名古屋GKランゲラックが豪州代表引退!コロナ禍で家族を優先

access_time create folderエンタメ

名古屋GKランゲラックが豪州代表引退!コロナ禍で家族を優先
ミッチェル・ランゲラック 写真提供: Gettyimages

 明治安田生命J1リーグの名古屋グランパスに所属するGKミッチェル・ランゲラックがオーストラリア代表引退を決断した。13日、オーストラリアサッカー協会が公式発表している。

 現在32歳のランゲラックは2011年3月の国際親善試合ドイツ戦で初めてベンチ入りすると、2013年10月の国際親善試合フランス戦でデビュー。2014年に行われたワールドカップ・ブラジル大会では本大会のメンバーに名を連ねていたが、アジアカップやワールドカップ予選など大半の試合をベンチで過ごしており、国際Aマッチでは8試合の出場となっていた。

 ランゲラックは2018年から名古屋グランパスの正守護神としてチームを支える中、オーストラリア代表の引退を発表。「キャリアにおいて最も難しい決断のひとつ」と語った上で、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、家族を日本において離れることが難しいことが今回の決断の理由であることを明かした。

 名古屋グランパスのゴールマウスを守り続けるランゲラックだが、ワールドカップ・カタール大会の予選を控える中でひとつの区切りをつけている。


関連記事リンク(外部サイト)

バルサ、オランダ代表FWフリー獲得で合意!加入実現の条件は…
インテル、チリ代表FWがユベントス戦出場も!ローマ戦で負傷交代
浦和、酒井宏樹獲得へ2億円支払いか!今夏退団の意向固める

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧