カーリースのデメリットは?契約時に注意するべきポイント5選

access_time create folder生活・趣味
カーリースのデメリットは?契約時に注意するべきポイント5選

車を購入することなく、定額制で自由に乗ることができる「カーリース」は、新しい車の利用方法として近年注目を集めています。しかし、大変便利に見えるカーリースにも色々なデメリットがあることをご存知でしょうか。

今回はカーリースを利用する際のデメリットを解説していきますが、デメリットを最小限におさえるための上手な利用方法もご紹介いたします。

ぜひ最後までお読みいただき、おトクに車を利用するための参考にしてください。

おすすめのカーリース会社3選
定額カルモくん|契約終了後は車がもらえる!
コスモMyカーリース|ガソリン・軽油が最大5円/L引き!
MOTAカーリース|日本最大級のマイカーリース!

■カーリースにデメリットはある?注意するべきポイントを解説

カーリースのデメリットとして考えられるのは、主に以下の5つです。
よく読んで理解してから利用を検討しましょう。

契約期間が決まっている

カーリースでは、「契約期間を途中で短くすることはできない」ということに気をつけてください。一度契約したら、契約期間が終了するまではリース中の車に乗り続けなくてはなりません。

どうしても途中解約したい場合は解約金を支払えば可能ですが、残りの契約期間の長さによってはかなりの金額になりますし、清算は一括の場合がほとんどです。できるだけ途中解約という事態にならないよう、計画的に利用してください。

自分の所有物にはならない

カーリースは、いくら長く乗ったところで所詮は「借り物」です。ご自身の所有物になることはありませんので、この点は心に留めておいてください。

ただ、リース期間が終わった段階で気に入った車は買取りができるカーリース会社も中にはあります。車が欲しくなる可能性がある方は、こうしたカーリース会社を選ぶと良いでしょう。

走行距離に制限がある

カーリースでは、1ヵ月あたりの走行距離に制限がかけられることがほとんどです。走行距離の上限はどのカーリース会社も500~1,000kmくらいが標準値で、超過した場合は追加料金がかかります。

日常的に長距離の運転をする方は、契約時に走行距離の上限をしっかり確認しておいてください。

契約終了時に追加精算が必要な場合がある

カーリースには、契約方法によっては返却時に改めて車の市場価値の査定を受けなくてはなりません。これを「オープンエンド」方式と呼びます。

もしその時点で車の価値が以前より上がっている場合は追加料金がかかることがありますので、注意しましょう。

ちなみにカーリースには「クローズエンド」方式というものもあり、こちらで契約をすれば市場価値の変動による追加料金はありません。

カスタマイズができない

リース契約が終了して車を返却する際、賃貸住居と同じように「原状回復」、つまり借りた時点の状態に戻す必要があります。そのため自分の意思で車に手を加えることは基本的にできません。

とはいえ、確実に原状回復できるのであれば多少のカスタマイズは可能です。またカーリース会社によっては車検に通る範囲でのカスタマイズを認めている場合もありますので、確認してみると良いでしょう。

■カーリースはデメリットばっかり?条件を見極めることが大事

ここまでの内容を見ると、カーリースにはデメリットしかないのかと思う方もいるかもしれません。しかしカーリースはあくまでもリース契約ですので、その性質を考えればどれもそこまで不条理なデメリットというほどでもないでしょう。

たとえば途中解約ができない点については、最短のプランにしておけばそこまで重く考える必要はありません。また日常的な買い物や通勤に利用する程度であれば、1ヵ月あたり1,000km以下の走行距離でも十分足りるでしょう。

それに、多少のデメリットがあるにも関わらず世の中でカーリースに需要があるということは、視点を変えればメリットもあるということですよね。

次の段落ではカーリースのメリットについて解説していきますので、こちらもご確認の上でもう一度カーリースを検討してみてください。

■カーリースのここに注目!5つのおすすめポイントを解説

今回はカーリースのデメリットを中心にお伝えしていますが、カーリースにはデメリットだけでなくメリットも多くあります。この段落ではカーリースにおける5つのおすすめポイントをご紹介しますね。

貯金ゼロ円で契約できる

車を購入する際は一括でもローンの場合でも、ある程度まとまった金額が必要ですよね。しかしリース契約であれば、毎月の定額料金を支払えば車を使い続けられます。

これは、持ち家と賃貸住宅の関係に似ていますね。貯金が全くない状態でも車を持てるというのは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

格安で国産車の新車に乗れる

カーリースでは基本的に、最新の国産車が提供されます。中古ではありませんのでトラブルが起きる可能性も低く、しかも色々な車種から好みの車を選ぶことができます。

購入となればここまで贅沢な選び方はできませんから、かなりおトクに車を利用できることになりますね。

定期メンテナンス・保険込みで支払いも定額

カーリースの場合、定期的なメンテナンス費用だけでなく、各種税金や自賠責保険料、さらに登録費用なども定額で済ませることができます。申し込みも一括で済みますから、煩わしい思いをせずに車を利用できるでしょう。

面倒な車検や各種手続きも費用に含まれている

車は、2年ごと(初回は3年)に車検が必要です。車検には1回あたり5万~10万円程度の費用がかかりますので、自分で車を持つとこういったメンテナンス費用もかかります。

カーリースなら車検費用もリース費用に含まれているので、その他の各種手続きについても自分で支払う必要がありません。急な出費に備えずに済むのもカーリースの嬉しいポイントですね。

希望すれば買い取ることもできる

カーリースは基本的に車を買い取れる制度はないのですが、会社によっては契約終了後に買い取れるシステムが設けられていることがあります。

最終的に買い取りも視野に入れている方は、あらかじめ買い取りを認めているリース会社で契約をすると良いでしょう。実際に買い取りシステムを導入しているリース会社も後ほどご紹介しますので、このまま最後まで読んでみてくださいね。

■実際にカーリースを使っている人の声

ここでは各カーリース会社に寄せられた口コミの中から、良い口コミと悪い口コミ、両方をご紹介します。実際の意見も参考にして、利用を決めていきましょう。

良い口コミ

やはり頭金が要らないことが良かった。
・毎月の出費を抑える事が出来て、車検費用もコミなので面倒くさがりな自分にはピッタリだと思い契約しました。
・まとまった現金の出費がないから年金生活者にはありがたい。
(ORIXカーリース・オンライン「お客さまの声をご紹介」より)

・免許返納時はクルマをただ返すだけで家族も安心
・クルマの入手も乗換えもスムーズ
(KINTOマガジン「お客様の声」より)

カーリースについての口コミを見ると、自分で車を購入するよりも費用面が安く、各種メンテナンスも煩わしくないという点を高く評価する声が多数寄せられていました。

契約期間が終われば他の車に変更することもできるので、自動的に乗換えができるのも便利ですよね。年金生活をされている方にとっても、費用、手間ともに軽い負担で済むのは大きなメリットと言えそうです。

悪い口コミ

・車を検討する際、画像3枚しかない情報量だったので、判らない小さなキズ等あり多少不満でした。
・ドライブレコーダーをリースに含んで欲しい。
(ORIXカーリース・オンライン「お客様の声」より)

口コミ全体の傾向として、マイナスの内容のものはほとんど見られませんでした。上記の「悪い口コミ」はかなり一生懸命探してやっと見つけたというレベルで、どの口コミも概ねカーリースに対して高く評価する内容となっています。

また「悪い口コミ」として挙げている内容に関しても、小さな傷やドライブレコーダーの有無という程度ですので、概ね気にせず乗れるレベルと言えます。

また、ドライブレコーダーについてはご自身で後付けして返却時に外すということも可能ですから、そこまで大きな問題にはならないでしょう。

■こんな人はカーリースがおすすめ

カーリースのメリットを考えると、以下のような方にはカーリースを強くおすすめできます。

・まとまったお金がなくても自分用の車を持ちたい方
・急な出費に対応することが難しい方
・各種手続きが面倒な方
・走行距離が比較的短い方
・定期的に車を乗換えたい方

カーリースで最も大きなメリットと言えるのが、購入のための頭金や車検、各種メンテナンスの費用が月額料金に入っているという点です。

大きな出費が発生することなく車に乗ることができるので、費用面に不安がある方には特に向いているでしょう。

1ヵ月あたりの走行距離には制限があるものの、1,000km程度乗ることができれば、いわゆる「普通」の使い方なら十分足りる距離設定です。買い物や通勤など一般的な用途で車を利用する方なら問題ありません。

また、カーリースの契約期間が終わればそれまで乗っていた車は返却となり、新しい車に乗り換えができます。もし自分で車を購入している場合、乗換えの際には中古車販売店の査定を受け、同時に新しい車を探し購入の手続きを進めなくてはなりません。

こうした手間を一切かけることなく乗換えできるという点は、先ほどご紹介した口コミでも評価している方がいましたよね。

上記のような特徴に当てはまる方は、カーリースの利用を検討してみてください。

■こんな人はカーリースのデメリットを要チェック!

カーリースにはメリットもある反面、デメリットも複数あります。以下のような方は今回ご紹介してきたデメリットについてもよく精査した上で、カーリースの利用を検討してください。

・同じ車をずっと使いたい方
・車のカスタマイズやメンテナンスを自分でやりたい方
・車の購入資金が十分にある方
・出費の総額を少しでも安くしたい方
・1ヵ月に1,000km以上運転する方

カーリースを利用する場合、やはりどうしても「自分の車」にはなりません。ずっと乗り続けるわけにはいきませんし、カスタマイズやメンテナンスも自分で行うことは基本的にできません。

車へのこだわりがある方にとってはかなり窮屈な使い方をしなくてはなりませんので、こうした方はカーリースのデメリットを鑑みて、利用前にはよく考える必要があるでしょう。

また、実はカーリースを利用するよりも購入したほうがトータルで費用が安くなる場合がありますカーリースは車検などのメンテナンス費用も定額で済むためお手軽なのですが、全体の合計金額で考えるとリースによる金利がかかるため若干割高です。

たとえばリース期間を5年とした場合、一括購入した場合と比べてトータルで20万円ほどカーリースのほうが高くつくという試算もあります。自力で車を購入できる方は、この辺りのバランスも考えて決めてください。

また、カーリースの場合は1ヵ月あたりの走行距離に制限があります。一般的に、毎日の通勤や買い物に加えて月に2回程度観光を兼ねたドライブを往復2時間程行うくらいまでであれば、1,000km以内の走行距離でおさまる可能性が高いです。

しかし毎週出かけるとなると、難しいところでしょう。規定の走行距離を超過した場合は追加料金を支払えば済みますが、この出費を良しとするかも検討すべきポイントでしょう。

■おすすめのカーリースはおトクにマイカー 定額カルモくん

引用:定額カルモくん公式HP

カーリースを利用したいけれど、どの会社で契約すべきかわからないという方には「定額カルモくん」がおすすめです。

「定額カルモくん」には、ここまでご紹介してきたカーリースの仕様とは別に、カーリースサービスが持つデメリットをカバーできる要素が豊富にあります。定額カルモくんの魅力として、最も注目したいのは以下の3点です。

・契約満了後に車がもらえる(乗り放題オプション)
・ネット申し込みで割引がある
・1ヵ月あたりの走行距離が1,500kmと長い

定額カルモくんの最も大きなメリットは、「乗り放題オプション」を利用することで車を自分のものにできる可能性があるという点です。

7年以上の契約にしなくてはならないなどの条件がありますが、気に入った車をそのまま購入できるというのは、車好きの方にとっては嬉しいポイントと言えるでしょう。

また、1ヵ月単位でのカーリースの一般的な走行距離制限は、どのリース会社も概ね1,000kmくらいが上限です。

定額カルモくんでは1,500kmまでは定額の範囲内で乗ることができますので、毎週末にドライブに行くのが趣味という方でも十分でしょう。

さらにネットで申し込むと、最大で49,500円の割引を受けられるので大変お得です。

車検やメンテナンス費用などが定額で利用できるという従来のカーリースの条件に加えて、上記のようなメリットがあるカーリース会社は他にあまりないです。

カーリースの利用を検討している方は、ぜひ「定額カルモくん」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

■まとめ:カーリースのデメリットが気にならない人はカーリースに決定!

カーリースは、上手に使えばメリットも大きく使い勝手の良いシステムです。今回ご紹介したさまざまなデメリットが気にならないという方は、ぜひ一度カーリースを利用してみてくださいね。

おすすめのカーリース会社3選
定額カルモくん|契約終了後は車がもらえる!
コスモMyカーリース|ガソリン・軽油が最大5円/L引き!
MOTAカーリース|日本最大級のマイカーリース!

関連記事リンク(外部サイト)

カーリースと中古車比較!7つのポイントでどちらがお得か徹底検証!
カーリースは安い?カーリースの3つの選び方とおすすめカーリース3選
カーリースの仕組みってどういうもの?新車を月1万円~乗れるサービスを徹底解説!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
イキクル

イキクル

クルママガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、様々なクルマニュースやインタビュー、トレンドなどカーライフをより良くするためのオリジナルな情報を毎日発信しています!

ウェブサイト: https://ikikuru.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧