メジャーリーグの長い歴史でも稀にみる珍プレー 「何度観ても笑える動画」「野球の試合でコメディが観られるとはね」

access_time create folderエンタメ

5月27日にペンシルベニア州ピッツバーグのPNCパークで行われたピッツバーグ・パイレーツ対シカゴ・カブスの一戦で、メジャーリーグベースボール(MLB)の長い歴史でも稀にみる珍プレーが発生しました。


https://twitter.com/Cubs/status/1397965478027530246

カブスの公式Twitterがその珍プレーの動画を公開しています。

3回表のカブスの攻撃、2アウト2塁でハビアー・バエズ選手が打ったサードゴロをエリック・ゴンザレス選手が捕球して1塁へ送球。

そのまま1塁ベースを踏めば3アウトチェンジになるのですが、なぜか1塁のウィル・クレイグ選手がバッターランナーのバエズ選手をタッチアウトにしようと追いかけてしまいます。

ホームベース近くまでバエズ選手を追い込んだところで、2塁にいたウィルソン・コントレラス選手がホームに突入。あわててクレイグ選手がホームに送球しますが、判定はセーフ。

バエズ選手はそのまま1塁へと向かい、送球がそれる間に2塁まで到達しました。

この有り得ない珍プレーにカブスベンチも大喜び。

多くの野球ファンがSNSに次のようなコメントを残しています。

・笑いがとまらない
・野球の試合でコメディが観られるとはね
・MLB史上最高のプレー
・まさに“El Mago(ハビアー・バエズ選手の愛称でマジシャンという意味)”
・ハビアーのトリックプレー
・こんなプレー初めてみた
・ハビーが審判と一緒にセーフのジェスチャーしたところが最高
・なんで1塁ベースを踏まない
・ハビー(ハビアー・バエズ選手の愛称)とは契約更新
・ウィル・クレイグは魔法にでもかかったのかな
・スポーツなのかコメディなのか
・見てられないよ
・史上最低の守備
・バエズもファーストの選手もルール知らないんだろうね
・すごいベースランニングだ
・何度観ても笑える動画

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/Cubs/status/1397965478027530246

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧