柳楽優弥演じる葛飾北斎が才能ある後輩に追い越され、挫折や悔しさを爆発させる!映画『HOKUSAI』

access_time create folder動画

代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が2020年2月に新たに刷新された新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト 葛飾北斎。

19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャンな数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人で、米LIFE誌“この1000年で偉大な功績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれています。

そしてこの度、その北斎の知られざる生涯を初めて描く映画『HOKUSAI』が、新型コロナウイルスの感染拡大による丸1年の公開延期を経て2021年5月28日に全国にて公開されます。

今回解禁されたのは、絵の本質を掴めず才能がくすぶっている葛飾北斎(柳楽優弥)と、彗星の如く現れた天才絵師・東洲斎写楽(浦上晟周)が火花を散らす緊迫のシーンを切り取ったもの。

希代の版元、蔦屋重三郎(阿部寛)が目をつけた無名の写楽が、舞台役者の「大首絵」で一躍有名になり、闇雲に絵を描き続けるも未だ蔦屋に認めらない北斎もその名を聞きつけます。

「どんなやつか会ってみたくねえか?」と蔦屋に誘われ宴に向かうも、大ヒット作を生み出したのが自分よりも年下の少年だったという事実と、周囲から才能をもてはやされていることを目の当たりにし、嫉妬や悔しさで打ちひしがれる北斎。

写楽は「ただ道楽で描いたまでです。いつの間にか筆を持ち、興じているうちに描くようになりました。私はただ、心の赴くままに描くだけです。何かお気に障りましたか?」と北斎を見下すような一言に思わずイライラ。

憤りを隠せない北斎と、そんな北斎を哀れむ天才写楽は険悪なムードに包まれますが、「絵に関しては誰にも負けたくない」という気持ちこそが、北斎の成長の源になっていきます。

©︎2020 HOKUSAI MOVIE

The post 柳楽優弥演じる葛飾北斎が才能ある後輩に追い越され、挫折や悔しさを爆発させる!映画『HOKUSAI』 first appeared on フィールドキャスター.

関連記事リンク(外部サイト)

「音を立てたら、即死。」本編映像が公開!映画「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」
中村倫也の探偵役が似合いすぎ!口唇ヘルペス治療啓発Web動画『忍び寄る口唇ヘルペスの予感』
若き日の葛飾北斎を柳楽優弥が演じる!映画『HOKUSAI』

access_time create folder動画
local_offer
フィールドキャスター

フィールドキャスター

芸能イベントを記者が取材・編集!動画ニュースを配信!フィールドキャスターはオリジナル動画で最新のニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://fieldcaster.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧