『MOTAカーリース』の評判は悪い?カスタム可能など5つの特徴も解説!

access_time create folder生活・趣味
『MOTAカーリース』の評判は悪い?カスタム可能など5つの特徴も解説!

今注目されているカーリース。今までは、カーリースするのは法人の商用車がメインでした。近年は個人ユーザーにも人気で、個人を対象としたカーリース会社が続々誕生しています。

個人向けのカーリース会社は数も多いため、ユーザーからするとどの会社を選んだらいいか迷うところですよね。

今回は数あるカーリース会社の中から『MOTAカーリース』に着目してみました。実際に利用した方の評判を参考に『MOTAカーリース』の特徴やメリット・デメリットを紹介します。

「将来、自分の車を持ちたい」
「月々の支払額をなるべく安く抑えたい」
という方は、ぜひ『MOTAカーリース』のサービスに注目してみましょう。

■『MOTAカーリース』の評判

『MOTAカーリース』の評判

まずは『MOTAカーリース』を実際に利用した方の評判を見ていきましょう。

カーリースが初めての方は、利用した方の生の声はとても気になるもの。使ってみないとわからないことも多いですよね。

マイカー購入よりもお得といわれるカーリースですが、そうはいっても毎月の出費はそれなりにかかってしまいます。後で後悔しないためにも利用した方がどんな感想を抱いていたのか、確認してみるのが大切です。

今回は『MOTAカーリース』に関する良い評判と悪い評判、どちらも挙げていますのでカーリースを検討されている方は参考にしてみてください。

『MOTAカーリース』の良い評判

『MOTAカーリース』は良い評判が多かったように思います。

インターネットで申込から納車まで完結する『MOTAカーリース』は、その手軽さから魅力を感じるという方が多数。

またカーリースは利用する前に審査がありますが、その審査申し込みもたった5分で終わります。マイカー購入だと審査に何日も待たされることが多く、審査結果が出るまで不安ですよね。

その点『MOTAカーリース』なら、その不安も解消。審査結果の連絡が早いのも『MOTAカーリース』を利用する決め手になったと、実際に利用したから方は好印象でした。

『MOTAカーリース』の良い評判で印象的なのは、デメリットを感じることがなかったという声。

「ここがよかった!」とはまではいかないにしても、不満に感じることもなかったことから、もっと早く申し込んでおけばよかったと後悔する方もいらっしゃいました。

デメリットを感じなかったのはサービスを利用する上で大きなポイントではないでしょうか?

『MOTAカーリース』の悪い評判

『MOTAカーリース』の良い評判を見てもわかるように、デメリットを感じる方はほとんどいらっしゃいませんでした。

その証拠に、不満を感じている方の声は少数派。しかも、その声は『MOTAカーリース』に限ったことではなく、カーリース全体にいえる不満でした。

どのような不満が挙がっていたのかというと、カーリースを長期契約すると割高感があるということです。

カーリースでは、毎月の支払額を抑える一方で長期契約を組んでいるところが多いのが特徴。長期契約は、長く契約すればするほど毎月の支払額は少なく済みます。これはマイカー購入でも同じですよね。

しかしマイカー購入と大きな違いは、カーリースで長期契約すると車体価格よりも多く支払うようになることが大多数。

結果として、マイカー購入と比べて多くの支払いが発生する可能性があります。5、6年以上車に乗る方であれば、マイカー購入の方が総合的に見て支払額を抑えられます。

『MOTAカーリース』に限らずカーリースは初期費用がかからないものの、長期契約は負担額が多いということを知っておくといいでしょう。

■『MOTAカーリース』とは?5つの特徴を解説

『MOTAカーリース』とは?5つの特徴を解説

それでは『MOTAカーリース』の特徴を見ていきましょう。

カーリースはどこも同じ特徴なのでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。ところが『MOTAカーリース』は驚く特徴があります。

車好きな方や運転するのが好きな方!『MOTAカーリース』はあなたのためにあるカーリースかもしれませんよ。

特徴1:契約後はそのまま車がもらえる

『MOTAカーリース』は国産の全メーカー・全グレードがリース対象となっています。そのため、憧れていた車もリース契約することで乗れると高評価!

その憧れていた車は、契約終了後はそのままもらえるというのが『MOTAカーリース』の最大の特徴です。

一般的にカーリースでは、車を返却するか乗換え、再リース契約を結びます。車の返却や乗り換え時は、車の状態によっては請求が発生することもあり、思わぬ負担を課せられます。

しかし『MOTAカーリース』ならその心配も無用。今まで乗っていた車はプレゼントされるため、自分で管理するだけでいいんです。

『MOTAカーリース』を契約するなら、自分がほしい車を選んでみるのもいいですね。

特徴2:修理費の請求がない

『MOTAカーリース』では長期的に安心して乗ってもらうため「新車7年延長保証」というサービスを設けています。

「新車7年延長保証」とは、メーカー保証終了後に故障した場合でも無料で修理が受けられるという画期的なサービス。ディーラーでの修理はもちろん、全国の提携指定整備工場でも修理可能なので、安心して車に乗れるのが特徴です。

保証内容には

エアコンやキーレスエントリー、パワーウィンドウなどの故障
故障にかかる作業工賃
メーカーの一般保証が付いているオプション品
車が動かなくなった場合のレッカー費用

など盛りだくさん。

車はいつどんなときに故障するかわかりません。故障した箇所によっては大きな修理代を求められます。

『MOTAカーリース』ならそんな心配も必要ありません。いつでも修理できる体制があり、かつ費用負担がないのはユーザーにとっても心強いですよね。

特徴3:カーリースなのにカスタムOK

『MOTAカーリース』は契約終了後、車をもらえるという最大の特徴があります。その内容から『MOTAカーリース』では、カーリースなのにカスタムもOKなんです。

マイカーを持ちたいけど、その夢を諦めていた方。
車をカスタムしてカッコよく乗りたいと思っていた方。

『MOTAカーリース』なら、リース契約中でもカスタムできます。もう自分の車といっても過言ではありませんね。

特徴4:走行距離を気にする心配なし

多くのカーリース会社では、契約時に月間走行距離を決めなければいけません。この走行距離は契約終了時に大きな影響を与え、場合によっては乗り換えや返却時に清算を求められることもあります。

そのためカーリースを契約するときは月間走行距離を慎重に決めないと、後々大きな出費になります。

『MOTAカーリース』には「新車7年延長保証」というサービスがあると、先ほど説明しました。実は「新車7年延長保証」はメンテナンスの保証が付いているだけではないんです。

「新車7年延長保証」は月間走行距離を無制限にする内容も含まれていることから、このサービスを契約すれば毎月、走行距離を心配する必要はありません。

カーリースを契約するときは、そんなに車を乗らないかもと思って走行距離を少なめに設定する方もいらっしゃいます。しかし車を手にすると、その便利さや楽しさから車に乗る機会が増えたという方も。

当初予定していた走行距離も大幅に超える方も多く、ストレスを感じている方がいらっしゃるのも事実です。

せっかく新車の乗れるのだから、走行距離を気にせず使ってみたいですよね。ドライブや旅行の機会も増えるかもしれません。

そんな方も『MOTAカーリース』ならストレスなくカーライフを満喫できますよ。

特徴5:ボーナス払いもOKで自由な支払いが可能

『MOTAカーリース』では毎月定額支払いのほか、ボーナス払いにも対応しています。他のカーリースではボーナス払いに対応していないところもあり、人によっては不便に感じるかもしれません。

ボーナス払い設定のいいところは、月々の支払額を抑えられること。これはマイカー購入でも同じですよね。

カーリースは毎月定額支払いですが、選ぶ車種によってはその金額も大きな負担になります。毎月の固定費を少しでも下げたいという方にはうれしい特典ではないでしょうか。

リース契約した車もボーナス併用で支払えば、人気車種も月々1万円だも夢ではありません。

参考までに『MOTAカーリース』が提示しているボーナス払いの一例を挙げておきます。ボーナス払いを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

車種

ボーナス加算額(全22回)

月々の支払額

月々平均支払額

日産:ノート

75,900円~

12,650円~

25,300円~

スズキ:ソリオ

66,000円~
11,000円~
21,890円~

トヨタ:ヤリスクロス

70,400円~
11,600円~
23,210円~

ボーナスの支払い額は都合に合わせて自由に決められます。

■『MOTAカーリース』の3つのメリット

『MOTAカーリース』の3つのメリット

『MOTAカーリース』は自由度の高いカーリースサービスです。これは特徴を見てもらうとよくわかると思います。

それ以外にも『MOTAカーリース』にはメリットがたくさん。今回は厳選して3つのメリットを紹介します。

メリット1:メンテナンスパックが2種類から選べる

車を持つなら、日々安心して乗りたいと考える方は多いと思います。そんな方のために『MOTAカーリース』では2つのメンテナンスパックが用意されています。

メンテナンスパックは、全国5,500拠点の指定工場でメンテナンスしてもらえるので安心。

一つ目は「メンテナンスパック」です。メンテナンスパックは車検や法廷12ヵ月点検が付いているほか、年1回のオイル交換やオイルフィルター、ワイパーゴムの交換が可能。

これらはいつでも受けられるわけではなく、車の点検時に併用して行われます。

もう一つが「メンテナンスパックプレミアム」です。メンテナンスパックの内容に加え、あらゆる交換がついたフルパック。

どんな内容が付いているのかというと

ブレーキオイル交換
エアコンフィルター交換
ロングライフクーラント交換
タイヤ交換
バッテリー交換
ブレーキパッド交換

これらの交換はメンテナンス費が高いものもあり、家計に大きな負担がかかります。あらかじめメンテナンスパックプレミアムに加入しておけば、突発的な交換も対象できるのでおすすめです。

メンテナンスパックの費用は毎月の支払額に組まれますが、支払回収が終了すると月額費からメンテナンス代がなくなります。

メリット2:国産全車種から選べる

『MOTAカーリース』は、国産のどのメーカーも対応してるのは大きなメリットです。車種はもちろん、カラーやグレードも自分の好きなものが選べるのも魅力的。

気になる車がある方も、安心して申込できますね。

メリット3:11年契約なら業界最安値

各カーリース会社には決まった契約期間が設けられています。『MOTAカーリース』は長期契約で月々の支払額を抑えたいという方にピッタリ。

実は『MOTAカーリース』では11年契約も用意されています。カーリース会社で11年契約を設定しているのは『MOTAカーリース』と『定額カルモくん』だけ。

さらに同じ車種を比較すると『MOTAカーリース』は『定額カルモくん』よりも安いです。業界最安値を打ち出している『MOTAカーリース』なら、家計の出費も大きな負担になりませんね。

■『MOTAカーリース』の3つのデメリット

『MOTAカーリース』の3つのデメリット

魅力的な『MOTAカーリース』ですが、デメリットもあるのが現状です。人によっては契約を左右する大切な部分なので、しっかり確認しておきましょう。

デメリット1:契約は5年~しか選べない

『MOTAカーリース』は短期契約を設けていません。

契約できる期間は

5年
7年
11年

の3つのみ。

コンスタントに車を乗り換えたいと考えている方は『MOTAカーリース』は使いづらいかもしれませんね。

デメリット2:途中解約ができない

カーリースでよくあるのが、契約途中で解約できないこと。『MOTAカーリース』も例外ではありません。

万が一、中途解約を希望する場合は既定の損害金が発生してしまいます。車を乗っていると日々気持ちも変化するもの。

『MOTAカーリース』を契約するときは、長期契約で問題ないかしっかり見極める必要があります。

デメリット3:ディーラー・メーカーオプションの詳細はWeb見積もりに対応していない

『MOTAカーリース』はメーカーオプションにも対応しています。しかしインターネットの見積もり時点では、オプションの選択はできません。

オプションの選択ができるのは、あくまでも審査に通過した方のみ。見積もり時点では安いと感じたものの、オプション契約では金額が跳ね上がります。

メーカーオプションを検討されている方は、そのあたりも考慮して見積もりを取ってみてください。

■カスタム可能なカーリースは『MOTAカーリース』だけ!

カスタム可能なカーリースは『MOTAカーリース』だけ!

『MOTAカーリース』は長期契約しかないというデメリットはありますが、契約後は車がじぶんのものになります。さらにリース契約中も自由にカスタムできるので、車好きの方にピッタリ。

『MOTAカーリース』はオプションをうまく使えば、安心かつお得に乗れるサービスです。ご自身がどこを重視しているか確認して契約に進んでみましょう。


関連記事リンク(外部サイト)

『SOMPOで乗ーる』は輸入車も乗れる?6つの特徴や評判を紹介
ユーカーパックの評判は?車一括査定サービスにはない3つのメリットを解説!
ファンベルトが切れた!?2本のベルト交換作業

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧