秋田の焼酎【ブラックストーン:秋田県醗酵(はっこう)工業】吟醸香と米の旨味が堪能できる酒粕焼酎

access_time create folderグルメ
秋田の焼酎【ブラックストーン:秋田県醗酵(はっこう)工業】吟醸香と米の旨味が堪能できる酒粕焼酎

「ブラックストーン」は米処・秋田で造られる酒粕焼酎

「ブラックストーン」は米処・秋田で造られる酒粕焼酎
出典:オエノングループ

「ブラックストーン」の蔵元は日本酒も醸す

「ブラックストーン」は、米処・秋田県の南東部に位置する湯沢市の蔵元、秋田県醗酵工業の焼酎です。
秋田県醗酵工業は昭和20年(1945年)に創業。現在は、酒類事業や酵素医薬品事業、不動産事業などを広く展開するオエノンホールディングス傘下で、焼酎のほか日本酒などの酒類や食品の製造販売を行っています。
蔵が建つ湯沢は、寒冷な気候と水に恵まれた土地で、「東北の灘(なだ)」と呼ばれるほど酒造業が盛んです。そのため湯沢では、地元で需要のある酒米が多く栽培されています。
秋田県醗酵工業でも秋田生まれの酒造好適米「秋田酒こまち」など地元の米を使い、全国新酒鑑評会の金賞受賞酒「一滴千両」をはじめとする良酒を醸しています。

「ブラックストーン」をはじめとする酒粕焼酎の特徴とは

「ブラックストーン」は、酒粕と米麹を原料とする酒粕焼酎です。酒粕とは、日本酒を造る工程で、醪(もろみ)を搾ったあとに残ったもので、「清酒粕」とも呼ばれます。
酒粕には、原料米由来のデンプン、発酵の過程で生まれるペプチドやアミノ酸、そして酵母など、旨味成分や栄養分などが豊富に含まれています。この酒粕には8~10%ほどのアルコール分が残っていて、それを蒸溜して造られるのが「粕取り焼酎」とも呼ばれる酒粕焼酎です。
酒粕焼酎は、日本酒を想わせる香りと、甘味や旨味が凝縮された芳醇な味わいが特徴。日本酒蔵でもある秋田県醗酵工業が手掛ける「ブラックストーン」には、吟醸酒の酒粕も使用されていて、華やかな香りと米の旨味の両方が堪能できます。
さらに熟成タイプでは、まろやかな口当たりと酒粕焼酎本来の甘味をじっくりとたのしめます。

「ブラックストーン」は単式蒸溜機で蒸溜される乙類焼酎

「ブラックストーン」は単式蒸溜機で蒸溜される乙類焼酎
出典:オエノングループ

「ブラックストーン」は原料由来の豊かな風味を堪能できる焼酎

「ブラックストーン」をはじめとする焼酎は、酒税法上「単式蒸溜焼酎」と「連続式蒸溜焼酎」に分けられます。「ブラックストーン」はこのうち、単式蒸溜法で造られる「単式蒸溜焼酎」に分類されます。
「乙類焼酎」とも呼ばれる単式蒸溜焼酎は、芋や米、麦、黒糖などさまざまな原料で造られますが、単式蒸溜機で蒸溜すると原料由来の風味がお酒に残りやすいのが魅力。芋なら芋の、米なら米の香りや味わいをたのしめる焼酎ができあがります。
酒粕を原料とした「ブラックストーン」も単式蒸溜法で造られているため、酒粕由来の豊かな風味を満喫できるのです。

「ブラックストーン」は減圧蒸溜法で造られる

「ブラックストーン」の製法をもう少し詳しく紹介しましょう。
単式蒸溜機を用いて蒸溜を行う単式蒸溜法には、常圧下(通常の気圧下)で蒸溜する「常圧蒸溜法」と減圧下で蒸溜する「減圧蒸溜法」の2種類があり、「ブラックストーン」では後者の方法が採用されています。
減圧蒸溜法は、圧力を下げて通常よりも低い温度でアルコールを抽出する方法で、常圧下で蒸溜するよりもすっきりとした味わいの焼酎になる傾向があります。もちろん、原料由来の風味は健在です。
「ブラックストーン」は、減圧蒸溜法を用いることで、酒粕の芳香と米の旨味が存分にたのしめる焼酎に仕上げられています。

「ブラックストーン」のアルコール度数

「ブラックストーン」は日本酒のような風味をたのしめる焼酎ですが、日本酒よりもアルコール度数は高めです。
醸造酒である日本酒のアルコール度数は15度前後が主流。一方、焼酎などの蒸溜酒はアルコール度数が高くなるのが特徴で、「ブラックストーン」シリーズのアルコール度数も25~41度と高めになっています。
なお、「単式蒸溜焼酎(乙類焼酎)」は酒税法で、「アルコール分45度以下のもの」と定められているため、45度を超える度数の「ブラックストーン」は存在しないのです。

「ブラックストーン」を味わい尽くす

「ブラックストーン」を味わい尽くす
出典:オエノングループ

「ブラックストーン」のラインナップ紹介

「ブラックストーン」シリーズのラインナップは4種類。すべて酒粕と米麹のみを原料とする乙類焼酎です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

【酒粕焼酎 ブラックストーン 41%】

元祖「ブラックストーン」は、酒粕をそのまま蒸溜するのではなく、米麹と水で作ったもろみに酒粕を加え、発酵させてから蒸溜した焼酎です。日本酒の芳香が残っているのが特長。

【酒粕焼酎 ブラックストーン 5年貯蔵 41%】

「ブラックストーン」の原酒を5年間熟成。酒粕焼酎ならではの香りと米の旨味、丸みのある口当たりをたのしめる1本です。

【酒粕焼酎 ブラックストーン 8年貯蔵 38%】

「ブラックストーン」の原酒を8年間熟成。酒粕本来の甘味と米の旨味、長期貯蔵によるまろやかさがたまらない逸品です。

【酒粕焼酎 ブラックストーン 25%】

「ブラックストーン 41%」の品質はそのままに、アルコール分を飲みやすく抑えた商品です。ソーダ割りなどにも適しています。

「ブラックストーン」のたのしみ方

「ブラックストーン」のたのしみ方はじつにさまざま。
原料由来の香りや風味をより堪能したいときには、大きめの氷を入れたグラスに焼酎を注いで飲む、シンプルな「ロック」がイチオシです。
飲みやすさを求めるなら「水割り」か、水で好みの濃度に割って冷蔵庫などで1日から数日ほど寝かせる「前割り」でたのしむとよいでしょう。香りが際立つ「お湯割り」や、ソーダで割ることでさわやかなあと口をたのしめる「乙ハイ」もおすすめです。
また、オエノングループのサイトでは、秋田県産の焼酎と果物や野菜、加工品を使ったご当地チューハイ、「秋田サワー」が紹介されています。「甘りんごサワー」など「ブラックストーン」にぴったりなレシピも掲載されているので、試してみてくださいね。
オエノングループ「秋田サワー」
公式サイトはこちら

 

吟味した原料を使い、丹念に仕上げた「ブラックストーン」。「ロック」から「ソーダ割り」まで、さまざまな飲み方を試して、味わいの変化をたのしんでみてくださいね。
製造元:オエノングループ 秋田県醗酵工業株式会社
公式サイトはこちら


関連記事リンク(外部サイト)

秋田の焼酎【三吉(さんきち):小玉醸造】清酒「太平山」の醸造元がていねいに造る本格酒粕焼酎
焼酎を製造法で分類すると? 「醪(もろみ)取り焼酎」と「粕(かす)取り焼酎」の違いとは?
焼酎が甘く感じられるのはなぜ? その理由やおすすめの銘柄を紹介

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧