バルサ、オランダ代表FWフリー獲得で合意!加入実現の条件は…

access_time create folderエンタメ

バルサ、オランダ代表FWフリー獲得で合意!加入実現の条件は…
メンフィス・デパイ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナはオリンピック・リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイと今夏フリー加入で合意に達したようだ。13日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 デパイは2017年1月にマンチェスター・ユナイテッドからリヨンへ完全移籍により加入。2017/18シーズンには公式戦55試合に出場し22ゴール17アシストと本来のパフォーマンスを取り戻しており、今季はここまで公式戦38試合に出場し 21ゴール9アシストをマークしているほか大半の試合でゲームキャプテンを任せられるなど、リュディ・ガルシア監督から厚い信頼を寄せられている。

 デパイとリヨンの現行契約は今年6月に満了を迎えるものの、現時点で両者は契約延長の合意には至っておらず、かねてから今季終了後にフリーで退団する可能性が取りざたされている。

 また、移籍先候補にはバルセロナやユベントスなど複数クラブの名前があがっている。その中、同選手の代理人がバルセロナ首脳陣と複数回にわたり会談を行っているほか、デパイ本人が先月末にバルセロナ市内で目撃されたという情報が飛び交っていた。

 『マルカ』はバルセロナ首脳陣と選手サイドが契約締結で合意に至ったと報道。ただし、現在去就不透明と伝えているロナルド・クーマン監督が来季も指揮を執る場合に限って有効になると主張している。

 なお、バルセロナは今月11日のラ・リーガ第36節・レバンテ戦で3-3のドローに終わったことにより、レアル・マドリードやアトレティコ・マドリードとのタイトル争いで後退。試合後には周囲から今夏監督交代を望む声が上がっている。かつてオランダ代表でともに仕事をしたクーマン監督とデパイがバルセロナで再会することはあるのだろうか。


関連記事リンク(外部サイト)

名古屋GKランゲラックが豪州代表引退!コロナ禍で家族を優先
インテル、チリ代表FWがユベントス戦出場も!ローマ戦で負傷交代
浦和、酒井宏樹獲得へ2億円支払いか!今夏退団の意向固める

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧