中古車を個人販売するメリットは?注意点やデメリットも解説

access_time create folder生活・趣味
中古車を個人販売するメリットは?注意点やデメリットも解説

中古車の個人売買はメリットも多いですが、注意すべき点が多いです。たとえば、トラブルや手間の掛かる作業が多いなどのことが挙げられます。

そこで今回は、中古車を個人販売するメリットやデメリット、注意点などを赤裸々にご紹介していきます!この記事を読めば、中古車販売について理解が深まるのでこれから中古車販売を始めようとしている方におすすめの記事となっております。

税金や販売サイトなどの実務ベースのことについても記載があるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

■中古車の個人販売とは?販売方法を解説

中古車の個人販売とは?販売方法を解説

中古車を販売しているのは会社だけで、個人で販売できることを知らなかった人も多いのではないでしょうか。しかし実際、中古車は個人で販売できる仕事です。ここでは実際にどのような場所で販売できるのか、販売方法について解説していきます。

 

オークション・フリマサイトを利用

日用品を売買するスペースとして認知されているオークションやフリマサイト。現在では、中古車の個人売買もできる場所になっています。ただし、配送方法やシステム料金が変わってくる場合があります。

サイトごとに利用ルールが異なるので、利用ガイドをしっかりと確認の上で中古車を販売しましょう。車専用のオークションやフリマサイトもあるので、そちらを有効活用していくのもおすすめです。

 

車販売のプロが仲介する

プロに仲介を頼むことで書類を用意する手間が省けたり、売買間でのトラブルが圧倒的に減ります。中古車の個人販売ではトラブルが懸念されていますが、それらを防ぐためにプロに仲介を任せることで回避できます。

車販売のプロは車の状態についてもしっかりと鑑定してくれるので、中古車を正しい相場で購入可能になります。大きく損することは少なくなりますが、手数料を取られるので利益率が低くなってしまうのがデメリットです。

 

■中古車を個人販売する3つのメリット

中古車を個人販売する3つのメリット

ここまで読むと中古車を個人販売できることがわかったと思います。そこで、次に紹介するのは中古車を個人販売するメリットについてです。メリットが3つあるので、それぞれ確認していきましょう。

 

消費税がかからない

個人間で中古車を売るとき、消費税はかかりません。ただし、事業用・法人名義での車は課税対象となってしまうので注意が必要です。

車購入に際して掛かってしまう消費税以外の税金は、車の使用用途によって変わってきます。例えば生活の一部として使用する時は売却時の収入は所得税に含まれず、レジャーや事業で使う際は、所得税に含まれます。

そのため売り手、買い手ともに入念な確認をしてからの売買が必要になってきます。税金関係で納税にミスがあると罰金の対象になってしまうので、良く調べてから売買をしましょう。

 

売買する相手を選べる

個人間でのやりとりになるので、身近な人に車を売ることも可能。購入に至るまでのやり取りで不安を感じたり、不審に思うことがあれば取引をやめるという選択肢も個人販売だからこそできます。

中古車の個人販売では相手がどういう人なのかを知った上での取引が可能なので、円滑に取引を進められるはずです。また、個人販売では手続き後の配送で、購入者がどのあたりに住んでいるか確認して販売できるのもメリットのひとつです。

 

高く売れ安く購入できる

値段をご自身で決めて中古車を販売できるので、売り手の方にとってメリットであると考えられます。またご自身が買い手となる場合でも、個人間での売買になるので、査定して値段交渉することも可能です。

ご自身で車を売買する際に、本来仲介業者に取られてしまうはずの手数料をそのまま販売価格に落とし込んで販売できるのでご自身の手元の入る収入が高くなりやすいのがメリットです。

 

■中古車を個人販売する3つのデメリット

中古車を個人販売する3つのデメリット

中古車の個人販売ならではのデメリットも存在します。デメリットが主に3つあるので紹介していきます。

 

トラブルが付きもの

買い手で多く見られるトラブルとして、写真と実物の差異が多く挙げられます。実際の写真よりも清潔感がなかったり、破損部分がそのまま出品されていて買い手の元に届くという事例があります。

支払いに関してのトラブルもあり、支払いが完了しなかったり、完了しているのにも関わらず商品が届くのが遅れていたり、個人間の売買ならではのトラブルが付き物です。最悪なケースだと支払ったのに届けられないなんてケースもあるので注意が必要です。

契約書がない

個人で売買をする際に、大手で契約するのとは違い契約書がありません。そのため、支払いや郵送などに関わるトラブルが生まれやすいというのが特徴。

契約書はありませんが、売買に関わる必要書類は別途用意する必要があります。必要書類に関しては、下記で更に詳しく紹介していくので最後までご覧ください。

 

手間と時間がかかる

個人間での売買では、売買が締結するまでに手間と時間が中古車販売会社と比べて多くかかります。必要書類を1から自分たちで準備をしなければならないことや、相手方とのやり取りがスムーズに進まないこと、必要書類に不備があることなどが理由として挙げられます。

もし支払いや実物のものと違うものが届いた場合などのトラブルに関しても手間と時間がかなりかかってしまいます。

 

■中古車を個人販売するときに必要な書類

中古車を個人販売するときに必要な書類

中古車を個人販売するときに必要な書類は売主・買主双方で違うものが必要になります。下記で詳しく紹介しているので、確認していきましょう。

 

中古車を購入する人が必要な書類は2種類だけ!

車庫証明書
印鑑登録証明書

上記2種類の書類が必ず必要となる書類です。車庫証明書に関しては、車の保管場所が自己所有なのか、あるいは借りている駐車場なのかでも書類は変わってきます。

販売してくれる人と話し合いを進めながら、状況に応じて必要書類が出てきた場合は揃えていきましょう。必要書類に不備があると後々トラブルになるので、必ず完成品を手配してください。

 

中古車を売却する人が必要な書類は多数あります!

自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車納税証明書
譲渡証明書
印鑑登録証明書
自動車リサイクル券
住民票

 

上記の通り、中古車を販売する側の人は必要書類が全部で7種類あります。多くて大変と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、市役所にいくだけで3つ発行できるのでそこまで手間はかかりません。

とはいえ、全てを用意するのには中古車を購入する人よりも時間がかかることが考えられるので、売買契約が成立する前からある程度揃えておく準備が必要になってきます。

 

■中古車を個人販売する流れ

中古車を個人販売する流れ

中古車を個人販売する具体的な詳しい内容についてご紹介していきます。このステップさえ覚えれば個人で中古車を販売できるようになります。

 

中古車を購入するための6ステップ!

車の状態確認・価格等を売り手の方と連絡を取る

 

実物や写真を確認し、取引に進む連絡を取る

 

契約の締結

 

売り手が用意した書類を元に契約を締結する。

 

代金の支払い

 

売り手と決めた方法にて支払いを行う。

 

商品の受け渡し

 

受け渡しの際、後日抜け目の内容に商品の状態を確認する。

 

車両保険や自賠責保険の名義変更

 

被保険者だった売り手より、必要書類を受け取り、買い手が手続きを行う。

 

任意保険の手続き

 

引き渡し後、運転して買える場合は任意保険の手続き日を受け渡し日にする。

 

中古車を売却するための7ステップ!

 

車の出品

 

商品の価格設定をし、写真撮影等を行い出品する

 

購入希望者への対応

 

買い手と連絡を取り、お互いが合意できる条件を定める

 

契約の締結

 

買い手同意のもと、書類を用意し、契約を締結する

 

代金の入金確認

 

買い手の支払いを確認する

 

商品の受け渡し

 

支払いを確認した後、商品を引き渡して状態を確認してもらう

 

車両保険や自賠責保険の名義変更

 

必要書類を買い手に渡す

 

任意保険の手続き

 

買い手に渡した車の任意保険を解約する

 

■個人販売で中古車を売買するときに注意したい手続き

個人販売で中古車を売買するときに注意したい手続き

中古車販売会社とは違い、個人販売で中古車を売買するのに注意したい手続きがいくつかあります。手続きを怠るとトラブルの原因になりかねないので、確認していきましょう。

 

名義変更を行う際にも書類が複数必要!

中古車を個人で売買する際に名義の変更が必ず必要です。名義変更に伴って、ナンバープレートの変更もしなければなりません。その際にもいくつか必要書類が増えるのでご注意ください。必要書類は下記になります。

自動車検査証
申請証 
手数料納付書
譲渡証明書
印鑑証明書
所有者の印鑑または委任状
車庫証明
自動車税申告書
住民票

 

めんどくさがって名義変更を怠ると必ずトラブルになるので、絶対に名義変更をしましょう。最悪な場合、罰金などになる恐れもあります。

 

税金の支払いについて

名義の変更をしていないと自動車税の支払いなどが名義人のまま送られてきてしまいます。所得税を払うケースもごく稀にありますが購入額を超えて利益が出ることはなかなかありません。

個人間での売買で最もトラブルが多いのは、やはり自動車税なので注意しましょう。4/1時点で名義の持ち主が一年分の前払いをするのでそれ以前までには名義の変更をお忘れなく!

 

■中古車の個人販売は注意点をしっかり確認しよう!

中古車の個人販売は注意点をしっかり確認しよう!

個人間での売買の注意点は必要書類を準備することや、名義の変更などです。お互いが売買の素人なので円滑にやりとりが進まないことも多々あるかもしれません。

互いがしっかりと相手のことを思いやって取引を進めていくことが大切ですね。そして、不備がないように事前にしっかりと調べて書類なども揃えましょう!


関連記事リンク(外部サイト)

中古車の買取相場を知りたい!高く売るための7つのポイントを紹介
『コスモMyカーリース』の評判は?利用者に好評な5つのポイントを解説
オンライン成約がお得な『カースタくるまリース』の評判は?5つの特徴を解説!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧