの情報配信サービス事業の担当取締役。2000年代前半の新規上場(IPO)ブームの際には、IPO担当として1,000社を超える企業の調査・分析を手がけた。Zaifの親会社であるZaifホールディングスの取締役でもある。

(出典:Zaif「ビットコイン/円」)

ビットコイン テクニカル

ビットコイン価格は410万円程度の「支持線1」と510万円程度の「抵抗線A」の倍返し610万円を明確に突破、704.4万円まで上昇した。上値めどはボックス倍返しで710万円程度、2月安値455万円を起点とした100%上昇で910万円などであった。

前者の上値めど(710万円程度)をほぼ達成したが、その後に大幅調整を余儀なくされた。足もとで一時340.9万円まで調整している。

なお、赤丸の箇所2020年8月、同11月末から12月初旬、2021年1月の調整と、その後の上昇時において、ビットコイン価格は100%を上回る上昇率を達成している。約410万円と「抵抗線A」の約510万円の倍返し約610万円は、直近調整後の安値300万円からの上昇率で100%強であった。今回は910万円を達成できなかったことで、従来のパターンが崩れた格好ともなった。

日足に眼を転じてみると、こちらも上昇トレンドは否定された。ボックス下限450万円の攻防も下にブレイクとなった。450万円を下回ると週足における「支持線1」となる410万円、2021年1月安値や週足における「支持線2」となる300万~310万円が下値めどになる。7月初旬まで底練り、340万円を下限とした三角もち合いも想定し得る。なお、変化日20日頃(赤丸)での反発は短命に終わった。その次回の変化日である5月30日から6月5日かけて(赤丸)も大きな反応がなかった。

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

パラダイムシフトの予兆!次のトレンドはPoS>PoW?【仮想通貨相場】
ビットコイン、エルサルバドルのBTC法定通貨化で値を戻す【仮想通貨相場】
ETC(イーサクラシック)、下値模索からの重要局面か【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧