ワクチン接種優先確保「スギ薬局」が火ダルマ・・・大幅続落の中、株価上昇のナゼ

access_time create folderエンタメ
ワクチン接種優先確保「スギ薬局」が火ダルマ・・・大幅続落の中、株価上昇のナゼ

 新型コロナウイルスワクチン接種の高齢者向け予約枠をめぐり、創業者夫妻が優先確保していた問題が発覚し、「スギ薬局」などを経営するドラッグストア大手の「スギホールディングス」が火ダルマになっている。居住する愛知県西尾市から便宜を受けたのは、杉浦広一会長(70)と妻の昭子相談役(67)だ。

・今すぐ読みたい→
麻生太郎氏、先見の明ありすぎ・・・1年前の「呪われた五輪」発言を振り返る https://cocokara-next.com/topic/cursed-olympic/

 スギHD側は今年4月、西尾市健康課に夫婦2人分の優先確保を複数回にわたって依頼。根負けした西尾市側は10日の接種枠を押さえたものの、外部からの指摘でコトが発覚し、予約は取り消されたという。スギHDには抗議電話が殺到し、信用はガタ落ち。にもかかわらず、スギHD株は買われ、値を上げているのだ。

 12日の日経平均株価は大幅続落し、前日比461円08銭安の2万8147円51銭で引けた。終値の水準としては2月1日以来、約3カ月半ぶりの安値。スギHDも売り浴びせられてもおかしくない展開だが、フタを開けてみると終値は前日比50円高の8330円。一体どうなっているのか。

 「不正が発覚した11日のスギHD株は大きく売られ、終値は前日比350円安の8280円まで値を下げた。これまでの値動きからすれば割安で、底値だとみた投資家が買いを入れたのではないか」(証券関係者)

 スギHDは次のようなお詫びのコメントを出している。

「会長杉浦広一および相談役昭子へのコロナワクチンの優先的接種を西尾市様に依頼したことにつきまして、ワクチン接種をお待ちの西尾市の方々はじめ、全国の皆さまにとって不快な行為であったこと、日夜尽力されている全国の行政の方々の努力に水を差す結果となってしまったことに深くおわび申し上げます。

今回の案件に至った背景として、当社相談役が肺がんを患い大きな手術を経験しており、一日も早いワクチン接種をとおもんぱかった当社秘書が西尾市役所様にお問い合わせをさせていただいたことに端を発します。その使命感ゆえに何度かお問い合わせを繰り返ししたことについてご迷惑をおかけしたと考えております。

また会長杉浦自身は過去にアナフィラキシーショックを経験しており、ワクチン接種を希望しておりません」

 だったらなぜ、2人分をねじ込んだのか。


関連記事リンク(外部サイト)

「コロナうつ」を避けるために知っておきたい「心配」・「ストレス」・「不安」の違い ~臨床心理士からのワンポイントアドバイス~
「喫煙」による金銭と時間の浪費について
これからどうなる?飲食店がとる予測と対応

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧