映画『1秒先の彼女』慌ただしく生きてきた彼女の”ワンテンポ早い”仰天エピソードとは?

access_time create folderエンタメ
映画『1秒先の彼女』慌ただしく生きてきた彼女の”ワンテンポ早い”仰天エピソードとは?

第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最多5部門(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞)を受賞したチェン・ユーシュン監督最新作『1秒先の彼女』が6月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開。人よりワンテンポ早い彼女と遅い彼による、“時間”をめぐる新たなラブストーリーの傑作として、すでに「今年ナンバー1!」「こんな映画見たことない!」と絶賛する口コミ拡大中の、今年大注目の作品。本編映像を一部公開。
 

記念写真の撮影で目を閉じ続けること30年。慌ただしく生きてきた彼女の“ワンテンポ早い”仰天エピソードとは?

 
今回解禁された本編映像は、明るく天真爛漫な性格の主人公・シャオチーの“ワンテンポ早い”エピソードの数々。幼い頃から、合唱では歌い出しが早く、かけっこではフライングしてブーイングの嵐。学校の先生からは「生き急いでるの?」と呆れられる始末。映画館で笑うタイミングは誰よりも早く、記念写真の撮影で目を閉じ続けること30年。人生の様々な“シャッターチャンス”を逃し続けてきたシャオチーは、仕事も恋もパッとしない日々を送っている。慌ただしく生きてきた彼女だが、果たして本当の幸せをつかむことができるのだろうか。
 
主人公シャオチーを演じたリー・ペイユーは、「 “ワンテンポ早い”演技は、とても素早い動きを求められるので、猛練習が必要でした。でも、シャオチーの何でも果敢に挑んでいく行動力や心の奥で密かに抱えている孤独など、演じていて共感できる部分がたくさんありました」と、演じたキャラクターと自身の共通点について語った。
 


関連記事リンク(外部サイト)

度忘れの「度」ってどういう意味? 『面白いほど記憶に残る 迷わない漢字』発売!
菅田将暉が森山大道の魅力を語る! 4分間の本編オープニングナレーションを特別公開!
5月15日(土)ロフトチャンネルから配信!アニメスタイル/シノドス・トークラウンジ姉妹編/回想シリーズ /再日あお/Tokyo Eye

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftop

Rooftop

LOFT PROJECT発、エンターテイメント・メディア Rooftop! 古今東西南北、ポップカルチャー最前線。"Rooftop"!古今東西南北、ポップカルチャー最前線。鮮度の高いニュースを毎日更新、キレとコクのあるインタビュー&コラム満載!

ウェブサイト: https://rooftop.cc/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧