中国の検索エンジン、大手仮想通貨取引所の検索結果をブロック

access_time create folder政治・経済・社会
中国の検索エンジン、大手仮想通貨取引所の検索結果をブロック

 

仮想通貨取引所に対する中国政府の姿勢はさらに厳しさが増しているようだ。中国人ジャーナリストのコリン・ウー氏や、中国の仮想通貨ニュースサイトの8BTCはどちらも、水曜日の時点で大手仮想通貨取引所の検索結果がゼロになっていると報告している。

コインテレグラフ中国語版のスタッフは、検索エンジンで仮想通貨取引所を検索したところ、結果にアクセスできないことを確認した。ただし、「Binance Academy」や「Huobi Research Center」などの検索結果は、検閲を避けることができているようだ。


Screenshot showing results for “Binance Academy.” Source: Cointelegraph staff in China, June 9

Screenshot showing results for “Huobi Research Center.” Source: Cointelegraph staff in China, June 9

この状況が続いた場合、これは中国政府が検索やソーシャルメディアを通じて仮想通貨関連情報の検閲を強化していることを意味するだろう。

月曜日には、月間アクティブユーザー数が5億3000万人を超える中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」が、複数の仮想通貨コンテンツ作成者のアカウントを停止している。

コリン・ウー氏は、中国の2大検索エンジンである「百度(バイドゥ)」「捜狗(ソーゴウ)」でバイナンスやフォビ、OKExの検索結果が表示されなくなっていると指摘した。さらに、ウー氏と8BTCの両方は、ウェイボーが同じようなブラックアウト措置を講じていると主張している。ウー氏はまた、中国のQ&Aサイトである「知乎(ジーフー)」でも同様の結果になっていると報告している。

このような検閲措置は、マイニングや仮想通貨による資金調達などを制限しようとする中国政府の試みの一部とみられる。規制対象となる分野には、法定通貨から仮想通貨へのゲートウェイとして使われる仮想通貨プラットフォームへの決済サービスの提供なども含まれている。

マイニングについては、内モンゴルなどでマイニング活動を規制する動きが出ている。それを受け、少なくと3つのマイニング企業が、中国本土での活動を停止すると発表している。

 


関連記事リンク(外部サイト)

ビットコイン価格は軟調だが、長期保有者は新たな蓄積フェーズに突入か
ジャック・ドーシー率いるスクエア、ブロックストリームのマイニング施設に500万ドル投資
インド中央銀行は依然として仮想通貨に反対、立場は「変わらない」=中銀総裁

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧