秋田の焼酎【なまはげ:出羽鶴(でわつる)酒造】老舗の日本酒蔵が手掛ける本格酒粕焼酎

access_time create folderグルメ
秋田の焼酎【なまはげ:出羽鶴(でわつる)酒造】老舗の日本酒蔵が手掛ける本格酒粕焼酎

「なまはげ」の蔵元の歴史と酒造り

「なまはげ」の蔵元の歴史と酒造り
出典:秋田清酒オンラインショップ

焼酎「なまはげ」の蔵元の成り立ち

「なまはげ」は、往時、「出羽国(でわのくに)」と呼ばれた秋田県に蔵を置く、出羽鶴酒造の本格焼酎です。
蔵元の創業は幕末期の慶応元年(1865年)。現在の大仙市で代々庄屋を務めていた伊藤家の12代目・重四郎氏が、地元産の良質な米を使って日本酒の醸造を開始したのが始まりです。
大正2年(1913年)、13代目・恭之助氏の代に株式会社化。「鶴のように優美な出羽の国の酒になるように」との願いを込め、「出羽鶴(でわつる)」の名を冠した今の社名となりました。
現在は、「出羽鶴」「やまとしずく」「晴田(せいでん)」といった日本酒ブランドのほか、焼酎、リキュールなどを製造。同じ秋田の兄弟蔵・刈穂酒造を含めて統括する秋田清酒株式会社(昭和47年設立)が、瓶詰めから販売までを担っています。

焼酎「なまはげ」を造る蔵元の、酒造りの方針と原料へのこだわり

「なまはげ」の蔵元、出羽鶴酒造は、酒造りの方針に「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」を掲げています。仕事に厳しく向かい合うなかで、蔵人(くらびと)同士が結束して和をなし、飲む人に幸せを運ぶようなおいしい酒を造ることを意味する言葉で、蔵人の間で代々受け継がれてきました。
また出羽鶴酒造は、原料にこだわりを持つ蔵元でもあります。米については、地元の農家と酒米栽培会を設立。杜氏(とうじ)や蔵人が稲を育てる段階から携わり、質のよい原料米の栽培に尽力しています。仕込み水には出羽丘陵の雪解け水を水源とする地下水を使用。清冽でやわらかなこの水が、なめらかできめ細かい酒質を生み出しています。

「なまはげ」は秋田生まれの焼酎

「なまはげ」は秋田生まれの焼酎
zikko2020/ Shutterstock.com

焼酎「なまはげ」を造る蔵の環境

「なまはげ」を製造する出羽鶴酒造は、秋田県の中南部に位置する大仙市に蔵を構えています。
蔵は、秋田・青森・山形の3県にまたがる出羽丘陵の山々に囲まれた、自然豊かな環境のなかに建っています。近隣には、流域に秋田米の一大産地を擁する雄物川(おものがわ)が流れ、肥沃な土壌を形成しています。
大仙市は四季がはっきりしている地域で、夏から秋にかけては温暖湿潤な日が続くため、原料米の栽培に向いています。なおかつ仕込みの時期である冬は降雪量が多く寒冷で、酒造りに適した条件が揃っています。
「なまはげ」をはじめとする出羽鶴酒造の良酒は、米作りにも酒造りにも好ましい環境で造られているのです。

焼酎「なまはげ」の名の由来

焼酎「なまはげ」の名は、秋田県西部の男鹿(おが)半島一帯で大晦日の晩に行われている伝統的な年中行事「ナマハゲ」に由来します。
「男鹿のナマハゲ」は国の重要無形民俗文化財であり、「来訪神:仮面・仮装の神々」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産にも登録されています。
「ナマハゲ」の行事では、集落の若者などが鬼のような姿のナマハゲに扮して、「泣く子はいねがー(泣く子はいないか)」などと叫びながら地域の家々を訪ねます。見た目は怖いナマハゲですが、本来は怠け心を戒め、無病息災や豊作をもたらす来訪神であることから、迎える家々では丁重にもてなすのが習わしです。
焼酎「なまはげ」のラベルやカートンにも、この来訪神・ナマハゲの姿が描かれています。

「なまはげ」は酒粕を原料とする本格焼酎

「なまはげ」は酒粕を原料とする本格焼酎
出典:秋田清酒オンラインショップ

本格焼酎「なまはげ」をはじめとする酒粕焼酎の特徴は?

「なまはげ」は、日本酒を醸す蔵元ならではともいえる「清酒かす(酒粕)」を原料としています。酒粕とは、日本酒を造る工程で、アルコール発酵後の醪(もろみ)を搾ったあとに残るもの。栄養分や旨味成分が豊富な酒粕には、アルコール分が8%ほど含まれていて、酒粕焼酎はこの残ったアルコール分を抽出して造られます。
「粕取り(かすとり)焼酎」とも呼ばれる酒粕焼酎からは、日本酒のような香りと、日本酒の原料である米の甘味や旨味が感じられるのが特徴。「なまはげ」をひと口飲めば、まろやかな焼酎の味わいのなかに、酒粕らしい豊かな香りと、ほのかな米の旨味が口中に広がるでしょう。
なお、酒粕を原料に一定の基準に則って造られる焼酎は、酒税法上は「本格焼酎」に分類されます。

焼酎「なまはげ」のたのしみ方

「なまはげ」は、酒粕を原料とする本格焼酎です。単式蒸溜機により1回蒸溜で造られるため、酒粕由来の風味がしっかり堪能できるのが魅力。こうした特長を持つ「なまはげ」のたのしみ方として、蔵元の出羽鶴酒造がおすすめするのはロックやお湯割りです。最後に、それぞれの飲み方のポイントを紹介しましょう。

【ロック】

よく冷やした器に大きめの氷を入れ、焼酎を注ぎます。このとき、焼酎が氷の表面に当たるように注ぐと、香りが立ちやすくなります。ロックの魅力は、味わいの変化がたのしめること。初めは原料由来の風味がダイレクトに感じられ、氷が溶けるにつれて水と焼酎が混ざり合い、やわらかな口当たりになっていきます。

【お湯割り】

水割りとは逆の、お湯、焼酎の順番で器に注ぎます。焼酎はお湯の上に「置く」イメージで、そっと注ぎ入れるのがポイント。こうすることで焼酎とお湯がなじみ、香りが立ち上って味わいもやさしくまろやかになります。6:4の比率で作る場合、70度前後のお湯を使うと、飲みごろの40度前後になっておすすめです。

 

こだわりの酒造りを行う老舗日本酒蔵が、酒粕で造る本格焼酎「なまはげ」。ぜひ、さわやかに味わえるロックや、やさしい風味をたのしめるお湯割りで、秋田の本格焼酎「なまはげ」を味わい尽くしてください。日本酒と飲み比べてみるのもおすすめですよ。

 

製造元:出羽鶴酒造株式会社
公式サイトはこちら

 

販売元:秋田酒造オンラインショップ
公式サイトはこちら


関連記事リンク(外部サイト)

焼酎を製造法で分類すると? 「醪(もろみ)取り焼酎」と「粕(かす)取り焼酎」の違いとは?
焼酎が甘く感じられるのはなぜ? その理由やおすすめの銘柄を紹介
「泡盛」ってどんなお酒? 定義や特徴、代表銘柄を知ろう

access_time create folderグルメ
local_offer
たのしいお酒.jp

たのしいお酒.jp

「お酒の楽しさ」がみつかる、シニアソムリエ監修サイトのたのしいお酒.jp。お酒の魅力、楽しみ方や造り手の思いをお伝えします。イベントや最新ニュース、豆知識、飲食店やキャンペーン情報など、様々なお酒の楽しみを広げる情報を揃えています。

ウェブサイト: https://tanoshiiosake.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧