G大阪戦で白星の広島が声明発表「最も過酷な17連戦を強いられている。ACL組との対戦が…」

access_time create folderエンタメ

G大阪戦で白星の広島が声明発表「最も過酷な17連戦を強いられている。ACL組との対戦が…」
サンフレッチェ広島

 明治安田生命J1リーグのサンフレッチェ広島は13日、仙田信吾代表取締役社長による公式声明を発表している。

 サンフレッチェ広島は4月3日のJ1リーグ第7節・ガンバ大阪戦から今月30日に開催予定のJ1リーグ第17節・FC東京戦にかけて、週末のみならず毎週水曜日にも公式戦が組まれている。その中、4月7日に行われたJ1リーグ第8節・横浜FC戦を最後にリーグ戦での勝利から遠ざかっていたが、今月12日に敵地で臨んだ第20節・ガンバ大阪戦で白星を飾った。

 リーグ戦で7試合ぶりに勝利をあげたことについて仙田社長は「私たちは今、J1クラブの中でも最も過酷な17連戦を強いられています。ACL組との対戦が私たちに集中したことが一番の要因です。選手も監督・コーチも水曜日と土曜日が果てしなく続く感覚ですが、それでも懸命に走りぶつかり戦ってくれています。戦術の見直しを迫られても、そのための満足な練習ができないでいます」と他クラブよりもさらに日程面で厳しいことが結果に影響しているという見解を示している。

 東京オリンピック開催による中断期間の設定や新型コロナウイルス感染拡大の影響によるAFCチャンピオンズリーグ・グループステージの延期などにより、今季はすべてのJ1リーグクラブが過密日程での厳しい戦いを強いられている。

 城福浩体制4年目を迎えているサンフレッチェ広島も、ここまでの戦いぶりは決して満足のいくものではない。しかし、昨季J1リーグ王者の川崎フロンターレ相手に敵地で勝ち点1をつかむなど、一定の手応えをつかんでいるだろう。


関連記事リンク(外部サイト)

ナポリ、元ユベントス指揮官を今夏招へいか!ガットゥーゾ退任が既定路線
ユベントス退団のブッフォン、セリエAでプレーも選択肢に。古巣復帰の可能性は…
G大阪、宮本恒靖監督を電撃解任!J1リーグで降格圏に低迷

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧