秋田の焼酎【三吉(さんきち):小玉醸造】清酒「太平山」の醸造元がていねいに造る本格酒粕焼酎

access_time create folderグルメ
秋田の焼酎【三吉(さんきち):小玉醸造】清酒「太平山」の醸造元がていねいに造る本格酒粕焼酎

「三吉」の蔵元・小玉醸造の歴史

「三吉」の蔵元・小玉醸造の歴史
出典:小玉醸造サイト

「三吉」の蔵元の歩み

「三吉」は、秋田県潟上(かたがみ)市に蔵を構える小玉醸造の焼酎ブランドです。
小玉醸造は明治12年(1879年)に創業。「ヤマキウ」というブランドを立ち上げて、初めは醤油、ほどなく味噌の醸造をスタートしました。
大正2年(1913年)には酒造りを開始。秋田県の中央部にそびえる太平山(たいへいざん)の名を冠した「太平山」銘柄の清酒を世に送り出しました。蔵元は、当初から首都圏に出荷するなど積極的に販路を拡大し、全国にファン層を広げていきました。
焼酎の製造は、戦後間もない昭和24年度(1949年度)から行われています。ブランド名「三吉」は人名ではなく、太平山の山頂に奥宮を祀る太平山三吉(みよし)神社にあやかったものです。

「三吉」の蔵元の技術は国内外で高評価

「三吉」の蔵元・小玉醸造は、昭和8年(1933年)に全国に先駆けて冷用酒「玲琅(れいろう)太平山」を販売するなど、時代の変化を先取りしてきた蔵元です。
その一方で、手間のかかる生酛(きもと)造りの酒や吟醸酒をあえて主力に置くなど、芯のあるこだわりの酒造りを貫いてきました。
秋田の冷涼な気候を活かした「秋田流生酛造り」を確立するなど技術も折り紙つきで、全国新酒鑑評会では金賞を10回以上も受賞。国際的な品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」などでも高く評価されています。
また、材料を吟味して丹念に造る味噌や醤油も評判。とりわけ秋田随一の生産量を誇る秋田味噌は、昭和60年度(1985年度)の第24回農林水産祭で天皇杯を賜っています。

「三吉」は酒粕を原料に造られる粕取り焼酎

「三吉」は酒粕を原料に造られる粕取り焼酎
出典: 小玉醸造公式インスタグラム

「三吉」をはじめとする粕取り焼酎とは

「三吉」は、酒粕を原料とする「粕取り焼酎(酒粕焼酎)」です。
酒粕(清酒かす)とは、清酒を造る際、アルコール発酵後の醪(もろみ)を搾ったあとに残るもので、原料米に由来する酵母の旨味成分や栄養分、食物繊維が豊富に含まれています。風味もよいことから粕汁や粕漬けなど食用として親しまれているほか、コウジ酸やグルコシルセラミドといった成分が化粧品に活用されることもあります。
この酒粕には、醪のアルコール分が8%ほど残っています。「粕取り焼酎」はこれを抽出したもので、清酒を思い起こさせる香りと、原料米由来の甘味や酵母の旨味がたのしめます。
小玉醸造では、吟醸酒など清酒造りの工程で得られる風味豊かな酒粕を使用し、焼酎「三吉」を造っているのです。

粕取り焼酎「三吉」のたのしみ方

「三吉」などの粕取り焼酎は、豊かな香味がたのしめる「ストレート」や「ロック」で飲むのがおすすめです。
◇ストレート
粕取り焼酎のよさがダイレクトに味わえるストレート。香りが飛ばないように小さめの器で飲むのがポイントです。香り重視でたのしみたいなら常温(約18~20度)で、飲みやすさを重視するなら5~15度ほどに冷やして飲むのがおすすめ。
◇ロック
氷が溶けるにつれ、味わいの変化がたのしめる飲み方です。ポイントは器をよく冷やし、大きめの氷を使用すること。また焼酎を氷の表面に当たるように注ぐと、酒粕由来の香りが立ちやすくなります。
焼酎はアルコール度数が高いため、ストレートやロックがきついと感じるときは、飲みやすさが増す水割りやお湯割り、ソーダ割りなどを試してみるとよいでしょう。

「三吉」ブランドは本格焼酎ぞろい

「三吉」ブランドは本格焼酎ぞろい
出典:小玉醸造オンラインショップ

「三吉」は本格焼酎ブランド

「三吉」は、酒税法上は単式蒸溜焼酎(乙類焼酎)に分類される焼酎です。乙類焼酎のなかでも、原料や製法など一定の基準に基づいて造られる焼酎を「本格焼酎」といいますが、清酒粕を原料に造られる「三吉」も本格焼酎にあたります。
単式蒸溜機で蒸溜すると、原料由来の香りや味わいが残りやすいのが特徴で、「三吉」からも酒粕ならではの風味が感じられ、また減圧蒸溜のため爽やかな香りが特長です。日本酒蔵が生み出す本格焼酎「三吉」を、ぜひじっくりと堪能してみてください。

「三吉」ブランドのラインナップは3種類

「三吉」ブランドには、3種の本格粕取り焼酎がラインナップされています。それぞれの特長を見ていきましょう。

【三吉25度】

飲みやすさを追求した本格粕取り焼酎。透明感のあるやさしい飲み口が特長です。お湯割りでも水割りでもおいしくいただけます。

【長期熟成さんきち30度】

貯蔵庫で3年以上熟成させた長期熟成焼酎で、より深い味わいとまろやかな口当たりがたのしめます。味・香り・飲み口のバランスも見事。とくにお湯割りがおすすめです。

【プレミアム焼酎 さんきち吟】

厳選した純米大吟醸酒の酒粕だけを使用したプレミアム焼酎。高貴な吟醸香と飲み口は、焼酎の大吟醸と呼ぶにふさわしい風格を感じさせます。よく冷やしてストレートまたはロックで味わうのがおすすめです。

 

それぞれに特色がある「三吉」ブランドの本格粕取り焼酎。機会があれば飲み比べて、その味わいの違いをたのしんでみてください。小玉醸造の味噌・醤油で作ったおつまみを添えてたのしむのもおすすめですよ。

 

製造元:小玉醸造株式会社
公式サイトはこちら


関連記事リンク(外部サイト)

焼酎を製造法で分類すると? 「醪(もろみ)取り焼酎」と「粕(かす)取り焼酎」の違いとは?
焼酎が甘く感じられるのはなぜ? その理由やおすすめの銘柄を紹介
「泡盛」ってどんなお酒? 定義や特徴、代表銘柄を知ろう

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧