HONDA GB350:肩ヒジ張らずにゆったりとクルージングするのが気持ちイイ!

access_time create folder生活・趣味
HONDA GB350:肩ヒジ張らずにゆったりとクルージングするのが気持ちイイ!


2020年末にインドで発表されたハイネスCB350。レトロなスタイルや空冷単気筒エンジンなどで、多くの日本人ライダーからも注目された。2021年に入り、日本でも“GB350”の名で発売されることを本誌でもお伝えしていたが、ついに乗れる機会を得た。その乗り味を早速お伝えしよう。

文:吉田 朋/写真:関野 温

肩ヒジ張らずにゆったりとクルージングするのが気持ちイイ!

HONDA GB350のスタイリング


HONDA GB350 右

 

HONDA GB350 左

 

HONDA GB350 前

 

HONDA GB350 後ろ

HONDA GB350のディテール

HONDA GB350 フロントまわり
フロントフォークはインナーチューブ径φ41mmと太めだが、全体的なバランスを考慮しての選択。ブレーキは前後シングルディスクで、十分な制動力とコントロール性を合わせもつ

HONDA GB350 ヘッドライト
レトロテイストあふれるGB350だが、ヘッドライト・テールランプ・ウインカーなどの灯火類には現代的なLEDが採用される。視認性だけでなく、被視認性も高い

HONDA GB350 メーターまわり
スピードメーターはアナログで、タコメーターはない。右下の液晶にシフトポジションなどが表示される。右側は各種インジケーターで、トラクションコントロールの作動状況も確認可能

HONDA GB350 タンク
ガソリンタンクは容量15ℓが確保され、ニーグリップもしやすい形状になっている。ちなみに燃費はWMTC値で41km/ℓで、ワンタンクで航続距離600kmオーバーとなるのは驚きだ

HONDA GB350 シート
肉厚なライダー・タンデマー一体型シートを採用。足つき性を考慮してタンク側は絞られている。ベルトではなく、グラブバーなのでタンデマーは体を支えやすいだろう

HONDA GB350 エンジン
空冷単気筒エンジンは空車状態だと前側に2.5度ほど傾いている。ライダーがまたがることで、直立に近い状態になるという。性能だけでなく、見た目にもこだわって作り込まれているのだ

HONDA GB350 ステップ
シーソーペダルを採用し、アップ時はカカトで踏み込み、ダウン時はツマ先で踏み込む。これにより靴にダメージを与えずにすむ。ちなみにツマ先でアップ&ダウンすることも可能

HONDA GB350 リヤまわり
フレームに対して剛性を高めた鉄製角断面パイプのスイングアームを採用。窒素ガス封入のリヤショックと相まって、快適なライディングフィールを感じさせてくれる

HONDA GB350の足つき&乗車ポジション

HONDA GB350 足つき
身長:171cm/体重:69kg
 アップライトなハンドルと、ライダー側にグリップがあるため、上体の起きた乗車姿勢になる。長距離走っても疲労は少ないだろう。シート高は800mmと高めで、シートのウレタンも厚く、身長171cm(短足)だと、両足ベッタリとはいかないが、不安はなかった

HONDA GB350のスペック

全長×全幅×全高
2,180×800×1,105mm
軸間距離
1,440mm
シート高
800mm
車両重量
180kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC単気筒・348cm3
最高出力
15kW(20ps)/5,500rpm
最大トルク
29N・m(3.0kgf・m)/3,000rpm
タンク容量
15L
燃費(WMTC)
41㎞/L
タイヤサイズ
F=100/90-19・R=130/70-18
価格
55万円
COLOR VARIATION
マットジーンズブルーメタリック・キャンディークロモスフィアレッド・マットパールモリオンブラック

HONDA GB350 製品ページ


関連記事リンク(外部サイト)

KEENからワークシューズの枠を超えたアイテムが登場
ダンロップは9月1日からオンロード・オフロードのイベントを順次開催決定!
大型ベンチレーションで不快なムレを軽減!LS2の新作ジェットヘルメット“COPTER” をご紹介!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧