【和歌山県】生石高原キャンプ場|いつ行っても違う表情!四季折々を楽しめるキャンプ場

access_time create folder生活・趣味
【和歌山県】生石高原キャンプ場|いつ行っても違う表情!四季折々を楽しめるキャンプ場

こんにちは!夫婦でキャンプを楽しんでいるあかりです。
今回は和歌山県の「生石高原キャンプ場」に訪れたので、ご紹介したいと思います。
生石高原はススキの名所として有名な場所です。
一面に黄金色のススキが広がる秋はもちろん、春には豊かな緑、夏には高原の避暑キャンプとして、冬には雪景色を楽しむこともできます。
四季折々の景色を楽しめて、自然を大満喫できるキャンプ場です!
※記事の最後には動画もございます。是非ご覧ください!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

キャンプ場概要

営業期間:年中無休(年末年始は除く)
利用時間
チェックイン12:00 チェックアウト11:00
デイキャンプ 10:00〜16:00
料金
・大区画
宿泊 2,090円(一泊追加毎に1,040円)
デイキャンプ 1,040円
・小区画
宿泊 520円(一泊追加毎に310円)
デイキャンプ 310円
駐車料金:無料
車横付け:可
電話番号:073-489-3586(山の家おいし)
予約方法:山の家おいしに電話で予約。(営業時間 9:30~16:30)
住所:和歌山県海草郡紀美野町中田899-29

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

キャンプ場入口~受付

生石高原駐車場の看板が目印です。
急勾配の山道になりますので、運転には十分注意してください。

生石高原の駐車場はこちら。秋季は第二駐車場も開放されるほど、たくさんの人が訪れます。
サイト内に横付けも可能ですが、区画内におさまらない場合はこちらの駐車場を使います。

受付・管理棟

キャンプの受付は山の家おいしで行います。
駐車場の奥まで進み、坂を上がった右手にある建物です。

こちらで受付用紙の記入・使用料金を支払い、注意事項など説明を受けてからサイトを利用します。

売店では主にお土産品を取り扱っています。
特産品が充実しています!
キャンプに必要な食材や燃料の販売はほとんどありません。
スーパーやコンビニも車で30分ほどかかりますので、必要なものはあらかじめ買い出して持参しましょう。

中には食事処もあるので、こちらで食事をすることも可能です!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

サイト紹介

キャンプサイトは受付の下側にあります。全て区画サイトで、大区画と小区画の2種類があります。

大区画(12区画)約6m×7m

ロープで区画されています。
車を横付けする場合はロープ内に駐車します。
テントやタープの大きさによっては区画内に駐車することが難しいと思います。
その場合はサイトからは少し離れますが、無料駐車場に駐めるか、2サイト利用する必要がありそうです。

地面は砂利で硬めです。
高原で風も強いので、ペグはしっかりしたものを用意するのがおすすめです。
標高が高く晴れた日は日差しが強いので、タープがあった方がベターですが、十分に注意して設営する必要がありそうです。

小区画(3区画)約3m×4m

こちらはオートバイキャンプ専用のサイトです。
バイクの横付けが可能なコンパクトなサイトです。
バイク1台とソロ用の小さいテントが張れるくらいの大きさです。

今回宿泊したサイト

今回私たちは大区画のA-3サイトに宿泊しました。テントはスプリングバーのアウトフィッター3です。

2〜3人用のテントだけなら、車を横付けしても十分なスペースがありました。
今回タープは張っていませんが、小さめのものなら張ることができそうでした。
大きめのファミリーテントやタープで、車も横付けしたい場合はやはり2サイト分は必要だと思います。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

設備紹介

生石高原キャンプ場の設備紹介です。

炊事場

キャンプサイトの入り口付近にあります。
蛇口が5つ、グリルなどを洗う低めの蛇口が3つあります。
電気がないため、日が暮れたあとはランタンや懐中電灯が必要です。

トイレ

キャンプサイトの上側にあります。
男女別でバリアフリートイレもあります。


水洗式で、洋式はウォシュレット付きです。
きれいに清掃されており、トイレットペーパーも十分に補充されています。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

キャンプ場の魅力

なんといっても、景色が素晴らしいです。
ハイキングコースもあり、雄大な自然を思いっきり楽しむことができます。
晴天の場合は神戸や淡路、四国まで見渡せるそうです!

和歌山県の朝日夕日百選にも選ばれている場所で、サイトからも美しい夕日鑑賞ができました。
朝日と夕日が同じ場所で鑑賞できるのはすごいですよね!
星空もとてもきれいでした。

高原内にはフォトスポットとしても人気の火上げ岩があります。
訪れた記念に是非写真を撮ってみてください。
先端に立つのは少し怖いです・・・風も強いので気を付けて!

周辺施設

受付を紹介する段階で書いたように、生石高原キャンプ場の横には山の家おいしがあります。
ご飯のメニューがたくさんあり、近隣で採れた平飼い鶏の卵を使用した「卵かけご飯」が人気です。
近隣で作られた農産品・加工品・手芸品なども販売されています。

山の家おいし
営業時間:9:30~16:30
定休日:年末年始
電話番号:073-489-3586
公式サイト:http://kiminokanko.com/04_cafe_01_cafe.html#link04_cafe_01_cafe_yamanoie_oishi
住所:和歌山県紀美野町中田899-29

注意事項

・ゴミは持ち帰り(炭を使った後の灰も含む)
・節水
・焚き火は全面禁止
・動植物の採取禁止

山の中でのキャンプなので、自分が出したゴミを持ち帰るのはもちろん、環境保全のためのルールを必ず守りましょう。

冬期は道路が凍結している場合もあるので、スタッドレスタイヤ・チェーン等準備が必要です。
標高が高く、暖かい時期でも朝夜は冷え込みます。
十分に防寒対策をして訪れましょう!

まとめ

のんびりと雄大な自然を楽しめる絶景のキャンプ場でとても癒されました。
サイトは狭めですが2人でキャンプをするには十分な大きさでした。
風が時折強く吹き上げることがあったので、風に弱いテントは避けた方がいいと思います。
山のルールを守りながら、大自然の中で癒されるキャンプを是非体験して下さい!



関連記事リンク(外部サイト)

Amazonの数量限定タイムセールで「アウトドアテーブル・チェア」などが超おトク!
Amazonタイムセールで割引になったキャンプギアを安い順に集めました!
【静岡県】富士見の丘オートキャンプ場は「様々な景色を贅沢に楽しめる」と話題!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TAKIBI

TAKIBI

キャンプ、釣り、キャンプ料理などアウトドアの事ならTAKIBIにお任せ!実体験をもとにしたコンテンツで、リアルな商品情報や地域情報をお届けします!さらに、全国約3,000件のキャンプ場情報を網羅したキャンプ場予約サイトならあなたの条件に合ったキャンプ場が見つかります!

ウェブサイト: https://takibi.style/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧