日本人起業家が手掛けた空飛ぶクルマ「ASKA」が予約注文開始 お値段は78万9000ドル(約8600万円)

access_time create folder生活・趣味

日本人起業家が手掛けた空飛ぶクルマの「ASKA」が、78万9000ドル(約8600万円)という価格で予約注文を開始しています。

ASKA™ eVTOL drive and fly vehicle – now available for pre-order(YouTube)
https://youtu.be/5oiWtYLA-Go

eVTOL(垂直離着陸機)の「ASKA」は、カリフォルニア州ロスアルトスにあるNFT Inc.という企業が開発した空飛ぶクルマです。日本人起業家のカプリンスキー真紀さんとご主人のガイさんが同社を創業しました。

「ASKA」の開発チームには複数の日本人エンジニアも所属しています。

この投稿をInstagramで見る ASKA(@aska.fly)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CN8fLvTpF1Q/

以下のリンクから「ASKA」の予約注文手続きが可能です。予約注文には5000ドル(約54万円)の保証金が必要となります。保証金はエスクロー口座にプールされ、全額返金されます。

販売価格の78万9000ドルには、パイロットライセンス取得のトレーニング費用、内装/外装のカスタマイズ料金、パーソナライズされたナンバープレートの代金も含まれています。

なお、「ASKA」の納車時期は2026年の予定です。

REGISTER
https://www.askafly.com/register[リンク]

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CNsBlO_JZ4J/

※ソース:
https://www.prnewswire.com/news-releases/announcing-aska-the-electric-take-off-and-landing-flying-car-for-consumers-301269806.html

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧