ついに300馬力! 暴力的パワーを手に入れた新型メガーヌR.S.が圧倒的武闘派だった

access_time create folder生活・趣味
ついに300馬力! 暴力的パワーを手に入れた新型メガーヌR.S.が圧倒的武闘派だった

トロフィーと同じエンジンを積み21馬力アップ!

 フランス・ルノーがまたまた過激なマシンをリリースした。といっても、すでにニュルブルクリンクの最速争いをホンダシビックRと繰り広げており、シーソーゲームを展開している武闘派のことだ。ルノー・メガーヌR.S.は、過激なパワーユニットと過激なプラットフォームと、そして秘密兵器を投入することで数々のコースレコードを樹立してきている。

ルノー・メガーヌR.S.のフロントスタリング

 正確にいえば、数々の新記録を樹立してきたルノー・メガーヌR.S.は、そのなかでも走りに特化したルノー・メガーヌR.S.トロフィーであり、パワーをさらに強化したモデルのことだ。そして今回のマイナーチェンジによって、トロフィーのパワーユニットがルノー・メガーヌR.S.にも搭載されたのである。

 搭載する直列4気筒1.8リッターターボエンジンは、これまでの279馬力から300馬力に増強されている。

ルノー・メガーヌR.S.のエンジン

 パワーフィールは豪快で、いかにもターボ過給に頼った感覚が襲ってくる。極低回転域は、たとえスロットルペダルを床まで踏んでいても加速に間がある。だがそれも一瞬のことだが、過給がフルチャージされると狂ったような加速に転じるのである。じつはフルチャージ以前にすでにパワーが盛り上がってきており、フロントタイヤを空転させた。300馬力の爆発力は、FFであることの限界を示すかのようだった。

ルノー・メガーヌR.S.の真横から見た走行シーン

 ちなみに、ルノー・メガーヌR.S.トロフィーが樹立したニュルブルクリンク新記録は、「量産FFモデルの……」という注釈がつく。つまり、難攻不落なニュルブルクリンクを最速で駆け抜けるには圧倒的なトラクション性能が欠かせない。つまりFFには不利な環境なのだ。だがそれをルノー・メガーヌR.S.トロフィーはFFでやってのけた。それはまず、路面を掻き毟るほどの圧倒的なパワーがあるからだ。

4コントロールが鋭い旋回性能をもたらす

 そしてさらに、4WS機構である「4コントロール」が威力を発揮する。ルノー・アルピーヌR.S.はFF駆動だが、後輪にもステア機能が組み込まれているのだ。高速走行時には最大1度まで同位相に転舵する。これによって、スタビリティを確保。直進安定性を引き出すわけだ。

ルノー・メガーヌR.S.の4コントロールのエンブレム

 だが一方低速域では、後輪が最大2.7度まで逆位相に転舵する。つまりフォークリフトがその場でくるくる旋回するようあの感覚でテールがスライドするのである。それは極低速の市街地ではUターンのしやすさや駐車などで重宝する。

 だが、ルノー・メガーヌR.S.の4コントロールの目的はそれではなさそうだ。というのも、最大2.7度まで逆位相とするその「低速域」の解釈が、100km/hまでだというのだ(スポーツ・レースモード選択時)。

ルノー・メガーヌR.S.のコーナリング

 100km/hは、我々の一般的な感覚では低速域とは言わない。日本の高速道路の法定速度の上限は、一部の試行区間を除けば100km/hである。つまり、十分に高速域なのだ。だがルノー・メガーヌR.S.はそんな高速域でも後輪を逆走に転舵させ、旋回性を優先しているのである。

ルノー・メガーヌR.S.のリヤから見た走行シーン

 これでルノー・メガーヌR.S.がどんな次元を求めているかがわかろうというものだ。100km/hを低速域というのはニュルブルクリンクのことである。あの超高速域のニュルブルクリンクで最速タイムを叩き出すための4コントロールなのだ。ルノー・メガーヌR.S.の秘密兵器とはこのことだ。

ルノー・メガーヌR.S.のインストゥルメントパネル

 確認しておくならば、レースモードにセットしなければ60km/hで同位相に転じる。高速域では確かにテールがむずむずとして旋回を強調させるが、実際にスリリングな場面にはならない。スタビリティは確保されている。だが、アンダーステアと感じる瞬間はまったくなかった。これがルノー・メガーヌR.S.が武闘派である証拠である。

ルノー・メガーヌR.S.の右頭の走行シーン

 ルノー・メガーヌR.S.トロフィーのシビックタイプRとのニュル最速争いはまだ続く。

ルノー・メガーヌR.S.の主要諸元表


関連記事リンク(外部サイト)

【ムービー】谷口信輝選手がドライブ! ルノー・メガーヌR.S.最強のトロフィーRで筑波を攻める
【ムービー】刺激度アップのルノー・メガーヌR.S.トロフィーを筑波サーキットで全開試乗!
【ムービー】木下隆之が量産FFニュル最速のルノー・メガーヌR.S.トロフィーRで筑波を攻める!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WEB CARTOP

WEB CARTOP

自動車情報総合誌『CARトップ』のWebサイトです。最新の自動車ニュース、新車情報、新車試乗記をお届けします。

ウェブサイト: https://www.webcartop.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧