グアテマラの火山で食べられるピザの溶岩焼き 「そこまでするか」「このアイデアは危険すぎるな」

access_time create folderエンタメ

日本には溶岩焼きを名物とするレストランが結構あったりします。

Guatemala’s volcanic pizza chef and his lava oven | AFP(YouTube)
https://youtu.be/Nj89ngsMOaE

溶岩が固まってできた溶岩石を熱して肉を焼いたりする調理法を溶岩焼きと言いますが、グアテマラには本物の溶岩の熱を利用して焼き上げたピザを提供する人がいたりします。

火山活動が活発化しているグアテマラのパカヤ山の溶岩の熱を利用してピザを焼き上げているのは、ピザ職人のデイビット・ガルシアさん。

溶岩の温度は最高で1500~2000度にもなるので、ピザが焦げないように注意しなくてはなりません。同時に熱風を直接浴びないよう風向きにも注意が必要だということです。

SNSには以下のような声が集まっています。

・これは危険。グアテマラ政府が禁止すべき
・何目的なわけ?
・どうかしてるよ
・このアイデアは危険すぎるな
・ピザは美味しそうだけど……
・そこまでするか
・アイスランドの火山かと思った
・すっごいね
・熱そう
・普通のブーツで歩いてるけど大丈夫なの?

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=Nj89ngsMOaE

(執筆者: 6PAC)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧