スペースX、ラジオ放送衛星「SXM-8」の打ち上げに成功 第一段機体も着陸に成功

access_time create folderデジタル・IT
スペースX、ラジオ放送衛星「SXM-8」の打ち上げに成功 第一段機体も着陸に成功

スペースX社は現地時間6月8日、フロリダ州にあるケープカナベラル宇宙軍基地第40番発射台からファルコン9ロケットを打ち上げました。このミッションは「SXM-8 Mission」と呼ばれ、ラジオ放送衛星「SXM-8」の打ち上げを行いました。SXM-8衛星は、アメリカのラジオサービス「Sirius XM(シリウスXMラジオ)」で使用される通信衛星です。衛星の製造はMaxar Technologies社です。

【▲ 現地時間真夜中に打ち上げられたファルコン9ロケット(Credit: SpaceX Twitter)】

ケープカナベラル宇宙軍基地から打ち上げられたファルコン9ロケットは、発射2分後に第一段機体と第二段機体の分離に成功。第一段機体は、発射8分45秒後に大西洋上に待機するドローン船「Just Read the Instruction」に着陸しました。今回使用された第一段機体は、スペースXとNASAが行う民間有人宇宙ミッションCrew-1(2020年11月)とCrew-2(2021年4月)で使用されたものです。

衛星は打ち上げから約32分後、静止トランスファ軌道(GTO)への投入に成功したということです。今後数週間で、衛星に装着されているエンジンを使用し、静止軌道へ移動します。

なお昨年12月にはSXM-7衛星が打ち上げられました。しかしSirius社と衛星の製造を行うMaxar Technologies社は、搭載機器の一部が故障したと発表しました。なお詳細は明らかになっていません。

 

Image Credit: SpaceX Twitter
Source: SpaceX/Space News/Spaceflight Now
文/出口隼詩


関連記事リンク(外部サイト)

JAXA、NASAの月面探査計画に参画。「アルテミス1」で2つの小型衛星を打ち上げへ
ロシアの次世代宇宙船の名前、一般投票では「ガガーリン」が最多 最終決定は来年1月
韓国の次世代ロケット「KSLV-II」、開発の第1段階が完了

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧