仮想通貨相場急落の裏で、謎のクジラがビットコインを3500BTC購入

access_time create folder政治・経済・社会
仮想通貨相場急落の裏で、謎のクジラがビットコインを3500BTC購入

 

今週の木曜日に歴史的な暴落に直面したビットコイン(BTC)だが、謎のクジラがビットコインをこの機会に買い増していたようだ。

itsblockchainの記事によると、クジラは5月15、18、19日の3回に購入して計3521BTCも蓄積した。5月15日の最初の購入は753BTCで、5月19日の相場暴落の数日前に行われた。その後、市場が急落したため、18日に965BTC、19日に1803BTCを買い足した。

3回行われた購入の平均BTC価格は、15日が50,050.54ドル、18日が44,782.37ドル、19日が41,897.02ドルだった。

ちなみにこのクジラは、5月9日に平均価格で58,503.39ドル3000BTCを売却している。

19日にBTC価格は一時的に3万ドルを下回ったが、その後34%近く回復した。それでも、ビットコインは6万4000ドルを超える最高値から37%近く離れている。記事執筆時点でビットコインは40,217ドルで取引されている。

今回の相場急落が強気相場を打ち消したのか、それとも2013年型の調整の真っ只中にあるのかは不明だ。4年サイクルを主張する理論家は、ビットコインが過去のサイクルを繰り返す場合、現在の強気相場は2021年第4四半期、もしくは2022年のはじめにピークに達する可能性があると主張している。

 


関連記事リンク(外部サイト)

CME、個人投資家向けビットコイン先物を正式に開始
5万ドル割れも、著名アナリストのPlanB氏は「強気相場は終わっていない」と主張
ビットコインのドミナンスが50%下回り、イーサなどアルトコインが躍進

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧