浦和、酒井宏樹獲得へ2億円支払いか!今夏退団の意向固める

access_time create folderエンタメ

浦和、酒井宏樹獲得へ2億円支払いか!今夏退団の意向固める
酒井宏樹 写真提供:Gettyimages

 明治安田生命J1リーグの浦和レッズはリーグアン(フランス1部)のオリンピック・マルセイユに所属している日本代表DF酒井宏樹の獲得にむけた動きを見せているようだ。13日、フランスメディア『RMC SPORT』が報じている。

 現在31歳の酒井宏樹は2016年夏にハノーファーからマルセイユへ完全移籍により加入。移籍1年目からリーグ戦34試合に先発出場するなど右サイドバックでレギュラーに定着。日本代表でも主力としてワールドカップ・ロシア大会で4試合すべてフル出場を果たしていた。同選手は今季も公式戦33試合で先発出場しているが、ホルヘ・サンパオリ監督就任以降は出場停止や負傷離脱もあり、出場機会が減少。サンパオリ監督は今冬にフィオレンティーナからレンタルにより加入したDFポル・リロラにチャンスを与えている。

 酒井宏樹はマルセイユとの契約期間を2022年6月まで残しているが、本人はすでに今夏退団の意向を固めている模様。マルセイユ首脳陣も同選手の引き留めには動かないようだ。また、クラブ間交渉も進んでいるものとみられ、フランスの複数メディアは移籍金150万ユーロ(約1億9000万円)になると伝えている。

 なお、酒井宏樹のチームメイトである日本代表DF長友佑都もクラブとの現行契約が今年6月までとなる中、今季終了後の退団が予想されている。リーグ戦で上位4クラブから大きく引き離された現状を踏まえ、クラブ首脳陣は今夏の戦力刷新を行うことになりそうだ。


関連記事リンク(外部サイト)

バルサ、オランダ代表FWフリー獲得で合意!加入実現の条件は…
名古屋GKランゲラックが豪州代表引退!コロナ禍で家族を優先
インテル、チリ代表FWがユベントス戦出場も!ローマ戦で負傷交代

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧