有名YouTuber達のぼったくりバー潜入動画を現役ヤクザに見せてみた 「ヤラセばっかり」

access_time create folderエンタメ
有名YouTuber達のぼったくりバー潜入動画を現役ヤクザに見せてみた 「ヤラセばっかり」

YouTubeで横行していた、「ぼったくりバー潜入動画の嘘」を現役ヤクザの二人にインタビューしました(前編も参照)。

「ぼったくり潜入動画? ありえない」 現役ヤクザが解説するYouTubeの嘘 | TABLO 

動画では客であるYouTuberともめている最中、店側の人間が「上の人を呼ぶぞ」と言っています。大体の人は「上の人」はヤクザだと思う事でしょう。

そのヤクザと渡り合い、お金を払わないで帰ってくる。あるいは色々な仕掛けをして無事帰ってくる。その動画を本気にして「いいね」を押す。そのくらいなら良いのですが、それを真に受けて、本当に「裏の世界」に手を出してしまい、悲惨な目に遭う例も聞いています。本稿の目的はヤラセを告発すると同時に、裏の世界に手を出すのは危険だという警告を発するものです。

 

 

引き続き首都圏近郊を拠点とする名門組織のヤクザA氏、B氏に「ぼったくりバー潜入動画」について聞いてみました。

●インタビュー続き。前編はこちらから。

ヤラセでしかない? 現役ヤクザがあの「ぼったくりバー潜入動画」の真相を語る|ニュースサイト TABLO  

―ー実際に歌舞伎町に「ぼったくりバー」は存在しているのでしょうか。

B氏「チラホラ聞きますけど、歌舞伎町の住人はそういうの分かってるんで。(行く)店も知り合いの紹介とか大手とか、そういうお店に行っていますよね」

A氏「まあ、あるかないかでいったら絶対ある」

B氏「あるかないかで言ったらありますね。一般市民はキャッチにはついて行かない方がいいですし、『無料案内所』って安心感がありますけどぼったくり専門の案内所があるから(笑)。どうしたらいいですかねえ(笑)」

A氏「いや。それはキャッチの良し悪しを見極めるのは難しい」

―ープチぼったくりとか、ぼったくり居酒屋というのもありますよね。それは現役の方は関わりはない?

 

 

B氏「まったく(ない)」

A氏「と、いうか末端の子たちがやっている事まで分かんない。『居酒屋やります』 『うん、わかったよ、気を付けてね』だから。逆に、営業スタイルがぼったくりだった俺は怒るもん。そんなもんの為に俺はケツ持ってんじゃねえぞって。店をやめるか営業スタイルを変えるか、どっちかにしろと言う。俺がケツ持っていろところがぼったくりをやっていた、と。知らないで俺がケツを持っている事になる。ふざけるな、そんなもんのケツを俺に持たせたのか、と。
キャッチに関してもそう。堅気の人たちが遊びに来る街なんだからちゃんとやりなさい、と。やるならね。で、ぼったくりの所に持ってくるようなキャッチなら絶対するな。少なくとも俺はそういう風に言う」

―ーなるほど。ビッとしていますね。堅気に迷惑をかけないというのが、いわゆる任侠道ですよね。

B氏「それはそうですよ。自分もやっぱりヤクザの繋がりもね、大事ですけど堅気の繋がりも大事にして、そこからやっぱり仕事も回ってきて今がありますんで堅気の人間を守らなければいけない立場にありますよね」

 

 

A氏「指導はするよね」

―ーなるほど。ではYouTubeなどで盛んでしたけど、あういう動画を見てヤクザなんて容易いんじゃないみたいな雰囲気でぼったくりバーや裏社会をいじるようなものが散見されますが、ああいうのを見て、(YouTuberたちに)どう思っていらっしゃいますか?

A氏「普通に一般の道を歩いているんだったら、裏の道を覗こうと思わない事だね。昔はちゃんと表の住民と裏の住民と棲み分けがきっちり出来ていたからこそ、相互扶助で成り立っていた。やっぱりちょっと危ないと思ったらこっち(の世界)にこない方がいい。普通の一般の生活を営んでいるんだったら、そんなもん(裏の世界の現実とか)見なくていいから」

―ー動画で観て楽しんで、それ以上は(踏み込まない方がいい)。

A氏「そっちの(一般の)世界の人たちが来る領分じゃないから。健全な店に行って健全に遊んで帰ればいいから」

―ーそうすればそんな怖い目には遭わないと。今は、(ぼったくり店は先ほど)あるにはあると仰いましたけど、無いという事でしょうか。

B氏「今はそんな……」

A氏「耳には入ってこない」

―ー表の道を歩いていればいいので、裏の道を……

A氏「覗こうとしない事だね。住んでいる領域が違う」

―ーそこをわきまえるっていうのが必要ですね。

A氏「俺らもわきまえて堅気の人達とお付き合いをしている」

―ーと言う事で皆さん、ぼったくりバーの検証でしたけど見た限りでは「ヤラセ」が多い?

B氏「ヤラセばっかり(笑)」

A氏「出てきているヤクザは、アレは現役じゃない」

B氏「あるとしても末端の末端ですよね。安いあれですよ」

―ー現役だとしても。

B氏「と、してもね」

ヤ◯ザに拉致られ恐怖のドライブ中に見た「もっとも怖かったこと」|ニュースサイトTABLO

以上、現役ヤクザの2人のリアルな感想と意見でした。結論から言うとほぼヤラセという事になりました。前記のようにそれを真に受けて、変に裏社会をイジるような動画は挙げないよう祈るばかりです。(文@久田将義)


関連記事リンク(外部サイト)

「松本人志を表示しない方法を教えて」 Amazonプライムが300円お詫びクーポン券発送
日テレ24時間テレビに重大なヤラセ疑惑 タイで行った“東日本大震災の死者を弔う祭り”は金を払って人々を集めたデッチ上げだった!
タピオカ・ミルクティーを飲み続けた結果、死を覚悟した女性 今から恐ろしい話をします

access_time create folderエンタメ
local_offer
TABLO

TABLO

[TABLO]は「偉そうなヤツ、だいたい嫌い」をキャッチコピーとした反権力ニュースサイト、久田将義責任編集。芸能・社会・政治・カルチャー・オカルトなど完全オリジナルの記事を毎日配信。

ウェブサイト: https://tablo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧