ド新車なのに販売台数は期待外れ! それでもN-ONEとMX-30の「重要すぎる」存在理由

access_time create folder生活・趣味
ド新車なのに販売台数は期待外れ! それでもN-ONEとMX-30の「重要すぎる」存在理由

N-ONEは今の軽自動車のトレンドに沿わず独自路線を貫いた

 2020年度(2020年4月から2021年3月)には、コロナ禍に悩まされながら複数の新型車が登場した。このなかでもコンパクトなトヨタ・ヤリス(この登場は2019年度だが)、トヨタ・ヤリスクロス、日産ノートなどは、売れ行きが好調に推移している。

 その一方で、2020年度に登場しながら、売れ行きが低調な車種もある。ホンダN-ONEは2020年11月にフルモデルチェンジを行ったが、2021年1〜4月の1カ月平均届け出台数は2511台だ。ホンダN-BOXは2017年の発売だが、同時期の1カ月平均は1万9714台だから、N-ONEは13%に留まる。

 N-ONEは販売計画も1カ月当たり2000台と少ない。スズキ・ジムニーも2021年には1カ月平均で4000台以上を販売したから、N-ONEの計画台数は相当に消極的だ。開発者は発売時点において「N-ONEは軽自動車でも大量に売ることは考えていない。販売規模はスズキ・アルトラパンやダイハツ・ミラトコットに近いと思う」と述べた。

N-ONEの走り

 N-ONEが売れない理由は3つある。まずは軽自動車でありながら、車種の性格が実用的ではないことだ。4名乗車は可能だが、空間効率は重視されず、今の軽自動車のトレンドに沿っていない。

 2つ目の理由は先代型と比べて変化が乏しいことだ。エンジン、プラットフォーム、安全装備は大幅に刷新されたが、外装のスチール部分は先代型と共通だ。変更したのは樹脂部分だから、フルモデルチェンジを行ったのにマイナーチェンジに見えてしまう。

N-ONEのエンジン

 開発者は「先代型と異なる外装も検討したが、N-ONEらしさが薄れた」という。N-ONEは1967年に発売されたホンダN360がモチーフだから、2代目も同じテーマでデザインすれば、外観を変えられないことになる。

N-ONEのヘッドライト

 3つ目の理由は価格だ。N-ONEは同等の装備を採用するホンダN-WGNに比べると、価格が約24万円高い。広い室内に多彩なシートアレンジや電動スライドドアなどを装着するN-BOXと同等だ。ターボのRSは6速MTを用意する魅力的なグレードだが、価格は199万9800円に達する。

ターボRSの走り

間口を広げるために柔和なデザインとなったMX-30だが……

 一方、SUVのマツダMX-30は、マイルドハイブリッドを2020年10月、電気自動車のEVモデルを2021年1月に発売した。1カ月の販売計画は1000台と少ないが、実際の売れ行きはさらに低く、2021年1〜4月は1か月当たり800台程度だ。販売計画は生産を終えるまでの平均値だから、時間の経過に伴って売れ行きが下がることを考えると、発売直後は大幅に超えねばならない。今の時点で販売計画を下まわる800台は辛い。

MX-30の走り

 販売不振の原因は、MX-30の魅力が分かりにくいことだ。ボディサイズや車内の広さはマツダCX-30とほぼ同じで、ドアは観音開きになる。CX-30に比べて後席の乗降性が悪く、開発意図が難解だ。その結果、売れ行きも伸び悩んだ。

MX-30の観音開きドア

 しかしMX-30はマツダにとって非常に大切な商品だ。開発の発端は、現行マツダ2(旧デミオ)を発売した直後の市場調査だった。マツダ2はコンパクトカーだから、女性にもインタビューを行ったが「こんなスポーツカーみたいなクルマは私には運転できない」「馴染みにくい特殊な小型車」といった反応が多かった。それは「魂動デザイン+スカイアクティブ技術」によるマツダ車全体の販売不振と重なった。

 そこで「今までマツダ車に興味を示さなかったお客様を振り向かせたい」「マツダの間口を広げたい」という思いで開発されたのがMX-30だ。マツダがそれまでの商品開発の欠点を認識して、新しい流れとすべく作られた。

MX-30のフロント

 この考え方に基づき、MX-30の外観は従来のマツダ車に比べて柔和なデザインだ。コルクを使った内装にも、独特のリラックス感覚がある。操舵感は少しマイルドで、乗り心地も特にEVモデルは快適に仕上げた。

 以上のようにMX-30は、新しいマツダ車を築く大切な第一歩だが、前述の観音開きなどを採用したからわかりにくいクルマになった。本当ならば2代目デミオのコージー、あるいはベリーサのように、少し背の高いコンパクトカーとして女性をターゲットに開発すべきだった。

 最初に述べたN-ONE、そしてMX-30は、自社製品に対するアンチテーゼだ。N-ONEは抜群の実用性によって超絶的に売られるN-BOXとプラットフォームなどを共通化しながら、6速MTも採用して、真っ向から対抗する趣味的な軽自動車に仕上げた。MX-30もボディサイズやプラットフォームはCX-30とほぼ同じだが、従来のマツダ車に向けた反省を踏まえ、新しい流れを築こうとしている。

CX-30のフロント

 好調に販売されるクルマは、多くのユーザーが購入して使っている以上は優れた商品だが、販売が低調だからダメとはいえない。将来的には「N-ONEはホンダの本質を感じさせる良い軽自動車だったね」「硬直化していたマツダのクルマ作りは、MX-30から変わり始めた」といわれるかもしれない。このような可能性を秘めた商品を見つけることも、クルマの楽しさだと思う。


関連記事リンク(外部サイト)

昔っぽいのに古くさくない不思議! レトロデザインで成功したクルマ4選
同サイズのSUVを揃えるから悩み倍増! マツダCX-30とMX-30の違いと買いは?
MX-30登場で話題の「観音開きドア」! 中央に「柱」がないけど安全性は問題ないのか?

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WEB CARTOP

WEB CARTOP

自動車情報総合誌『CARトップ』のWebサイトです。最新の自動車ニュース、新車情報、新車試乗記をお届けします。

ウェブサイト: https://www.webcartop.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧