特別給付金が影響か? カウンターポイント社が米国スマートフォン市場の動向を調査

access_time create folderデジタル・IT

新型コロナウィルスの影響が色濃く残る現在のアメリカでは、スマートフォンの売れ行きはどうなっているのでしょうか。カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、2021年第1四半期の米国のスマートフォン市場についての調査結果を発表しました。

5G端末が売上に貢献

Apple、Samsung、OnePlusの5G端末売り上げが貢献したことにより、米国のスマートフォン市場は2021年第1四半期に19%の成長を遂げています。カウンターポイント社によると「2019年の5G機種発売以降の販売台数は、2021年第1四半期末までに累計5,300万台に達した」という調査結果が出ているというから驚きです。

また、5G対応機種が低い価格帯でも増えてきたおかげで、2021年第1四半期のスマートフォン販売全体の57%が5Gに。「米国版の特別給付金、強力なワクチン接種体制、コロナウイルス(COVID-19)流行による規制の減少といった要素で米国経済が自信を取り戻したことも影響したと考えられます」と同社の担当者。

2021年末に5Gが盛り上がる

一方、四半期単位の動きを見ると、米国市場は歳末商戦もiPhone 12発売も過ぎた後に見られがちな「停滞期」に。カウンター市場がプリペイド型携帯に移りつつある中で、比較的安価なLTE対応スマートフォンが第1四半期にはよく売れたため、一時的に5Gの売れ行きの勢いは弱まっているようです。

カウンターポイント社のJeff Fieldhack氏は 「5G端末のASP(平均売価)は、年初の高級機種への需要を受けて、2021年第1四半期に800米ドルまで再上昇した。しかし、Samsungが中位機種A32 5GとA42 5Gを4月に投入したため、5GのASPは、さらに下がるだろう。(中略)LGが撤退したことで、Samsung、Motorola、OnePlus、TCLなど他社には大きなチャンスとなるし、キャリアは低価格帯にもっと多くの5G対応機種が出てくるつもりで期待している。全体的に見て、2021年の第4四半期末には、売上全体の8割を5Gスマートフォンが占めると予想する」と延べ、いま停滞期に入っている5Gも近い将来再び勢いを取り戻しそうです。

PR TIMES

(文・Takeuchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧